アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:芸能関係 > 女優


    片瀬那奈“虚偽報告”で所属事務所との信頼関係崩壊! 家宅捜索&尿検査受けていた


    片瀬那奈“虚偽報告”で所属事務所との信頼関係崩壊! 家宅捜索&尿検査受けていた
     女優の片瀬那奈(39)が、元カレの薬物事件で自身も捜査当局から家宅捜索と尿検査を受けていたことを認めた。片瀬は当初、所属する芸能事務所「研音」に対…
    (出典:東スポWeb)


    片瀬 那奈(かたせ なな、1981年11月7日 - )は、日本の女優、司会者、歌手、ファッションモデル。 東京都江東区出身。研音所属。身長172cm。 東京都江東区の砂町出身。出生時は3650gで病院一の大きさであった。中央区立日本橋中学校出身。 中学時代は軟式テニス部。高校時代はダンス部に所属していた。
    40キロバイト (4,671 語) - 2021年7月21日 (水) 21:25


    女優の片瀬那奈(39)が、元カレの薬物事件で自身も捜査当局から家宅捜索と尿検査を受けていたことを認めた。片瀬は当初、所属する芸能事務所「研音」に対し、それらを否定していた。事務所への〝虚偽報告〟は、信頼関係の崩壊につながりかねない。その立場はいよいよ危うくなってきた――。

    片瀬は東京五輪で、地元東京の聖火ランナーに選ばれ、今月16日に武蔵野市内で晴れやかな笑顔を見せていた。だがそのウラでは、親密男性が薬物事件でパクられていた。

     2015年ごろから片瀬と交際&同棲していたIT企業クリッチの前代表岡田英明容疑者は今月上旬、コカインを所持したとして麻薬取締法違反容疑で警視庁組対5課に逮捕された。

     2人が同棲していた都内の自宅も組対5課の家宅捜索を受け、違法薬物はなかったこと、片瀬も任意で尿検査を受けて陰性だったことがそれぞれ確認された。

     一連の騒ぎは22日配信の「文春オンライン」で報じられた。所属事務所の研音は、片瀬が岡田容疑者との交際&同棲をすでに解消していると説明し、ガサ入れと尿検査を受けたことは否定した。

     ところが研音は片瀬に事実関係を再確認したうえで、29日発売の週刊文春で「(片瀬が)気が動転し事実と異なる報告をしてしまったことを謝罪し、捜索、及び任意での尿検査を受けた事実を認めました」と、1週間前に否定したことをひっくり返した。有名女優がガサ入れされ、尿検査を受けていたのは事実だったわけだ。

     本来、タレントと所属事務所は信頼関係で結ばれていなければならない。片瀬が所属事務所に〝虚偽報告〟したとなれば、それを根底から覆す事態となる。

    「芸能事務所はスキャンダルが浮上した所属タレントからウソをつかれるのを嫌います。そのタレントを守り切れなくなるからです。今回は片瀬さんが〝虚偽報告〟し、それを研音が発表してしまった。マネジメントする側としてはたまったものじゃありませんが、事務所の社会的な信頼性も問われる。だから、研音は片瀬さんに不信感を抱いているようです」(芸能プロ関係者)

     ただでさえ、片瀬は世間から危なっかしい印象を持たれている。19年には〝妹分〟だった女優・沢尻エリカが麻薬取締法違反の疑いで逮捕され、自身のイメージも急落した。

     現在、放送中のフジテレビ系連続ドラマ「彼女はキレイだった」に出演しているが、「妹分に元カレ、親しい人が2人も薬物事件で逮捕されては事務所も今後、片瀬さんをドラマや映画にプッシュしづらくなります」(前同)。

     当然、事務所内での立場は危うくなってくる。別の芸能プロ関係者によると「研音は生え抜きの女優を育てたいとの思いが強く、若手の有望株を探しています」。生え抜きの川口春奈、杉咲花らはその証左と言える。

    「他方、片瀬さんは事務所の“力”をアテにしていた部分があります。スキャンダルも潰せると勘違いしていた。その上、虚偽報告ですから…。最悪の場合、契約を更新せずに退所という未来も現実味を帯びてきます」(前同)
     
