アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:芸能関係 > その他


    大渕愛子氏、誹謗中傷者を特定「法的に許されない」


    大渕 愛子(おおぶち あいこ、1977年8月12日 - )は、日本の弁護士である。アムール法律事務所代表弁護士。東京弁護士会所属(登録番号:28914、登録年度:2001年)。 東京都で生まれ、跡見学園高校、中央大学法学部を卒業した。左利きで血液型はA型である。父親は会社員、母親は専業主婦、祖父は
    9キロバイト (1,229 語) - 2020年6月7日 (日) 23:28



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    俳優金山一彦(53)の妻で弁護士の大渕愛子氏(43)が、自身の高齢出産に関する誹謗(ひぼう)中傷コメントを書き込んだ投稿者を特定したことを報告した。

    大渕氏は12日、「高齢出産罵倒コメント投稿者特定」のタイトルでブログを更新。第3子妊娠中だった2018年7月当時に書き込まれた誹謗中傷コメントを再び紹介し、「改めて読み返すと、すごい文章ですね!誰かがネットの誹謗中傷に法的措置をとるというニュースが上がると、必ず『イヤならSNSをやめればいい』という趣旨のコメントを入れる方がいますが、そういう問題ではないと思います イヤなのではなく、法的に許されないものだから法的措置をとるのです なので、投稿者を特定しました!」と報告した。

    投稿者については「全く知らない人で、私より何歳か年下の女性でした」といい、「日本で古くから使われ、現在では差別用語とされている言葉が多用されていましたが、30代の方だったんですね どうしてこんなことを書いたのでしょうね…背景が気になります お伺いする機会があれば、聞いてみたいと思っています」とした。

    【大渕愛子氏、誹謗中傷者を特定「法的に許されない」 #大渕愛子氏】の続きを読む


    スキャンダル溢れる世だからこそ知りたい「不倫の奥義」 林真理子×三浦瑠麗


    三浦 瑠麗(みうら るり、英語:Lully Miura 、1980年10月3日 - )は、日本の国際政治学者。株式会社山猫総合研究所(個人事務所)代表。 神奈川県茅ヶ崎市出身 で、幼少期に神奈川県平塚市へ転居して平塚市立金旭中学校を卒業、1999年(平成11年)3月に神奈川県立湘南高等学校を卒業して、東京大学理科一類に入学
    88キロバイト (13,686 語) - 2021年1月2日 (土) 12:57



    (出典 org.ja-group.jp)


     50代の主人公は、家族や世間に知られることなく、多彩な女たちと淫蕩な恋愛遊戯を繰り返す。中高年における「不倫の奥義」としても話題となった傑作長編『愉楽にて(ゆらく)』の文庫化を記念して、自身も熱烈な愛読者という国際政治学者と著者の特別対談が実現した。

     ***

    〈家柄、地位、資産、教養。すべて兼ね備えた上流階級の男たちが繰り広げる情事を官能たっぷりに描き、日本経済新聞連載中に“新聞史上、最高のエロス!”として話題を呼んだ、林真理子氏の『愉楽にて』が新潮文庫化された。

     刊行を記念し、本書を高く評価する国際政治学者の三浦瑠麗氏とともに、男と女について、性愛について、たっぷり語っていただいた。〉 

    林 普段、私の本の読者は女性が中心なんですが、『愉楽にて』は中高年の男性読者の皆さんに支持していただいたんです。

    三浦 私も3冊買って事務所に置いていたんですけど、男性スタッフに皆持って帰られてしまいました(笑)。

    林 それは嬉しい。日経新聞で連載していたとき、街中でも男性から「いつも読んでます」ってよく声をかけられて。ノーベル賞の山中伸弥先生まで「毎朝楽しみにしてます」って言ってくださいました(笑)。

