アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:芸能関係 > ア-ティスト


    激撮!「X JAPAN」HEATHが長身美女と〝ココイチデート〟


    HEATH(ヒース、本名:森江 博 - もりえ ひろし、1968年(昭和43年)1月22日 - )は、日本のミュージシャン。兵庫県尼崎市出身。血液型はB型。X JAPANのベーシスト。ソロ活動時の名前は「heath」、X JAPANでは「HEATH」である。愛称は「ひーちゃん」(主にHIDEから呼ばれた)。
    20キロバイト (2,683 語) - 2020年7月27日 (月) 17:45



    (出典 xjapanfans.up.seesaa.net)


    カリスマミュージシャンが〝GoToココイチ〟だ! 日本を代表するロックバンド「X JAPAN」のベース・HEATH(52)が今月、都内にあるカレーライスチェーン店「CoCo壱番屋」(以下、ココイチ)で、カレーをテイクアウトする姿をキャッチした。HEATHはミステリアスで私生活は謎だらけだが、庶民的な食事もしていたことには驚かされる。しかも、本紙が入手した写真に写るHEATHのかたわらにはラブラブな雰囲気を漂わせる長身美女の姿が――。
    気持ち良く晴れた21日午前10時ごろ、都内の一等地にあるココイチに向かって、XのHEATHが悠然とかっ歩していた。黒のキャップに黒のトップスとパンツのラフな全身〝黒装束〟。新型コロナウイルス対策でマスクをきちんとしているが、色はやはり黒だ。

    「全身真っ黒がいつものコーディネートなんですよ」(知人)

     かたわらにはスレンダーな美女。ダークグレーのキャップにライトグレーのパーカ、グレーのショートパンツに黒のレギンス、白いマスクでスポーティーな格好だ。胸まであるだろうロングヘアを後ろに束ね、風になびかせている。

     HEATHの身長は公表されていないが170センチ台半ばとされ、かなり細身。2人が肩を並べて歩く姿を見ると、美女は170センチ超えの長身とみられる。

    「この日はブランチ(朝食と昼食を兼ねた食事)を買いに来たのか、ココイチのテイクアウトコーナーでカレーを注文していました」(同)

     Xは、ドラム&ピアノのYOSHIKI、ボーカルのToshIが〝ツートップ〟で、1992年8月にバンドに途中加入したHEATHは陰に隠れがち。メディアにはほとんど露出しない。

    「兵庫出身で関西弁で楽しそうに冗談を言うこともありますが、基本的には寡黙(かもく)でシャイです」(音楽関係者)

     私生活もベールに包まれている。結婚しているかも発表していない。だからこそ、ココイチでテイクアウトする姿、しかも美女との2ショットは貴重と言える。

    「かれこれ10年くらいは一緒にいるんじゃないかと思うくらい親密な女性。手をつないで歩いていることもあります」(前出知人)

     この美女は妻なのか――。HEATHの所属事務所に2回、質問したが、対応はなかった。

     日本を代表するロックバンドメンバーで、さぞ優雅な生活を送っているかと思われたが、ココイチのブランチは意外だった。

    「結構庶民的な一面を持っていて、コンビニマニアでもあるんです。ついこの前も、セブンイレブン、ファミリーマートとハシゴして、それぞれの店内をうろちょろ。その後にスーパーに寄っています」(同)

     Xとカレーは因縁深い。もはや伝説となっているのが、YOSHIKIのカレー事件だ。

     HEATHが加入前の92年1月、Xの東京ドーム公演前日にYOSHIKIがカレーを食べたのだが、激辛にブチギレてテーブルをひっくり返し、リハーサルしないで帰った。この一部始終をYOSHIKI自ら、フジテレビ系「HEY!HEY!HEY!」の95年1月放送分で告白。MCだった「ダウンタウン」松本人志、浜田雅功を爆笑させ、HEATHもクスクス笑っていた。YOSHIKIはこの後も、折に触れて自らネタにしたり、周囲からイジられたりしている。ココイチはカレーの辛さを甘口から10辛まで選べるが、この日のHEATHのカレーはいかに!?

     Xのメンバーは国内外を股にかけて華麗に活動しているが、カレーのネタに事欠かないのかもしれない。

    【激撮!「X JAPAN」HEATHが長身美女と〝ココイチデート〟#HEATH】の続きを読む


    米津玄師、“人気女優・A”と交際説浮上! 2年前には“年上の人気タレント”と交際も、「マスコミに嗅ぎつけられ破局」?