     出演ドラマの放送が終わるころ、新たな動きがあってもおかしくはない。

    東京スポーツ

    【片瀬那奈“虚偽報告”で所属事務所との信頼関係崩壊! 家宅捜索&尿検査受けていた #片瀬那奈】の続きを読む


    林遣都と大島優子が結婚へ 朝ドラ「スカーレット」共演で急接近 極秘交際徹底 おうちデートで気付かれず


    林遣都と大島優子が結婚へ 朝ドラ「スカーレット」共演で急接近 極秘交際徹底 おうちデートで気付かれず
     俳優の林遣都(30)と元AKB48で女優の大島優子(32)が近く結婚することが28日、分かった。交際期間は約1年。NHK連続テレビ小説「スカーレッ…
    (出典:スポニチアネックス)


    大島 優子(おおしま ゆうこ、1988年〈昭和63年〉10月17日 - )は、日本の女優で、女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーである。本名同じ。栃木県出身。太田プロダクション所属。 1996年、母親の薦めでセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始する。
    109キロバイト (14,467 語) - 2021年7月26日 (月) 17:57


    俳優の林遣都(30)と元AKB48で女優の大島優子(32)が近く結婚することが28日、分かった。交際期間は約1年。NHK連続テレビ小説「スカーレット」(2019年9月~昨年3月)の共演で距離を縮めた。一度も交際が報じられていない、売れっ子同士の“電撃婚”。東京五輪のメダルラッシュで沸く日本に驚きが広がりそうだ。

     16歳でデビューし演技派へと成長した林と、トップアイドルから人気女優への華麗なる転身を果たした大島。国民的な知名度を誇る2人がひそかに愛を育み、近く結婚する。

     2人は2012年公開の映画「闇金ウシジマくん」で共演。林は当時、AKB48メンバーの中で大島が“推しメン”と明かしていた。その後は友人関係が続いたが、急接近するきっかけになったのが「スカーレット」での共演。2人はヒロインの幼なじみ役を演じ、1年近くにわたる長丁場の撮影で多くの時間をともにした。これと前後して撮影が行われたフジテレビ「教場」(昨年1月)でも共演し距離を縮めた。

     2人をよく知る芸能関係者は「シャイで人見知りな林さんと、誰とでも打ち解けるフランクな大島さん。性格は真逆なんですが、波長が合うようで凄くお似合いのカップル。大島さんは、2歳年下の林さんの作品や演技に真摯(しんし)に向き合う姿勢を尊敬し、ひかれていったそうです」と語る。

     交際は「スカーレット」撮影終了後の昨年夏ごろにスタート。仕事関係者に迷惑を掛けたくないとの思いがあって、人の目に触れない“極秘交際”を徹底。自宅などでのデートを重ねてきた。

     2人はすでに互いの親へのあいさつを済ませ、ごく親しい仕事関係者や友人には結婚を報告している。テレビ朝日「おっさんずラブ」やTBS「ドラゴン桜」など話題作に立て続けに出演している林は現在、主演映画「犬部!」が公開中。今後も多数の出演作が控えている。一方、大島は出演する配信ドラマ「上下関係」のキャンペーン中。互いの仕事が一段落したタイミングで婚姻届を提出し、同居生活をスタートさせる。

     東京五輪のメダルラッシュで盛り上がる日本列島。その中でも、2人の“電撃婚”は大きな話題になりそうで、どんな報告があるか注目される。

     ◇林 遣都(はやし・けんと)1990年(平2)12月6日生まれ、滋賀県出身の30歳。中3の修学旅行中に東京でスカウトされ芸能界入り。07年に主演映画「バッテリー」でデビューし、第81回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画新人男優賞を受賞。出演作にドラマ「おっさんずラブ」「ドラゴン桜」、映画「しゃぼん玉」「HiGH&LOW」シリーズなど。1メートル73、血液型O。

     ◇大島 優子(おおしま・ゆうこ)1988年(昭63)10月17日生まれ、栃木県出身の32歳。子役として活動し、06年にAKB48に2期生として加入。選抜総選挙では10年と12年に1位。14年にグループを卒業し、女優に転身。出演作にドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」、映画「紙の月」「明日の食卓」など。17年に約1年間、米国に語学留学した。1メートル52、血液型B。