    三浦 すごい。私、電子書籍版も買ったんです。電子書籍って、多くの読者がハイライト、つまり傍線を入れた箇所が見られるようになっているんですよ。

    林 そうなの? 知らなかった。

    三浦 多くハイライトされていたのは、女性の扱い方や女性の心理について書かれた箇所でした。

    林 主人公の久坂(くさか)は、数えきれないほど不倫を重ねていますが、絶対に奥さんにばれず醜聞にもならないノウハウを持っているんです。

    三浦 男性読者は『愉楽にて』から「不倫の奥義」を学んだのかもしれない。

    林 「20代の女には手を出さない」とか「自尊心の高い女を選ぶべし」とかね。

    三浦 不倫に対する世間の風当たりは強まるばかり。私はよく「不倫を擁護するな」と批判されますが、その前にそもそもなぜ他人の家庭に口を突っ込むんだと。

    林 本当にそうですね。最近もアンジャッシュ渡部建さんの謝罪会見があったり、宮崎謙介さんの2度目の浮気が発覚したり。

    三浦 ええ。金子恵美さんが怒っているとしたら、浮気というより夫の危機管理のなさに対してでは。

    林 昔の不倫スキャンダルには、古谷一行さんみたいに開き直ったり、坂田藤十郎さんみたいに妻の扇千景さんが「芸の肥やし」として認めるパターンもあった。

    三浦 今ではちょっと考えられないですね。

    林 誰かが体を張って「不倫? それがどうした!」と言ってくれたらいいのに。

    三浦 ああ、どうなるか見てみたい(笑)。著名人の不倫を叩くのは、「自分の夫に不倫されたくない」という心理の投影なんですよね。

    林 やはりバッシングする人は女性が中心ですしね。

    三浦 以前、「そんなに擁護するなら、お前も夫に不倫されてみろ」と言われたことがあったけれど。

    林 なるほど。三浦さんのご主人もマスコミに狙われてそうですよね。「あんな才色兼備の奥さんがいるのに」って。ネタとしては面白い(笑)。

    三浦 いえいえ(笑)。でも、なぜ私の方が不倫するかも、と思わないんでしょうね。

    林 そうよ、こんなに魅力的な人なんだし。

    三浦 最近の過度な不倫バッシングは、不倫される女性の被害者意識からきているところもあるでしょう。けれど、不倫はどっちだってなしうること。女はもっと強くなった方がいい。

    林 三浦さんのご夫婦は不倫について話したりする?

    三浦 うちは「不倫していいよ」と認め合っているわけではありませんが、「そういうことも人生には起こりうるかもね」という共通認識はあります。世間は認めないでしょうけどね(笑)。

                           デイリー新潮

    【三浦瑠麗 「私はよく「不倫を擁護するな」と批判されますが、その前にそもそもなぜ他人の家庭に口を突っ込むんだと」 #三浦瑠麗】の続きを読む


    2021年 期待の新成人ランキング



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    1月11日は成人の日。例年であれば、全国各地で新成人となった男女が袴や振袖に身を包み、大人への一歩を踏み出し祝う。しかし、今年はコロナ禍で式典が開催中止や延期、映像配信等に切り替える地域も。そんな中ではあるが、ORICON NEWSは恒例の『期待の新成人(※2000年4月2日~2001年4月1日生まれ)ランキング』を発表。その結果、映画、ドラマ、CMで活躍する女優【浜辺美波】が首位に輝いた。ほかにも、2000年生まれのアイドル、俳優、アスリート等各界の注目新成人がTOP10に名を連ねた。
    2020年の『ブレイク女優ランキング』(オリコン調べ)でも2位にランクインした【浜辺美波】が首位を飾った。2011年、第7回『東宝シンデレラオーディション』でニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入りして10年。

     映画『君の膵臓をたべたい』などの学生役をはじめ、清楚で可憐な姿が魅力の彼女だが、近年は、社会人役もこなすなど多彩な役柄に挑戦してきた。昨年のドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)では、復讐に燃える和菓子職人を熱演。ドラマ『タリオ 復讐代行の2人』(NHK総合)では頭の固い元弁護士などシリアスな役からコメディ色のある役まで幅広い演技を見せ、“本格派女優”に成長。

