アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:ニュース > 地域


    眞子さまと小室さんの結婚会見 質疑応答をとりやめ 宮内庁


    ヤフーニュース『眞子さま会見』に批判コメント殺到で非表示に…基準超過による措置にSNS驚き「初めて見た」「めっちゃ気になる」
    …のはTBSが午後7時23分に発信した「【速報】眞子さまと小室さんの結婚会見 質疑応答をとりやめ 宮内庁」との見出しの記事。約2時間あまりで1万4000…
    (出典:中日スポーツ)


    眞子内親王(まこないしんのう、1991年〈平成3年〉10月23日 - )は、日本の皇族。身位は内親王。敬称は殿下。お印は木香茨(もっこうばら)。勲等は宝冠大綬章。 秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1女子で、今上天皇は伯父にあたる。妹に佳子内親王、弟に悠仁親王がいる。2021年(令和3年)現在、内親王では最年長。
    47キロバイト (6,392 語) - 2021年10月25日 (月) 15:36


    宮内庁はあす予定されている眞子さまと小室圭さんの結婚後の記者会見について、質疑応答を取りやめると発表しました。

    眞子さまと小室さんの結婚後の記者会見は、当初、質問に対し、眞子さまと小室さんがそれぞれ口頭で回答する予定でした。

     しかし宮内庁はきょう、冒頭に2人が伝えたい事柄について述べた後、事前に提出された5問の質問に対する回答を文書で記者の代表に渡し退席すると発表しました。

     事実上、一方的な発表となる可能性があります。

     こうした会見形式の変更の理由について、宮内庁は「眞子さまは事前にいただいた質問の中に、誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねないものが、含まれていることに強い衝撃を受けられた」「そのような質問がカメラが入り、多くの人に囲まれた会場で読み上げられ、それに対して口頭でお答えになることを想像するだけで、恐怖心がよみがえるという強い不安を感じられた」「以上のことから、口頭での質疑応答は、不可能であると思われた」としています。

    その上で「お2人はご結婚に際し皆さまにお伝えしたいお気持ちについては是非、直接お話になりたいとの強い思いをお持ちであったことから質問にお答えするというかたちではない、冒頭発言としてなさることを決意された」としています。

    【眞子さまと小室さんの結婚会見 質疑応答をとりやめ 宮内庁】の続きを読む


    女性教諭、生徒から告白され交際・キスも…保護者は寛大な処分求める


    女性教諭、生徒から告白され交際・キスも…保護者は寛大な処分求める
     生徒と交際していたとして、茨城県教育委員会は22日、県西地域の県立特別支援学校の女性教諭(41)を戒告の懲戒処分とした。
    (出典:読売新聞オンライン)


    生徒と交際していたとして、茨城県教育委員会は22日、県西地域の県立特別支援学校の女性教諭(41)を戒告の懲戒処分とした。

    発表によると、教諭は担任をしていた高等部の男子生徒(16)から告白され、今年1月に交際を始めた。週末にショッピングセンターなどに行き、帰り際にキスをしたこともあった。今年7月、同校職員が2人を見かけたことがきっかけで発覚した。

     教諭は生徒の保護者に交際の事実を伝え、理解を得ていたという。保護者は県教委に対し、教諭への寛大な処分を求める意見書を提出。県教委は意見書を考慮したうえで、処分内容を判断したとしている。

    【女性教諭、生徒から告白され交際・キスも…保護者は寛大な処分求める】の続きを読む


    ドコモの大規模通信障害、総務省「重大事故」と判断…行政指導も検討


    【独自】ドコモの大規模通信障害、総務省「重大事故」と判断…行政指導も検討
     NTTドコモで14日に発生した大規模な通信障害について、総務省が電気通信事業法が定める「重大な事故」に当たると判断したことが18日、分かった。総務…
    (出典:読売新聞オンライン)


    ドコモサービス東北(株) ドコモ・サービス(株) ドコモ・モバイル(株) ドコモ・ビジネスネット(株) ドコモサービス北陸(株) ドコモサービス東海(株) ドコモ・サービス関西(株) ドコモ・モバイルメディア関西(株) ドコモサービス中国(株) ドコモサービス四国(株) ドコモサービス九州(株) ドコモアイ九州(株)
    132キロバイト (16,581 語) - 2021年10月17日 (日) 15:03


    NTTドコモで14日に発生した大規模な通信障害について、総務省が電気通信事業法が定める「重大な事故」に当たると判断したことが18日、分かった。総務省は事態を重くみて、ドコモに対し、来月13日までに事故の詳細を報告するよう求める。行政指導も検討する。

    同法などでは、3万人以上が119番といった緊急通報を1時間以上利用できない状態が生じた場合、「重大な事故」に位置付けている。該当した際は、影響人数や原因などの詳細を報告するよう義務付けている。

     今回の障害は14日午後5時頃に起きた。一部の通信回線では翌15日午後10時頃まで、約29時間にわたって通話やデータ通信がしにくい状態が続いた。

     影響の全容は把握できていないものの、少なくとも約200万ユーザーが2時間以上サービスを使えない状態だったことが確認されたため、総務省は「重大な事故」に当たると判断した。

     大規模な通信障害を巡っては2018年12月に、ソフトバンクでも、約4000万人に上る契約者の多くが通話やデータ通信をできなくなる問題が発生。総務省は19年1月にソフトバンクに行政指導を行った。