    【林遣都と大島優子が結婚へ 朝ドラ「スカーレット」共演で急接近 極秘交際徹底 おうちデートで気付かれず #林遣都 #大島優子】の続きを読む


    片瀬那奈が同棲相手のコカイン逮捕で『尿検査と家宅捜索』 否定から一転、事務所が認める 「片瀬から事実と異なる報告


    片瀬 那奈(かたせ なな、1981年11月7日 - )は、日本の女優、司会者、歌手、ファッションモデル。 東京都江東区出身。研音所属。身長172cm。 東京都江東区の砂町出身。出生時は3650gで病院一の大きさであった。中央区立日本橋中学校出身。 中学時代は軟式テニス部。高校時代はダンス部に所属していた。
    40キロバイト (4,671 語) - 2021年7月21日 (水) 21:25


    「週刊文春」が7月22日の「スクープ速報」で報じた、女優・片瀬那奈(39)の同棲相手が7月上旬にコカイン所持で逮捕された麻薬取締法違反事件。この捜査で、片瀬が尿検査と自宅の家宅捜索を受けていたことを、所属事務所が認めた。当初の取材では、尿検査と家宅捜索について、否定していた。

    7月3日深夜、IT企業「クリッチ」前代表取締役社長・岡田英明容疑者(39)が、薬物事犯を専門に扱う警視庁組織犯罪対策5課の捜査員に、麻薬取締法違反容疑(コカイン所持)で逮捕された。片瀬と同棲している岡田容疑者は、逮捕された際、都内の宿泊施設でコカインを使用していたという。その後、組対5課は2人が同棲する東京都内の自宅を家宅捜索。さらに片瀬に尿検査を実施したが、違法薬物は発見されず、尿検査の結果は陰性反応だった。

    「週刊文春」は7月22日夜、岡田容疑者の逮捕を「スクープ速報」で報じた。その際、片瀬の所属事務所は「(岡田容疑者と)すでに交際及び同棲を解消しており、片瀬が家宅捜索や尿検査を受けた事実はございません」と答えていた。

    「報道に関して片瀬自身にあらためて確認したところ…」
     だが、小誌が7月26日にあらためて所属事務所に事実関係を確認したところ、翌27日、次のように回答した。

    「(週刊文春の)報道に関して片瀬自身にあらためて確認したところ、気が動転し事実と異なる報告をしてしまったことを謝罪し、捜索、及び任意での尿検査を受けた事実を認めました。ただし、捜索はあくまで岡田氏の私物に対するものであったと認識しており、尿検査の結果は報道のとおりです。訂正してお詫び申し上げます」

     いったい片瀬の身辺で何が起きているのか。

     7月28日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び「週刊文春」7月29日(木)発売号では、片瀬と岡田容疑者の知られざる関係や、片瀬にも及んでいた捜査の内幕、友人が明かす片瀬と薬物との関わりなどについて詳報する。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年8月5日号

    【片瀬那奈が同棲相手のコカイン逮捕で『尿検査と家宅捜索』 否定から一転、事務所が認める 「片瀬から事実と異なる報告」  #片瀬那奈】の続きを読む


    有村架純の所属事務所 週刊誌記事に「強く抗議」


    有村架純の所属事務所 週刊誌記事に「強く抗議」
     女優・有村架純(28)の所属事務所は27日、同日発売の週刊誌『女性自身』に掲載された記事について「全くの事実無根、法的措置を取る予定でございます」…
    (出典:オリコン)


    有村 架純(ありむら かすみ、1993年〈平成5年〉2月13日 - )は、日本の女優。兵庫県伊丹市出身。フラーム所属。 2009年12月、兵庫県立伊丹西高等学校在学中に、FLaMmeのオーディションを受けて合格。 2010年1月、サンケイスポーツの新春企画「新春ガールズ」が芸能界の初仕事となり、4月に親元を離れて上京。
    70キロバイト (9,149 語) - 2021年7月11日 (日) 18:46


    女優・有村架純(28)の所属事務所は27日、同日発売の週刊誌『女性自身』に掲載された記事について「全くの事実無根、法的措置を取る予定でございます」とコメントした。

