アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:ニュース > スポ-ツ


    『不適切発言 笠りつこ 厳重注意! 』


    りつ子(りゅう りつこ、1987年11月4日 - )は、日本の女子プロゴルファー。熊本県菊池郡菊陽町出身。 東海大学付属第二高等学校卒業、九州東海大学(現・東海大学)中退。所属はテレビ熊本を経て、2012年現在京セラ。兄の哲郎もプロゴルファー。 9歳時に、ゴルフ場経営者であり師匠でもある父がコ
    8キロバイト (829 語) - 2019年10月31日 (木) 03:47



    (出典 sey-88.com)


    不適切発言はやめましょう!

    【『不適切発言 笠りつこ 厳重注意! 』】の続きを読む


    トライアウト(tryout)とは、本来は適性検査・試験興行を意味する。一般にスポーツ競技の団体に加入を希望する選手が、団体関係者の前で自己の能力をアピールし、契約を目指す場のことをいう。スカウトとの違いは、チームが相手に“来て欲しい”と礼を尽くして頼むのに対し、こちらは希望者がチームに志願する点。
    2キロバイト (254 語) - 2013年4月25日 (木) 05:20



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    この時期になると、テレビで見るトライアウトのドキュメントが泣けるんですよ。

    【『トライアウト 現役続行への狭き門!』】の続きを読む


    『卓球女子 初優勝ならず!』


    卓球女子の日本は初優勝ならず W杯、男女とも中国V 卓球女子の日本は初優勝ならず W杯、男女とも中国V
    東京五輪のテスト大会を兼ねた卓球のワールドカップ(W杯)団体戦最終日は10日、東京体育館で決勝が行われ、女子は日本が中国に0―3で敗れ、初優勝はならなかった。中国は9連覇。 ダブルスは石川佳純(全農…
    (出典:スポーツ総合(共同通信))



    (出典 www.sankei.com)


    残念!悔しい!

    【『卓球女子 初優勝ならず!』】の続きを読む


    『フィギュアスケート中国杯 アンナ・シェルバコワがV 宮原知子2位 本田真凛7位!』


    宮原知子がシーズンベストで2位、真凜7位 15歳・シェルバコワVでファイナル確定 宮原知子がシーズンベストで2位、真凜7位 15歳・シェルバコワVでファイナル確定
    「フィギュアスケート・中国杯」(9日、重慶) 女子フリーが行われ、ショートプログラムで2位につけていた宮原知子(21)=関大=はシーズンベストの14…
    (出典:スポーツ総合(デイリースポーツ))


    アンナ・スタニスラーボブナ・シェルバコワ(ロシア語: Анна Станиславовна Щербакова、ロシア語ラテン翻字: Anna Stanislavovna Shcherbakova、2004年3月28日 - )は、ロシア、モスクワ出身のフィギュアスケート選手(女子シングル)。2019
    15キロバイト (665 語) - 2019年10月28日 (月) 16:00



    (出典 www.nikkansports.com)


    アンナ・シェルバコワの4回転完璧だったぁ~

    【『フィギュアスケート中国杯 アンナ・シェルバコワがV 宮原知子2位 本田真凛7位!』】の続きを読む


    『松坂大輔 14年ぶり西部復帰へ!』


    松坂 14年ぶり西武復帰へ!メッツ以来2度目の背番16決定的 減俸も受け入れ 松坂 14年ぶり西武復帰へ!メッツ以来2度目の背番16決定的 減俸も受け入れ
    中日を退団した松坂大輔投手(39)の西武移籍が決定的となったことが8日、分かった。球団は背番号16を用意し、12日に行われる12球団合同トライアウト…
    (出典:野球(スポニチアネックス))


    sportiva、2013年9月13日。 ^ 松坂大輔復帰2戦目も勝利ならず。課題はメンタルと、〝投球の間合い〟Number Web 生島敦のスポーツ・インテリジェンス原論、2013年8月30日。 ^ 松坂が再びカーテンコールを浴びるには あと1カ月、残された時間は多くはない杉浦大輔、sportsnavi コラム、2013年8月29日。
    125キロバイト (16,430 語) - 2019年11月7日 (木) 07:56



    (出典 oregano.work)


    来年、頑張って欲しい!

    【『松坂大輔 14年ぶり西部復帰へ!』】の続きを読む

    このページのトップヘ