    米津 玄師(よねづ けんし、Kenshi Yonezu、1991年〈平成3年〉3月10日 - )は、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサーである。徳島県出身。本名同じ。所属レーベルはソニー・ミュージックレーベルズ内のSME Records。身長188cm。血液型はO型。
    89キロバイト (10,119 語) - 2020年11月18日 (水) 23:42



    (出典 news-pctr.c.yimg.jp)


     2018年に発売されたシングル「Lemon」の大ヒットを受けて、同年の『第69回NHK紅白歌合戦』に初出場し、一躍トップアーティストの仲間入りを果たした米津玄師。メディア露出が極端に少ないことから、その私生活は謎に包まれているが、先頃からはごく一部で、“人気女優・A”との交際説が取り沙汰されているという。

     テレビ初歌唱となった18年の『紅白』直後には、「週刊文春」(文藝春秋)に所属事務所社長との交際疑惑を報じられ、話題を呼んだ米津。公になることはなかったものの、実はその裏で18年末、誰もが知るであろう人気女性タレント・Bと交際していたという。

    「Bは米津よりも5歳ほど年上で、芸能歴も長い。また、歌手活動も行っていることから、米津とは共鳴する部分が大きかったのでしょう。しかし、この情報が業界に出回った途端に、両者は破局しているんです」(スポーツ紙記者)

     米津のファンでもあったというBは、一部マスコミが取材に動いていることを知った直後に、彼との別れを決意したのだとか。

    「『自分との関係が公になることは、米津にとってマイナスになる』と、身を引いたといわれています。そのため、Bと米津の関係は公にはなりませんでした」(同)

     それから2年の時を経て、現在米津との関係がうわさされるようになったのがAだという。彼女もまた、Bと同じく多くのファンを擁する有名芸能人で、ドラマや映画などで活躍する人気女優のようだ。

    「Aは米津よりも若く、また活動する分野も少々離れています。共通の知人の紹介があったのでしょう。しかし、米津の警戒心は尋常ではなく、プライベートの取材は“難攻不落”といわれており、どの媒体も決定的な証拠にはたどり着いていません。オープンな交際にするつもりはないと、周囲にも知らせずに2人だけで愛を育んでいるのでは」(テレビ局関係者)

     現在は年末に向けて、各メディアが大物カップルの交際情報を水面下で調査中だ。米津は今回も、業界に情報が出回った途端に、人知れず破局となってしまうのだろうか。

    【米津玄師、“人気女優・A”と交際説浮上! 2年前には“年上の人気タレント”と交際も、「マスコミに嗅ぎつけられ破局」?#米津玄師】の続きを読む


    ASKA(アスカ、1958年2月24日 - )は、日本の男性ミュージシャン、シンガーソングライター。本名:宮﨑 重明(みやざき しげあき)。旧称:飛鳥 涼(あすか りょう)。CHAGE and ASKAの元メンバーで、多くの楽曲のボーカル・作詞・作曲を担当していた。福岡県大野城市出身。第一経済大学卒業。所属個人事務所はBurnish
    155キロバイト (13,460 語) - 2020年11月14日 (土) 10:50



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/11/28(土) 04:40:38.03 ID:CAP_USER9.net

    11/28(土) 1:15配信
    東スポWeb

    ASKA健在

     歌手のASKA(62)が28日、自身のツイッターで〝謎めいたツイート〟をした。

    「11月28日になったか。安いシナリオライターなら、そうするだろうな。ここで言っておかなきゃだ」と意味深に前置きしたうえで次のように続けた。


    「先日、うちに『元ホワイトハッカー』が来られた。目の前で証拠を見て帰られた。逆監視中です」

     これにはフォロワーも困惑するばかり。「すみません、わからないことだらけでした」「ホワイトハッカーがわからない」「逆監視中…?」と理解に苦しむリプライが相次いだ。

     ASKAは2014年に覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕。執行猶予中の16年に再逮捕されたが、こちらは不起訴処分となった。11月28日は2度目の逮捕の日にあたり、今回のツイートと関係があるとみられる。ASKAはたびたび自身のSNSでハッキング被害を訴えている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=475&q=90&exp=10800&pri=l

    https://news.yahoo.co.jp/articles/46865abda84b51521091705ad24a2704b332997d


    【ASKAが因縁の日に謎ツイート「うちに『元ホワイトハッカー』が来られた。逆監視中です」 #ASKA】の続きを読む


    きゃりーぱみゅぱみゅ、手術を報告「す?っとす?っと悩んて?いた」


    きゃりーぱみゅぱみゅ(1993年1月29日 - )は、日本の女性歌手、ファッションモデル。正式名はきゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ。所属芸能事務所はアソビシステム。音楽出版活動に関しては芸映と業務提携をしている。血液型はB型。身長は158cm。略称はKPP、旧称及び愛称はきゃりー。公式ファンクラブは「KPP
    92キロバイト (11,722 語) - 2020年11月3日 (火) 16:17