    記事では、有村のファンという大相撲の新小結・明生(26)との“交流”について、相撲関係者などの話を交えながら伝えている。

     事務所公式サイト及び有村のスタッフツイッターでは「本日発売の週刊誌の記事に関しまして、全くの事実無根であり、法的措置を取る予定でございます」と説明。「相撲界の方とは全く面識はなく、連絡を取ったことも、コメントをしたこともございません。このような事実無根の記事で、有村架純の行動や気持ちが虚偽に伝えられてしまうことに対し、所属事務所としましては強く抗議いたします」とつづっている。

    【有村架純の所属事務所 週刊誌記事に「強く抗議」 #有村架純】の続きを読む


    尾野真千子、再婚していた お相手は沖縄企業の代表、YouTubeで共演も


    現在公開中の映画『茜色に焼かれる』で4年ぶりの単独主演を務めている女優・尾野真千子(39)が再婚していたことが、週刊ポストの取材でわかった。お相手は沖縄在住の一般男性で、尾野は再婚となる。同誌7月28日発売号で報じる。

    映画『茜色に焼かれる』では、コロナ禍で経営していたカフェが倒産するなか、女手一つで息子を育てるために奮闘する母親役を演じている尾野。今年5月に舞台挨拶に登壇した際には、「こんなやりにくい世の中で、私たちの仕事はもうできないかもしれないと恐怖が襲ってきた」と不安を吐露し、無事公開にこぎ着けたことに思わず安堵の涙を流した。

     この時期、尾野はプライベートでも大きな変化があったのだ。芸能関係者が語る。

    「尾野さんは、2017年に一般男性と離婚しましたが、この5月に再婚したそうです。お相手は沖縄在住のAさんで、廃棄物処理や家庭ゴミのリサイクルなどを担う地元企業の代表取締役を務めている。尾野さんは現在、オフの時には沖縄のAさんの家で過ごしているそうです」(芸能関係者)

     尾野とA氏を繋げたのは、尾野が2010年に出演したドラマ『ニセ医者と呼ばれて~沖縄・最後の医介輔~』(日本テレビ系)だ。同ドラマは沖縄・今帰仁村で撮影されたが、そこで現地コーディネーターを務めたのがA氏だった。

     尾野の離婚後、2人は急速に距離を縮めていったという。

     今年5月に放送された『アナザースカイ』(日本テレビ系)に出演した尾野は、女優活動20周年を記念した自主制作映画の企画で、2015年から昨年にかけて沖縄の今帰仁村に琉球古民家を建てたことを明かしている。

     尾野は今帰仁村を選んだ理由を、「10何年前に出演したドラマ(『ニセ医者と呼ばれて~』)で(今帰仁村に)来ていて。すごい縁を感じて」と語っていた。

     番組では、尾野が今帰仁村に通ううちに行きつけになったという食堂が紹介されているが、A氏はその食堂を経営している会社の代表でもある。

    「Aさんはユーチューブ動画も配信していますが、そこに尾野さんもたびたび登場しています。昆虫を食べる回では、目隠しをした尾野さんがAさんに虫を口に入れてもらっていたり、沖縄でゴミ回収をする回では、尾野さんがAさんの会社のロゴが入ったTシャツを来て手伝っている。画面越しにも親密な様子が伝わってきます」(同前)

    A氏に尾野との結婚について尋ねると、はにかんだ表情を浮かべながら「ノーコメントで」と去って行った。

     尾野の所属事務所は週刊ポストの取材に「5月に入籍したのは事実です。(尾野は)東京で仕事もしているので、まだ同居しているわけではありませんが、仲良く過ごしていると聞いています。(自主制作映画を撮る過程で) Aさんがロケのことなどで協力してくださって。一緒にものを作ってきてリスペクトがあったなかで気づいたことがあったようです」と回答した。

     前出の番組では、尾野は今帰仁村について、「心の帰る場所。あそこがあると安心する」と語っていた。それは、新たな伴侶について語った言葉でもあったのだろう。

    【プロフィール】
    尾野真千子(おの・まちこ)/1981年生まれ、奈良県出身。1997年、映画『萌の朱雀』で主演デビュー。2007年、『殯の森』で第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門グランプリ。2011年、NHK連続テレビ小説『カーネーション』ヒロインに抜擢されたほか、数々のドラマ、映画で活躍している。

    【尾野真千子、再婚していた お相手は沖縄企業の代表、YouTubeで共演も  #尾野真千子再婚】の続きを読む

    このページのトップヘ