     知名度をさらに増して1位になった彼女に「たくさんのドラマや映画に出ていて、演技がすごく上手いから来年もすごく飛躍する年になるのではないかと思うから」(奈良県/10代・女性)、「若いのにしっかりしている。将来性がある」(東京都/50代・男性)と老若男女から絶賛の声が。世代別で見ても、10~40代で1位を獲得した。

     「今年新成人ということにびっくりするくらい大人っぽくなったし、ドラマにも引っ張りだこで今後ますますの活躍が期待できる」(大阪府/30代・男性)など、キャリアの長さから「まだ20歳なの?」という驚きの声も多数寄せられた。

     公開中の映画『約束のネバーランド』では孤児院の秘密を探る孤児のエマ役、2021年1月スタートのドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)では筋金入りのオタクで彼氏ができない役柄に挑むなど、今後も新たな一面を見せてくれることが期待されている。

    『好きなスポーツ選手ランキング』(オリコン調べ)にも毎回上位に選ばれている、競泳の【池江璃花子】選手が2位にランクイン。白血病から競技に復帰し、東京五輪へ向けてチャレンジしており、注目が高まっている。1年7ヵ月ぶりの復帰戦となった8月29日の東京都特別水泳大会では、女子50メートル自由形で26秒32を記録。10月1日の「競泳・日本学生選手権」では25秒62をマークして4位となった。

     闘病中も更新を続けてきたインスタグラムには36万人、Twitterは63万人のフォロワーがおり、彼女にエールを送ってきた。2020年を振り返ったインスタ投稿では「たくさんの幸せを感じることができた1年」とつづっていた。

     そんな彼女に「病を乗り越え、頑張る姿に感動します。今後さらに飛躍してくれることを願っています」(茨城県/20代・女性)、「白血病発覚から再び競技人生を再開させようとしている姿は多くの人の胸を打つ。これからどんなストーリーになるかわからないが彼女なら引退後も様々な方面で活躍するはず」(滋賀県/40代・男性)など数々のエールが送られた。

     復帰に無理はしてほしくないという思いの反面、コメントでは「大病を乗り越えて次のオリンピックを目指してほしいから」(神奈川県/50代・女性)と東京五輪の出場を期待する声も多数。それ以上に、闘病から復帰した彼女の精神力の強さに、勇気をもらっている人が多い。

    卓球の【伊藤美誠】選手が3位に。若くして数々の記録を打ち立てている彼女。2018年のスウェーデンOPシングルスで優勝。中国トップレベルの選手を次々と撃破し中国の卓球メディアからは「大魔王」と恐れられているとも報じられている。

     その一方で、インスタでは等身大の20歳女性のかわいらしい姿を見せている伊藤選手。「子供らしさもある内面とは裏腹にすごい実力者。オリンピックでの活躍を期待したい」(新潟県/20代・女性)、「女子卓球東京オリンピックでの活躍に期待」(千葉県/50代・男性)など五輪での活躍に注目する声が多数。

     ほかにも「石川佳純さんに続き卓球女子を引っ張る存在になってほしい」(東京都/30代・女性)や「まるで百戦錬磨の古参兵のような勝負師ぶりが20才とは思えない」(千葉県/50代・男性)と期待の声が多かった。ダブルスでは“みうみま”の愛称で親しまれ、ペアを組む【平野美宇】も、同ランキングで4位にランクインしている。

    2021年 期待の新成人ランキング 総合TOP10

    1位 浜辺美波(女優)
    キミスイから急激に活躍の場が増えて、既にスターになっていますがシリアスよりコメディセンスが良いので何を演じても問題なく期待できます(神奈川県/50代/男性)
    今色んなドラマやCMでよく見るし、可愛いし同い年ってことにびっくりだし、演技も上手くなってきててこれからも頑張って欲しいから(長野県/10代/女性)
    新成人!?と驚いてしまうほど、落ち着いていて大人っぽく、かつしっかりしていて、けど笑った顔があどけなくてそのギャップがかわいいなと思います。演技もその役ごとにハマっていてこれからの飛躍が楽しみな俳優さんです!(熊本県/30代/女性)