    (出典 www.cinemacafe.net)


    【モデルプレス=2020/11/14】歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが14日、自身のSNSを更新。先日「ICL」と呼ばれる新たな視力矯正手術を受けたことを明かした。

    ◆きゃりーぱみゅぱみゅ、手術を報告

    きゃりーは「先日ICLを受けました」と報告。「目も悪いし乱視も酷くてす?っとす?っと悩んて?いたんた?けと?手術を受けて次の日から両目か?2.0に…!色鮮やかて?なにより朝起きてすく?見えて感動してる、、、」と手術までに悩んでいたが、術後は世界が変わったことに感動している様子。

    「あめちゃんもはっきり見える幸せ。時間か?経ては?またカラコンも付けれるみたいて?嬉しい~」と愛犬がしっかり見えることへの感動もつづっている。

    ◆指原莉乃も「ICL」手術

    「ICL」とは、眼の中に小さなレンズを入れ近視や乱視を矯正する治療法で、レーシックよりも安全性が高いとも言われている最先端治療。

    以前、指原莉乃も手術を行ったことを明かしている。(modelpress編集部)


    【Not Sponsored 記事】

    【きゃりーぱみゅぱみゅ、手術を報告「す?っとす?っと悩んて?いた」#きゃりーぱみゅぱみゅ】の続きを読む


    坂本冬美「週刊文春」で覚悟のグラビア「人生最初で最後です」#坂本冬美


    坂本 冬美(さかもと ふゆみ、本名同じ、1967年3月30日 - )は、日本の演歌歌手、女優。血液型O型。 1967年3月30日、和歌山県西牟婁郡上富田町に生まれる。3月生まれで、生まれた季節は春であるのに、「冬美」という名前をつけたのは、生まれた時に肌が冬雪のように白かった事から、叔父がつけた。
    52キロバイト (3,069 語) - 2020年11月10日 (火) 16:16



    (出典 www.crank-in.net)


    サザンオールスターズの桑田佳祐が提供した新曲「ブッダのように私は死んだ」をリリースした坂本冬美。今楽曲では、桑田が坂本を悲しくも美しい愛に生きる主人公に見立てて描いた「歌謡サスペンス劇場」を見事に演じきっており、そのミステリアスで艶やかな姿は現在公開中のミュージックビデオでも確認できる。

    そんな坂本が、11月12日発売の「週刊文春」の巻頭グラビア「原色美女図鑑」に初登場。「紅白歌合戦の時と同じくらい緊張しました。人生初グラビアですから」と語るほど“覚悟”をもって臨んだ撮影では、美しい素肌を大胆に露出している。担当デスクは「正直、ここまで頑張っていただけるとは驚きました。かなりのインパクトがあります!」とコメント。「主演・坂本冬美」は一体どこまでチャレンジしたのか。

    さらに同号では、対談連載「阿川佐和子のこの人に会いたい」にも登場。そして、桑田佳祐の連載コラム「ポップス歌手の耐えられない軽さ」では、桑田が坂本冬美を語る。この3つの大型連載に同時に登場するというのは文春史上初とのことで、まさに「坂本冬美が文春をジャック」したかたちとなった。

    「阿川対談」では中学生時代からの“桑田愛”の深さや、「歌手人生はこの歌にたどり着くためにやってきたものだった」という新曲に込めた思いを明かす。また、桑田は連載内で、坂本へ楽曲提供をすることになった経緯や、歌い手としての坂本に感動したエピソードを披露。「『人間』『女性』『演じ手』としての彼女の言葉が、アタシをウロたえさせる場面もあった。作者であるアタクシなんかより、この歌に深みと魂を吹き込んでくれるのは、歌い手の冬美さんご自身なのだと確信した」と述べている。

    坂本冬美の「ビジュアル」「人間性」「音楽性」を一冊で堪能できる「週刊文春」の大特集。坂本自身は「ついにカラを破った私を是非ご覧ください」と語っている。

    【坂本冬美「週刊文春」で覚悟のグラビア「人生最初で最後です」#坂本冬美】の続きを読む

    このページのトップヘ