アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:芸能関係 > ア-ティスト


    サチモスのHSUさん急死「戸惑い悲しんでおります」19年に腫瘍手術


    Suchmos (サチモスからのリダイレクト)
    Suchmos(サチモス)は、日本の男性ロックバンド。2013年結成。バンド名の由来は、ルイ・アームストロング(ジャズミュージシャン)の愛称サッチモから。ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップなどから影響を受けた音楽性を持つ。 YONCE(よんす)こと河西洋介(かさい ようすけ、 (1991-08-29)
    88キロバイト (10,606 語) - 2021年10月15日 (金) 18:07


    ロックバンドSuchmos(サチモス)のベース、HSUこと小杉隼太さんが死去したことが15日、明らかになった。32歳だった。公式HPで発表された。亡くなった日時などは明かされていないが、葬儀は遺族の意向で近親者のみで執り行われたという。

    HSUさんは2019年6月、体調不良で入院し、精密検査の結果、腫瘍が見つかり、摘出手術を受けたという。手術は成功し、回復に向かっていると当時は、報じられていた。

     HPでは「メンバー、スタッフ共に、未だに現実を受け止めきれない状況で、戸惑い悲しんでおります」とつづられている。「皆様におかれましても静かにHSUを見送っていただけますよう、お願い申し上げます」「HSUの冥福を心より祈ると共に、生前HSUに多大なるご厚情と応援をいただいた皆様に心より感謝申し上げます」とも記載されている。

     サチモスはボーカルのYONCE、ギターのTAIKING、ドラムスのOK、DJのKCEE、キーボードのTAIHEIからなる男性6人組。2013年に結成し、ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップなど多様な音楽から影響を受けたオリジナルなスタイルを確立をさせた。2016年には「STAY TUNE」がヒット。18年には紅白歌合戦に出場した。今年2月、活動休止を発表。理由については「修業の時期を迎えるため」としていた。

    【サチモスのHSUさん急死「戸惑い悲しんでおります」19年に腫瘍手術 #Suchmos HSU】の続きを読む


    ビートルズ解散の責任はジョン・レノンにある、ポールが告白


    ビートルズ > ビートルズの作品 > ザ・ビートルズ1962年〜1966年 『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』(英語: The Beatles / 1962-1966) は、1973年4月19日にアナログLP2枚組で発売されたビートルズのベスト・アルバムである。
    14キロバイト (981 語) - 2021年9月26日 (日) 08:06


    ポール・マッカトニーは、今月末に放送されるBBCのインタビューの中で、ビートルズの解散を引き起こしたのはジョン・レノンだと語っている。史上最も人気のある音楽グループの一つであるビートルズの解散については、どのメンバーに責任があるのかという議論が、何十年もの間続いていた。

    BBCラジオの番組「This Cultural Life」の最新エピソードの内容を報じたガーディアンの10月10日の記事によると、マッカートニーは、1970年にビートルズが解散した際に、レノン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの3人とともにバンドを続けることを望んでいたという。

    来年の6月に80歳の誕生日を迎えるマッカートニーは、レノンの脱退の決定が最終的にビートルズの終焉につながったと述べ、レノンは「ヨーコと新しい人生を歩んでいた」「常に脱退を考えていた」と語り、長年にわたり囁かれてきた噂が真実であることを認めた。

    マッカートニーによると、レノンはバンドを離れることを「スリリング」で「離婚に似ている」と表現し、残りのメンバーは「後始末をする」ことになったという。

    ビートルズの解散は、「私の人生の中で最も困難な時期」だったと語るマッカートニーは、一部のファンから、メンバーの意見の相違に弁護士を介入させて4人の関係を悪化させたと非難され、バンドの崩壊の責任を負わされることに苦悩していたと語っている。

    マッカートニーが、バンドのマネージャーであるアレン・クラインがグループの財務を管理することを阻止するために、他のメンバーを訴えたことは有名だが、その時にはすでにレノンは他のメンバーに脱退を告げていたとマッカートニーは語っている。