    2位 池江璃花子(水泳)
    病気と戦った強さで、オリンピック出場の夢を掴んでほしい。心から応援している(長野県/50代/女性)
    辛いことがあって乗り越えた分ますます大きく花開いていくといいなぁと応援しています(東京都/50代/女性)
    若いのに病とたたかいながら、水泳を頑張る彼女のこれからを見守りたい気持ちだから(北海道/40代/女性)


    3位 伊藤美誠(卓球)
    小さい時から沢山沢山頑張って来たので東京オリンピックではご自身の納得のいく活躍をしてほしいです。背負っている物が重いと思いますが、力が出せる様に祈ってます(東京都/50代/女性)
    東京五輪、金メダル獲得、最も期待したい人の一人(栃木県/50代/男性)
    卓球で中国と渡り合えるだけの実力を持っていると思うので(東京都/30代/女性)


    4位 平野美宇(卓球)
    最も勢いのある若い選手だと思うから(大阪府/20代/女性)
    子供らしさもある内面とは裏腹にすごい実力者。オリンピックでの活躍を期待したい(新潟県/20代/女性)
    女子卓球を引っ張っていってほしい(埼玉県/30代/男性)


    5位 濱田龍臣(俳優)
    もう20歳なの!? とびっくりしました。すくすくイケメンに育ってこれからも楽しみです(埼玉県/40代/女性)
    子役から見ているので、やっと成人なんだと親戚のような気持ちです気持ちです(奈良県/50代/男性)
    ウルトラマンに出演していた時から注目していた。これからも頑張って欲しいと思う(埼玉県/30代/男性)


    6位 与田祐希(アイドル/乃木坂46)
    白石麻衣さんの卒業など大きな変革を迎える乃木坂において、与田ちゃんが担う責任も重くなるので、今後の活躍にも注目したいから(東京都/20代/男性)
    近年ではとても大人っぽい表情も見せるようになってきた。成人してから新たな一面に期待(和歌山県/20代/男性)
    映画に出演したり、幅広い活躍をしているので、2021年も期待したい(神奈川県/10代/男性)


    7位 岡田結実(女優)
    二世と言われながらも、自分で道を切り開いてる感じがして、好感もてます。頑張って欲しい(徳島県/50代/女性)
    所属事務所を辞め、これまでの活動の枠にとらわれず、さらなる飛躍の一年になると思うので(東京都/40代/男性)
    天てれの時から見てて応援したくなるからこれから頑張って欲しいから(長野県/10代/女性)


    8位 阿部詩(柔道)
    五輪の代表になり、今年からの活躍がますます期待されるから(埼玉県/20代/女性)
    兄妹でオリンピック出場を勝ち取り、一気に注目を集めているから(東京都/50代/女性)
    爽やかで好感が持てる選手なので、ぜひ兄妹でオリンピックでの活躍を見せてほしいら(兵庫県/50代/女性)


    9位 井上瑞稀(アイドル/HiHi Jets)
    多才な人が多いジャニーズの中でも、目立つ存在だから。真面目で実直な性格も大変魅力(東京都/20代/男性)
    今勢いのあるHiHiJetsのメンバーで、2020年は初めてドラマの主演を務め、2021年には大河の出演が決まっているから(兵庫県/20代/女性)
    今年ドラマでたくさん見て、来年のドラマも期待しているから、アイドルでも、俳優でも期待しています(千葉県/30代/女性)


    10位 吉田輝星(野球)
    一軍でも何試合か投げているし、もっといいピッチャーになると思うから(北海道/10代/女性)
    ファイターズファンとして今年こそ1軍で活躍してもらいたい(千葉県/40代/男性)
    ローテーションを勝ち取って、札幌ドームで勝ち試合が観たい(北海道/30代/女性)




