アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:芸能関係 > ア-ティスト


    福山雅治の“保護猫”飼育に称賛殺到! ペットショップで購入した指原莉乃&古市憲寿とは大違い?


    福山 雅治(ふくやま まさはる、1969年〈昭和44年〉2月6日 - )は、日本のシンガーソングライター、俳優。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。公式ファンクラブ名は「BROS.」(日本国外居住者は「BROS.+」)。主な愛称はましゃ。ラジオDJや写真家としても活動している。
    247キロバイト (17,785 語) - 2021年4月17日 (土) 04:44


    歌手の福山雅治が、保護猫と暮らしていることが明らかとなった。心までもイケメンだと、ネット上では拍手喝采が巻き起こっている。

    福山がパーソナリティーをつとめるラジオ番組『福のラジオ』(TOKYO FM)の4月3日放送回で、福山は保護猫2匹と暮らしていることを明かした。さらにその翌週の放送では、動物愛護と人間の共生についてもコメント。「日本は法整備など含めてまだまだ不十分な面があるので、どの立場の人にとっても正解を示すのは、なかなか難しいのが現状だと思います」と、多方面に配慮しながら話していく。そして〝殺処分ゼロ〟の活動を応援していきたい、と立場を示していた。

    これにネット上では


    《今まで「カッコいいと思わない」とか言っててすみませんでした、立派な行為だと思います》
    《知名度のある人がこういう活動に熱心だと救われる世の保護猫ちゃんたちが少しでも増える気がする》
    《保護猫・犬を飼う芸能人や特集番組が増えてきて嬉しい。救える命を救ってあげたい》
    《いくらでも高級なペット買う財力はあるだろうに、そっちじゃないんだな。飼われた猫ちゃん達、良かったね》
    《今まで悪く言ってごめんなさい。応援します》

    など、称賛する声が殺到している。

    「ペットショップでペット買う奴は人間のクズ」

    「殺処分ゼロの障壁となっているのがペットショップ。日本ではお金持ちが大金でペットを購入し、ショップがモノのようにペットを量産しては〝廃棄〟している負のスパイラルがあります。そして芸能人の中には、ショップで購入したブランド猫をテレビやSNSで自慢げに紹介し、一般人をペットショップビジネスに加担させているものもいます。その代表的なのが指原莉乃。ブランド猫を飼っている彼女は、ペットショップビジネスの問題をテレビ番組で指摘されたときにも、『偏見が酷い』とペットショップを擁護していました」(芸能記者)

    また、社会学者の古市憲寿は、テレビ番組の企画でペットショップにて猫を購入。「海外では~」「日本は遅れている~」が口グセにも関わらず、海外の多くで禁止されているペットショップに意気揚々と大金を支払う矛盾ぶりを見せつけていた。

    ペットショップ問題については、元『2ちゃんねる』管理人の〝ひろゆき〟こと西村博之氏がYouTubeの配信で、「売れなかったときに保健所で殺す、ということをやっている業界にお金を払っているので、ペットショップでペット買う奴って基本的にみんな人間のクズだなって思ってる」「売れなかったら『はい、殺処分』みたいな社会をみなさん望んでやってらっしゃる」とコメントしていたこともある。

    芸能界でも、ペットショップに関する意見は大きく割れそうだ。

    【福山雅治の“保護猫”飼育に称賛殺到! ペットショップで購入した指原莉乃&古市憲寿とは大違い? #福山雅治】の続きを読む


    <松田聖子>40年ぶり“聖子ちゃんカット”に セルフカバーの「青い珊瑚礁」MVで


    <松田聖子>40年ぶり“聖子ちゃんカット”に セルフカバーの「青い珊瑚礁」MVで
     歌手の松田聖子さんが配信シングル「青い珊瑚礁~Blue Lagoon~」のミュージックビデオ(MV)で40年ぶりの“聖子ちゃんカット”を披露した。
    (出典:毎日キレイ)


    松田 聖子(まつだ せいこ、1962年3月10日 - )は、日本のアイドル、歌手、シンガーソングライター、女優、実業家。1980年にデビューした、日本を代表するアイドルである。女優の神田沙也加は元夫・俳優の神田正輝との娘 である。 福岡県久留米市荒木町出身。所属事務所はfelicia
    165キロバイト (17,610 語) - 2021年3月30日 (火) 09:58