    このインタビューの全編は、10月23日にBBC Radio 4でオンエアされる。

    ガーディアンによると、マッカートニーは番組のインタビュアーのジョン・ウィルソンからソロ活動について聞かれた際にこう話したという。「私はバンドの解散を扇動したりしていない。それは全くの誤解だ。ジョンはある日、部屋に入ってきて『ビートルズを辞める』と言った」

    ■オノ・ヨーコの責任を否定

    多くのビートルズファンは何十年もの間、レノンの妻であるヨーコ・オノが、レノンにバンドを辞めるよう説得し、彼とマッカートニーの間に溝を作ったと非難してきた。しかし、マッカートニーは今回のインタビューで彼女に責任はないと述べ、2人は素晴らしいカップルであり、「そこには大きな力があった」と語っている。「ジョンは平和のためにアムステルダムでバッグに入って1週間ベッドに横たわりたかった。それに異議を唱えることはできないだろう」とマッカートニーは語っている

    オノ(ヨーコ)は自分が受けた仕打ちについて、殺人の濡れ衣を着せられたようなものだと語っていた。「私は、ビートルズを解散させたという、やってもいないことで告発されたような気分のままでいる」と彼女は2013年のインタビューで話していた。「まるで殺人の容疑をかけられて、刑務所に入れられているような状況だ」

    1970年にビートルズが解散したとき、彼らは約10年間、一緒に音楽を作っていた。レノン、マッカートニー、ハリソンの3人は、まだ10代だった1950年代後半にリバプールで出会い、一緒に演奏するようになり、数年後の1962年にロンドンのアビー・ロード・スタジオでレコーディングをしているときに(リンゴ)スターが加わった。

    ビートルズは合計1億8300万ユニットの売り上げを記録し、史上最も売れたバンドであり続けている。レノンは1980年にニューヨークのアパートの外で暗殺され、ハリソンは2001年に肺がんで亡くなった。

    Carlie Porterfield

    【ビートルズ解散の責任はジョン・レノンにある、ポールが告白 #ビートルズ解散 #ポール・マッカトニー #ジョン・レノン】の続きを読む


    川谷絵音 モデル恋人と同棲中!ゲス不倫から5年で再婚も視野に


    川谷絵音 モデル恋人と同棲中!ゲス不倫から5年で再婚も視野に
    …女性が向かっていた。 このカップルは、「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(32)と、モデルの松本愛(27)だ。肩がくっつくほどの距離で仲よく歩い…
    (出典:女性自身)


    川谷 絵音 (かわたに えのん、1988年12月3日 - ) は、日本のボーカリスト、ギタリスト、キーボーディスト、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー。長崎県出身。「indigo la End」「ゲスの極み乙女。」「ジェニーハイ」「ichikoro」のバンド4グループを掛け持ちしながら、ソロプロジ
    39キロバイト (4,503 語) - 2021年10月9日 (土) 10:27


    10月上旬のある昼過ぎ、東京都内の一等地にある高級マンションに、帽子にショルダーバッグ、革のブーツを履いた男性と、スレンダーな女性が向かっていた。

    このカップルは、「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(32)と、モデルの松本愛(27)だ。肩がくっつくほどの距離で仲よく歩いている。近所でランチでもしてきたのか、2人とも手ぶらというラフなスタイルだ。

    2人の“お泊まり愛”が報じられたのは2018年5月。その後順調に愛を育み、同棲を始めていたのだ。

    「今年の夏ごろから、川谷さんと松本さんをお見かけします。ご一緒に住んでいるようで、いつも仲むつまじい様子で、マンションを出入りしていました」(近隣住民)

    たしかに松本は、別の日にも“LOVE”と大きくプリントされたTシャツ姿で、慣れた様子で川谷が待つマンションへと入っていく。すっかり2人での暮らしが板についているようだ。

    川谷といえば、2016年1月に報じられたベッキー(37)との“ゲス不倫”騒動で、日本中からバッシングを受けた。妻とも同年5月に離婚し、その年の9月には当時未成年だったタレントのほのかりん(25)との“飲酒疑惑”も浮上。一連の騒動で川谷が負った傷痕は、5年間なかなか癒えぬままだった――。