    【2021年 期待の新成人ランキング】の続きを読む


    ジャニー喜多川とジャニーズJr.の「性的な関係」晩年まで? 元7 MEN 侍メンバーが新たに証言


    両親共に日本人の日系2世。父の喜多川諦道は、日本仏教・高野山真言宗米国別院の僧侶(第3代主監)で、1946年2月から1948年2月までプロ野球チーム「ゴールドスター」のマネージャーだった。ジャニーは次男。日本とアメリカの二重国籍を持っていたため、ミドルネームがあった。姉はメリー喜多川
    38キロバイト (5,137 語) - 2021年1月9日 (土) 13:53



    (出典 president.ismcdn.jp)


    ジャニー喜多川氏がジャニーズ事務所の所属タレントに対して行っていたハラスメントに関して、元ジャニーズJr.の前田航気が新たな証言をしている。

     前田航気は現在22歳。中学一年生でジャニーズ入りし、2018年に結成したジャニーズJr.のグループ・7 MEN 侍のメンバーでもあったが、同年秋に退所が囁かれるように。2019年8月にTwitterを開設し、ジャニーズを退所していたことを報告していた。

     元ジャニーズという肩書を隠さずダンスなどの活動を継続している前田だが、海外向けに日本のエンタメ情報を提供するwebニュースサイト「ARAMA JAPAN(あらま!ジャパン)」が掲載した2021年1月2日付のインタビューで、ジャニー喜多川氏のスキャンダルに関する質問に応えている。

     インタビューで前田は「ジャニーズのタレントや社内の他の誰かからアイドルの虐待について聞いたり、見たりしたことがありますか?」という質問を受け、ジャニー氏とジャニーズJr.の何人かが性的な関係をもっていたと告白。自ら望んでジャニー氏と肉体関係を持つJr.もいたという。

     そうした状況の背景には、ジャニー氏がタレントのデビューに関して強い決定権をもっていた権力構造があると証言していた(現在、記事の中で該当の質問部分は削除されている)。

    ジャニー喜多川氏の性虐待裁判

     ジャニー氏が所属タレントに対してハラスメントを行っていたという情報は元ジャニーズの中谷良、元フォーリーブスの北公次、光GENJIとしてデビューする候補メンバーだった木山将吾らが、退所後に出版した暴露本で語ってきた。
     だが、この問題を追いかけたのは「週刊文春」(文藝春秋)だけだった。「週刊文春」は1999年から2000年にかけて複数回ジャニー氏の追及記事を掲載。合宿所として所属タレントに解放している自宅や、ツアー先のホテルなどでジャニー氏が関係を迫ったと報じた。

     被害に遭った少年は複数存在するようだが、彼らがそのハラスメントを拒否できなかったのは、ジャニー氏の機嫌を損なったことによりデビューの可能性が絶たれてしまうのではないかという恐怖があったからだった。

     ジャニーズ事務所はこれらの記事によって名誉を毀損されたとして文藝春秋を訴えるが、裁判では逆に、ジャニー氏のハラスメントに関する記述について、<喜多川が少年らに対しセクハラ行為をしたとの各証言はこれを信用することができ、喜多川が少年達が逆らえばステージの立ち位置が悪くなったり、デビューできなくなるという抗拒不能な状態にあるのに乗じ、セクハラ行為をしているとの本件記事は、その重要な部分について真実であることの証明があった>と結論づけられた。

     前田航気の証言が事実であれば、この裁判以降も、ジャニー喜多川氏の少年たちへの関わり方は変わらなかったということになる。

     ジャニー喜多川氏は2019年7月に亡くなった。その際、各メディアが追悼記事を配信したが、約20年前に裁判所によって事実と認定されたハラスメントについて触れた日本国内の主要メディアは皆無だった。
    他方で海外メディアはこの件についても取り上げた。ニューヨーク・タイムズやBBCなどのメディアはいずれも、裁判によってジャニー氏のスキャンダルが事実として認められた件についても触れながら、訃報を取り扱った。