    歌手の松田聖子さんが配信シングル「青い珊瑚礁~Blue Lagoon~」のミュージックビデオ(MV)で40年ぶりの“聖子ちゃんカット”を披露した。
    同曲は、松田さんの代表曲の一つ「青い珊瑚礁」のセルフカバーで4月1日に配信が始まった。「青い珊瑚礁」はデビューした1980年に2枚目のシングルとしてリリース。当時はMVが存在しなかったが、今回、松田さん自らが監督し、同曲初のMVが制作された。MVには、80年代を彷彿(ほうふつ)させるシーンや貴重なショットも収録されている。

     松田さんは「青い珊瑚礁は私自身も大好きな曲で、デビューして40年経った今、この楽曲をリアレンジでセルフカバーできることに、とてもワクワクしています。2コーラス目のサビ前『あなたが好き あなたが好き』のリフレインの部分は、オリジナルと違うアレンジになっていて新しい『青い珊瑚礁~Blue Lagoon~』を楽しんでいただけたら幸せです」とコメントを寄せている。

    【<松田聖子>40年ぶり“聖子ちゃんカット”に セルフカバーの「青い珊瑚礁」MVで #松田聖子】の続きを読む


    クズじゃねぇか『マツコの知らない世界』店員から暴露…「本当最低」「そういう奴は嫌われるぞ」


    サニーデイサービス(英語: Sunny Day Service)は、日本のロックバンド。ボーカル、ギターの曽我部恵一を中心として1992年に結成され、1994年にミニアルバム『星空のドライブep』でメジャーデビュー。2000年に解散した後、2008年に再結成された。 曽我部恵一(そかべ けいいち、
    120キロバイト (11,733 語) - 2021年3月23日 (火) 15:05


    23日放送『マツコの知らない世界』では、芸能界屈指のラーメン通として知られるサニーデイ・サービスのベーシスト・田中貴が登場。具材・出汁・麺にこだわるご当地ラーメンを田中が紹介、スタジオではマツコも実食し舌鼓を打つ。各店のこだわりのラーメンにマツコも感心していたが、田中が紹介したラーメン店の店員が「田中さんがいらっしゃったのを覚えている」と告白。店に5人で来店した田中。そのとき「王様のように田中さんが1人で全員分のメニューを勝手に決めていた」と店員が振り返ると、マツコも「それはダメよ」と指摘する。さらに、田中は自分の前に全員分の料理を並べて写真撮影、その後「田中さんが少しだけ食べて、残したものを4人に回していった」と暴露された。視聴者からは、
    「やってることクズじゃねぇか」
    「その食べ方はアウト」
    「出された時が一番旨い時なんだから、自分が食べるまで食べさせないとか、写真撮っているとか本当最低」
    「それはやったらイカンよ。そういう奴は嫌われるぞ」
    と厳しい声も殺到していたと、しらべぇが報じた。

    【クズじゃねぇか『マツコの知らない世界』店員から暴露…「本当最低」「そういう奴は嫌われるぞ」 #サニーデイ・サービスのベーシスト・田中貴 #マツコの知らない世界】の続きを読む


    浜崎あゆみ「お気に入りの彼」と夕刻の手つなぎデート


    浜崎あゆみ「お気に入りの彼」と夕刻の手つなぎデート
    …「2人目の天使がお腹(なか)の中で一生懸命育ってくれています。大家族になるのが楽しみです!!」 昨年10月2日、自身42歳の誕生日に第二子妊娠を発表…
    (出典:FRIDAY)


    浜崎あゆみ(はまさき あゆみ、1978年(昭和53年)10月2日 - )は、日本の女性歌手、女優、モデル。本名は浜崎 歩(読み同じ)。福岡県福岡市早良区出身。所属芸能事務所はエイベックス・マネジメント。所属レコード会社はエイベックス・エンタテインメントで、レーベルはavex
    142キロバイト (8,110 語) - 2021年2月27日 (土) 06:55


    「2人目の天使がお腹(なか)の中で一生懸命育ってくれています。大家族になるのが楽しみです!!」
    昨年10月2日、自身42歳の誕生日に第二子妊娠を発表し、ファンの度肝を抜いた浜崎あゆみ。待望の「2人目の天使」誕生は、どうやら間もなくのようだ。

    コロナ禍で人通りの少ない2月下旬の夕方6時、西麻布(港区)の路上にあゆのラグジュアリーな送迎車が停まっていた。目の前のイタリアンレストランでテイクアウトでもしたのだろうか、30分後、大量の荷物を抱えた女性スタッフに続き、あゆが送迎車のほうに歩いてくる。