    「ヒット曲『私以外私じゃないの』を引っさげて、『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした直後の不倫報道で、当時決まっていたタイアップ案件やドラマ主題歌はすべてご破産に。大手メーカーのCM契約もなくなってしまいました。

    近年も、金額的にも高いタイアップ案件などはいいところまでいくが、なかなか決まらない。そのことに、川谷さんは悩んでいたと聞いています。

    一方のベッキーさんも、好感度の高さでCMは業界屈指の本数を誇っていましたが、川谷さんとの騒動以降は激減。テレビの出演本数も少なくなってしまいました」(広告代理店関係者)

    フィリピン人を母に持つ松本の大きな目は、どことなくベッキーを彷彿とさせるが――。

    「松本さんとの熱愛が発覚した当時、“元カノ”ほのかりんさんの友人と報じられましたが、その後川谷さんはツイッターで、『俺の昔からの友達なのだけれど……』と元カノの友人であることは否定していました。川谷さんと松本さんの交際は順調で、『再婚も近い』と聞いています」(芸能プロダクション関係者)

    “昔からの友達”である松本の存在が、傷痕を癒したのか。現在、川谷は「ゲス極」以外にも、「indigo la End」、小籔千豊(48)や新垣隆(51)、野性爆弾のくっきー!(45)らとのバンド「ジェニーハイ」など4つのバンドを掛け持ちし、ソロ活動も精力的だ。

    本誌直撃に照れながら…同棲を認めた
    耐え忍ぶ長い冬を経て、少しずつ仕事が増えている川谷。10月某日、迎えの車を待っていた本人を直撃した。

    ――松本愛さんと同棲されていると聞いております。

    「(照れながら)いやあ、アハハ」

    本誌記者が差し出した名刺をしげしげと見つめながら――。

    「『女性自身』さんですか……めずらしいですね。久しぶりにこういうの受けたんで、びっくりしました」

    ――2人ともお幸せに過ごしていらっしゃる?

    「いやいや(笑)、僕ら、あんまり何にも言えないんですけど……」

    ――結婚のご予定は?

    「いや、全然ないと思いますよ。僕、今は仕事を頑張らないといけないので……。なんかすみません」

    ――とはいえ、真面目にお付き合いしていて、川谷さんにとって松本さんは大切なお相手ということでよろしいのでしょうか?

    「ハハハ。そんなふうに聞かれるとあれですけど。まあ、いまは仕事に集中しています。なんかわざわざ、僕なんかのためにありがとうございます」

    終始“ゲスさ”は微塵もなく、丁寧に対応してくれた川谷は、車に乗り込み去っていった。松本愛の所属事務所に“同棲”や“結婚”について尋ねると、「プライベートのことは本人に任せております」と回答があった。

    10月限定で、『スッキリ』(日本テレビ系)の木曜日エンタメコーナーのMCを務めることになった川谷。結婚に備えて仕事の幅を広げているのか――。

    「トークのセンスも、じつはいいのです。先日、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演したときも、毒舌の有吉さんのベッキーイジりに嫌な顔をせずに返していました。今後、テレビで見る機会も増えていくと思いますよ」(キー局局員)

    公私とも、「脱ゲス」の春を迎えつつあるようだ。

    「女性自身」2021年10月26日号 掲載

    【川谷絵音 モデル恋人と同棲中!ゲス不倫から5年で再婚も視野に #川谷絵音】の続きを読む


    GACKT活動休止の裏で “仮想通貨トラブル再燃” の不安…LINEで苦情殺到、仕事仲間は「許せない」と激怒


    GACKT活動休止の裏で “仮想通貨トラブル再燃” の不安…LINEで苦情殺到、仕事仲間は「許せない」と激怒
    …〈一時は命にも関わる状態に陥りました。(中略)現段階では声を発する仕事の続行は不可能…。(中略)活動再開に向けて治療に専念する予定です〉  9月8日…
    (出典:SmartFLASH)


    GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優、YouTuber。 沖縄県出身。本名は大城ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)、別名義:神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)。日本のエージェンシーは株式会社グラブエンターテイメント。GACK
    71キロバイト (5,875 語) - 2021年9月9日 (木) 03:33