     また、嵐の活動休止に際して松本潤がアメリカの雑誌「Variety」のニュースサイトでインタビューに応じた際も、実はジャニー氏の性虐待について触れられていた(2020年11月2日付)。

     「Variety」では記者が松本本人に問い質しているわけではないものの、地の文でジャニー氏がハラスメントに関する報道をされていることや、事務所のもつ強大な力によってそのことが日本国内のメディアで報じられていないことを指摘している。

    「クリーンなジャニーズ事務所」を目指す滝沢秀明副社長

     ジャニー氏の逝去により、ジャニーズ事務所の体制は大きく変わった。現在はジャニー氏の姪である藤島ジュリー景子氏が社長を務め、滝沢秀明氏が副社長を務めている。

     経営陣の中でも滝沢氏は事務所の体質をクリーンなものにしようと改革を断行しているとされ、2020年中に起きたスキャンダル(Snow Man岩本照、元NEWS手越祐也、KAT-TUN亀梨和也、山下智久、近藤真彦、元宇宙Six山本亮太、美 少年の佐藤龍我)に関して、すべて報道を無視せず対応した。

     現在、ジャニーズ事務所は海外展開を強く意識している。コロナの影響で嵐のアメリカ進出は道半ばで終わったが、2020年にはSnow Manがタイのイベントに参加するなど、若手グループはアジアを中心とした世界進出に意欲的だ。そうであれば「CD」という現物の売上や「オリコン1位」へのこだわりをいい加減捨て去った方が良いように思うが、もっとも大きな問題として、創業者であるジャニー氏のタブーに向き合わなければならないだろう。これに蓋をできるのは日本国内限定だ。



    【ジャニー喜多川とジャニーズJr.の「性的な関係」晩年まで? 元7 MEN 侍メンバーが新たに証言】の続きを読む


    元SMAP・森且行が衝撃発言、木村拓哉「断絶」か、木村以外のメンバーと…


    且行(もり かつゆき、1974年2月19日 - )は日本のオートレース選手。 東京都足立区出身。所属はJKAの川口オートレース場。公式ファンクラブはAngelを経てビアンコ。オートレース選手になる前は、男性アイドルグループSMAPのメンバーとしてジャニーズ事務所に所属し、歌手、俳優、タレントとして活動していた。
    21キロバイト (2,826 語) - 2021年1月1日 (金) 13:21



    (出典 stat.ameba.jp)


    1月1日に生放送された、稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(46)、香取慎吾(43)の3人による『7.2 新しい別の窓』(ABEMA)の元旦スペシャルに、SMAPの元メンバーでオートレーサーに転身した森且行(46)が出演。それぞれが思い出話に花を咲かせる中、森が「(SMAP解散前の)5人の旅行を見て、すごく感動したのね。あれ、4人とやりたいなっていう」と発言したのだ。“4人とやりたい”というのは新しい地図の3人と中居正広(48)の“4人”を指しているのは明らか。森と木村拓哉にも何かしらの“確執”があるのではないか、と思えてしまう。2014年7月に放送されたフジテレビ系特番『武器はテレビ。SMAP×FNS27時間テレビ』でSMAP5人が総合司会を務めた際、森から5人への手紙が読み上げられた。その中で森は木村に対し「木村くんはね、メンバーの中で遊んだ回数が一番多いかも」とつづっている。「森と木村の間には確執はないはずです。“4人とやりたい”と彼が話したのは、ジャニーズ事務所を退所した新しい地図と、今もジャニーズの看板タレントとして活躍する木村の共演は難しい、という大人の事情を理解しているからでしょう。森も退所時にはジャニーズサイドとひと悶着ありましたからね」と芸能プロ関係者は語ったと日刊大衆が報じた。

    【元SMAP・森且行が衝撃発言、木村拓哉「断絶」か、木村以外のメンバーと… #森且行 #SMAP】の続きを読む

    このページのトップヘ