    目深(まぶか)にかぶった帽子にマスク、ゆったりとした柄物の服装に足元はスニーカー。彼女をエスコートするように手をつないで歩いてきたのは、熱愛中のバックダンサー・P氏だ。

    「Pは’18年8月にオーディションで合格し、あゆの専属バックダンサーになった。20歳ほど年下のPをあゆは当初から気に入り、すぐに親密な関係になったと聞いています。’20年の正月に出産を発表した第一子も、今回の第二子も、父親はPでまず間違いありません」(大手芸能プロダクション関係者)

    昨年10月に妊娠発表したときにはすでに安定期に入っていたと考えれば、現在はまもなく臨月を迎えようという頃だ。かなりふっくらとしたお腹を抱えたあゆは、Pや運転手に見守られながらゆっくりと送迎車に乗り込んでいった。

    あゆは昨年8月までのコンサートツアー開始に際し、

    「本当の終わりが、たくさんの思い出と共に今日から始まります」

    と、インスタに投稿。母になったこともあり、ファンの間では引退説も根強く囁(ささや)かれている。あゆの所属事務所・エイベックスの関係者が言う。

    「2月4日に発表した’20年4~12月期の連結純損益は42億円超の赤字。これは同期としては過去最大の赤字額です。コロナの影響でライブができないことが大きく響いている。青山の本社ビルを売却し、希望退職も募集。社内ではアルバイトも次々と退職し、今後は所属アーティストも整理されていくと言われています。まさに大ピンチです。

    浜崎は今でも社内では〝神〟扱い。実際、最盛期はエイベックスの売り上げの半分以上が彼女によるものでしたからね。もう一度、第一線に戻ってもらい、ぜひともエイベックスの危機を救ってほしいんですが……」

    「平成の歌姫」は、令和でも活動を続けるのか。ギャルのカリスマから母になった彼女が、今後どのような楽曲を作るのか、楽しみな気もするが。

    『FRIDAY』2021年3月19日号より

    【浜崎あゆみ「お気に入りの彼」と夕刻の手つなぎデート #浜崎あゆみ】の続きを読む


    「うっせぇわ」作者が謝罪「大変軽率でした」 米津玄師と震災を結び付けたツイートめぐり


    「うっせぇわ」作者が謝罪「大変軽率でした」 米津玄師と震災を結び付けたツイートめぐり
     ヒット曲『うっせぇわ』の作者として知られる音楽プロデューサーのsyudouさんは、自身が投稿した「東日本大震災」と歌手・米津玄師さんの誕生日を結び…
    (出典:J-CASTニュース)


    syudou(しゅどう、9月27日 - )は、日本の男性アーティスト、音楽プロデューサー。山梨県出身、栃木県育ち。 活動初期は作曲をしながら、カバー楽曲を投稿することが多かったが、2021年現在では、作曲活動を主な活動内容にしており、カバー楽曲を投稿することは前よりも少なくなった。
    14キロバイト (1,157 語) - 2021年3月5日 (金) 14:03


    ヒット曲『うっせぇわ』の作者として知られる音楽プロデューサーのsyudouさんは、自身が投稿した「東日本大震災」と歌手・米津玄師さんの誕生日を結び付けたツイートについて、「軽率だった」と2021年3月11日に謝罪した。

    ■「米津玄師が産まれた事に筆者は深い意味を...」

     syudouさんは女子高生シンガー・Adoさんが歌うヒット曲『うっせぇわ』の作詞・作曲を手がけた。「初音ミク」などのボーカロイドを用いて曲を制作する「ボカロP」としても知られている。

     syudouさんは10日に自身のツイッターで、同じボカロP出身の米津玄師さんが、同日に30歳の誕生日を迎えたことについて言及。「ボカロの象徴である初音ミクの日(3/9)と現代人の価値観をガラリと変えた震災(3/11)の間(3/10)に米津玄師が産まれた事に筆者は深い意味を感じざるを得ない」と投稿した。

     一部のファンからは共感するような声も聞かれていたが、「震災絡めないで」「なんで捻り込むんだろう?」との指摘もあった。

     そうした中、syudouさんは11日16時頃にツイッターを更新。「昨日のツイート大変軽率でした。不愉快な思いをさせてしまった方、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

    【「うっせぇわ」作者が謝罪「大変軽率でした」 米津玄師と震災を結び付けたツイートめぐり #syudou】の続きを読む

    このページのトップヘ