    〈一時は命にも関わる状態に陥りました。(中略)現段階では声を発する仕事の続行は不可能…。(中略)活動再開に向けて治療に専念する予定です〉

    9月8日、歌手で俳優のGACKT(48)が、体調不良のため無期限で芸能活動を休止すると発表した。所属事務所は、冒頭のとおりその症状を公式サイトで明らかにしている。これを受け、主演映画『翔んで埼玉』を配給する東映は、続編製作の休止を発表。芸能界からも心配する声が寄せられているーー。

     だが、そんなGACKTに対し怒りを露わにする人物がいる。彼の仕事仲間だった、X氏だ。

    「活動休止発表当日、私の知人はGACKT本人と電話で会話できたそうですよ。これで『仮想通貨』の件がうやむやになるとすれば許せません」

     X氏は、GACKTがコアメンバーとして名を連ねる仮想通貨「SPINDLE(スピンドル)」の代理店関係者だ。

    「スピンドルは、ブラックスターという運営会社が2017年にスタートさせた仮想通貨です。GACKTは同社のアジア・ストラテジック・アドバイザーという肩書でした」

     GACKTは広告塔として熱心に活動していた。ブラックスターの関係者からスピンドル購入の勧誘を受けたという投資家が語る。

    「『株でいえばインサイダー取引』という文言とともに、今後、価値が64倍~120倍になると謳う資料を見せられました。なぜかGACKTと阪神の糸井嘉男選手が写る写真つき。スピンドルの説明会に行けば、GACKTと直接会えるという話でした」

     実際にX氏は、GACKT本人から勧誘されたことで代理店になることを決意した。

    「代理店は、スピンドルを上場前に買う顧客を集めるのが仕事です。顧客の投資額の25%を報酬としてもらえます。私は実際に数十人の顧客から合計1000万円近く、集めることができました」

     上場前に総額で200億円以上を集めたスピンドル。ところが、いざ2018年5月に上場すると、事前の謳い文句とは真逆にその価値は大暴落し、投資家たちに多額の損害を与えた。上場前には最高で1スピンドル=200円の価格で販売されていたスピンドルだが、現在、取引所での価格は1円以下の低迷を続けている。

    「GACKTは、広告塔としての報酬や、上場直後に売り抜けたおかげで、約17億円もの利益を得ているそうです。ところが私が集めた顧客は全員損失を出しました」(X氏)

     当然、GACKTには、彼を信用して投資した人たちからの苦情が殺到している。

    「GACKTやブラックスター社の元社長と、代理店や顧客らが参加するグループLINEがあるのですが、顧客が『どうなっているのか』と運営側を問い詰めるメッセージを書くと、元社長により強制的にグループから退会させられてしまうんです。60人の参加者がいたのに次々退会させられ、今は48人だけ。そして今回の休業発表です。復帰したらこの問題に正面から向き合ってほしいです」(同前)

     スピンドルの暴落で損失を出した顧客に対し、GACKTが直接、謝罪したこともあるという。ある芸能関係者は次のように明かす。

    「大阪・北新地のクラブでその場に居合わせた音楽関係者の知人から聞きました。2019年の3月ごろ、スピンドルに約1800万円を投資した不動産会社の社長が、暴落を受けて『いったいどうなっているんだ』と問い詰めたようなんです。

     すると、GACKTが友人らを引き連れてクラブに謝罪に来たんです。関係者の目の前で『すみませんでした。俺が全部悪いんだ』と言って土下座までしたそうです」

     土下座での謝罪についてGACKTの所属事務所に確認すると、「その時期は海外に居て、来日した事実も大阪に行っていた記録もありません」と全面的に否定した。

     仮想通貨専門誌の記者はこう分析する。

    「これほど多くの損失が出ても、投資家たちが事を荒立てなかったのは、GACKTさんが、苦情の電話であろうと自分の携帯にかかってくれば、必ずワンコールで出て謝っていたから。体調のせいでGACKTさんが対応できなくなり、スピンドル問題が再燃しなければいいですが……」

     早く復帰して、投資家への “一流” の謝罪行脚を続けてほしい。

    (週刊FLASH 2021年9月28日・10月5日号)

    【GACKT活動休止の裏で “仮想通貨トラブル再燃” の不安…LINEで苦情殺到、仕事仲間は「許せない」と激怒 #GACKT】の続きを読む


    「金爆」鬼龍院翔が謝罪 電撃婚の陰に“10年恋人”と二股交際


    「金爆」鬼龍院翔が謝罪 電撃婚の陰に“10年恋人”と二股交際
     9月4日、自身のブログで結婚を発表したゴールデンボンバーのフロントマン、鬼龍院翔(37)。相手については〈現在も過去にも芸能活動歴の無い一般の方〉…
    (出典:文春オンライン)


    鬼龍院 (きりゅういん しょう、1984年6月20日 - )は日本のミュージシャン、作詞家、作曲家。ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーのVo-karu。バンド外でも作曲や楽曲提供を行う。2014年に第56回日本レコード大賞の作曲賞を受賞。 ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバ
    46キロバイト (4,206 語) - 2021年9月5日 (日) 08:58


    9月4日、自身のブログで結婚を発表したゴールデンボンバーのフロントマン、鬼龍院翔(37)。相手については〈現在も過去にも芸能活動歴の無い一般の方〉とした。

    だが鬼龍院には今年まで10年にわたり交際してきた女性がおり、妻との交際が始まって以降も、その女性との関係が続いていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

     鬼龍院とその女性、A子さんとの出会いはゴールデンボンバーのブレイク前に遡る。

    「10年以上前、鬼龍院さんは当時学生だったA子さんと知り合いました。2人で飲みに行くようになり、やがて男女の関係になったそうです」(テレビ局関係者)

     音楽関係者も言う。

    「2012年にゴールデンボンバーが『女々しくて』でブレイクした頃には、A子さんをライブに招待するようになっていた」

     そして鬼龍院はのちに結婚相手となる女性と出会って以降もA子さんとの仲を清算できず、今年まで男女の関係を持ち続けていたという。

    「鬼龍院さんはA子さんに、結婚のことをどう説明したのか。A子さんにとって鬼龍院さんは、20代の10年間を費やした相手。二股をかけられた末にその女性と結婚となり、ショックを受けているそうです」(前出・テレビ局関係者)

     週刊文春がA子さんとの関係を鬼龍院の所属事務所に問うと、以下のように回答した

    「10年来仲良くしている女性の友人がいる事は事実です。最後にお会いしたのは3月で、その時に結婚の予定がある事を話し、その日はそれ以外特に何もなく、以後は会っていません。私の事で傷付けてしまっていましたら大変申し訳ございません」

     鬼龍院の人となり、A子さんとの交際の様子など、詳しくは9月8日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び9月9日(木)発売の「週刊文春」が報じている。

    ◆◆◆

    (追記)鬼龍院は8日16時30分、自身のブログで謝罪した。全文は以下の通り。

    今週木曜日発売の週刊文春に「昔から親密な関係にある女性」に関する記事が出るとの連絡が事務所に入りました。その時点では記事の内容は把握ができていなかったのですが、7日午前中に下記のように回答させていただきました。

    ーーーーーーーー
    10年来仲良くしている女性の友人がいる事は事実です。
    最後にお会いしたのは3月で、その時に結婚の予定がある事を話し、その日はそれ以外特に何もなく、以後は会っていません。
    私の事で傷付けてしまっていましたら大変申し訳ございません。
    ーーーーーーーー

    と回答させていただきました。

    この度はゴールデンボンバーを応援してくださるファンの皆様、お世話になっている関係者の皆様にご心配やご迷惑をおかけしたり、ご不快な思いをさせてしまうと思います。

    メンバーの喜矢武さん、淳さん、研二さんには謝罪致しました。プライベートな事でメンバーのみんなに迷惑をかけてしまうと思います。
    本当に申し訳ございません。

    妻にも謝罪致しました。家族については触れないと言った直後にこのような投稿をすることになってしまい、本当にすみません。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年9月16日号

    【「金爆」鬼龍院翔が謝罪 電撃婚の陰に“10年恋人”と二股交際 #鬼龍院翔】の続きを読む

    このページのトップヘ