    【ドコモの大規模通信障害、総務省「重大事故」と判断…行政指導も検討 #ドコモ】の続きを読む


    【甲府放火】「勝手にティファニー送りつけ、LINEブロックしても執着」逮捕された19歳少年、長女への執拗なストーカー行為の全貌


    甲府放火殺人事件(こうふしほうかさつじんじけん)とは、2021年(令和3年)10月12日に山梨県甲府市蓬沢1丁目の民家で発生した殺人・放火事件である。 2021年10月12日、午前3時45分頃A宅から「泥棒に入られた」と警察に通報があった。通報後、A宅から火が出て午前7時過ぎには火が消し止められた
    8キロバイト (1,109 語) - 2021年10月15日 (金) 12:43


    《甲府放火“2人死亡”》「深夜に『やめてー』と女性の叫び声が…」“泣きながら出頭の19歳少年”は被害者長女と同じ高校の“顔見知り”だった から続く

    「警察はAが少年法が適用される19歳だったこともあり、徹底した緘口令を敷いています。井上さんの長女やAが通っている定時制高校も、生徒に対して一切の説明を行っていないため、ほとんどの生徒がAが誰かもわからない状況です。様々な事情から定時制高校を休む生徒も多いため、事件があってから登校していない生徒が次々と犯人扱いされるなど、デマが横行しています。特にネット上では、事件とは全く関係ない生徒が犯人扱いされ、写真も拡散される“被害”が拡大してしまっています」(全国紙社会部記者)

     山梨県甲府市蓬沢(よもぎさわ)の井上盛司さんの自宅が全焼し、焼け跡から井上さん夫婦とおもわれる2名の遺体が見つかった事件。山梨県警は14日、井上さんの次女に怪我を負わせたとして傷害容疑で逮捕した少年A(19)を甲府地検に送検した。 Aは井上さんの長女の知人で、同じ高校に通っていた 。

     少年を乗せた警察車両はカーテンでおおわれ、車を乗り降りする際も足元までパーティションが設置されるなど、警察による“厳戒態勢”がとられていた。

     Aは警察の取り調べに対し、「事件を起こしたことを後悔している」と供述しているが、放火され全焼した井上さん宅から見つかった遺体の状況はあまりにも悲惨だった。捜査関係者が明かす。

    Aは「長女に好意を寄せていた」などと供述
    「Aはもともと一家全員を殺害するつもりで、刃物も複数持参していたとみられます。焼け跡から見つかった2つの遺体には10箇所以上の刺し傷があり、深いものは臓器まで達していた。Aは最初に、当時1階の寝室で寝ていた井上さんを殺害し、続いて、逃げた井上さんの妻に手をかけた。事件発生当時、近隣住民が耳にした女性の『やめて』という叫び声は、この時発した妻の声だと思われます。

     Aは『井上さんの長女に好意を寄せていた』『長女とLINEができなくなった』とも供述してます。警察はAが長女に対して一方的な好意を寄せていたが、思い通りにならなかったことが犯行の背景にあるとみて取り調べを続けています」

     あまりに身勝手な理由から凶行に及んだとみられるAに対して、井上さんの長女の友人は怒りで声をふるわせながら取材班にこう語った。

    「LINEをブロックしても執着してくる人がいて困っている」
    「彼女(長女)には彼氏もいませんでしたし、そもそも過去にもAと付き合ったことなどないはずです。ただ、事件の少し前から『ストーカーにあっている』と聞いたことがあります。『ティファニーなどのブランド品を勝手に家に送りつけてきて、LINEをブロックしても執着してくる人がいて困っている』って……。その人の名前を聞いても、相手を気遣って私には教えてくれませんでしたが、おそらくそれがAだったのではないかと思います」

     井上さんの長女は高校で将棋クラブや演劇サークルに所属し、生徒会の役員も務めていた。「誰にでも明るく接し、トラブルのない優等生だった」(前出・友人)という。

    「犯人からは苦労の見えない『陽キャ』に見えたかもしれませんが、もともとはコミュニケーションをとるのが凄く苦手で、高校入学後に人一倍努力してそれを克服したんです。演劇部では、主要キャストを務めながら脚本も担当するなど、本当に頑張っていました」(同前)

     事件が発生した10月12日には、山梨県内の定時制高校に通う生徒による「意見発表会」が開催された。井上さんの長女は学校を代表して、スピーチをする予定だったというが、事件がすべてを壊してしまった。

    長女は「私のせいだ……」と語るなど、憔悴しきっている
    「長女が発表する予定だった原稿の内容は『自分自身が嫌いで、悩みを他人に打ち明けられない性格だったが、ある友達を通じて変わることができた』といったものだったそうです」(前出・社会部記者)

     Aの身勝手極まる犯行により、両親と家を失ってしまった姉妹。長女は保護先で警察の聞き取りに応じ、「私のせいだ……」と語るなど、憔悴しきっているという。



    「文春オンライン」では、今回の事件について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。

    メールアドレス:sbdigital@bunshun.co.jp
    文春くん公式ツイッター: https://twitter.com/bunshunho2386

    「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班)


    【【甲府放火】「勝手にティファニー送りつけ、LINEブロックしても執着」逮捕された19歳少年、長女への執拗なストーカー行為の全貌 #甲府放火事件】の続きを読む


    甲府の2人死亡火災、傷害容疑で19歳少年逮捕 放火ほのめかす供述


    甲府の2人死亡火災、傷害容疑で19歳少年逮捕 放火ほのめかす供述
     甲府市の住宅が全焼して焼け跡から2人の遺体が見つかった事件に関連して、山梨県警は13日未明、この住宅の住民に対する傷害容疑で同市内に住む少年(19…
    (出典:朝日新聞デジタル)


    甲府市の住宅が全焼して焼け跡から2人の遺体が見つかった事件に関連して、山梨県警は13日未明、この住宅の住民に対する傷害容疑で同市内に住む少年(19)を逮捕し、発表した。少年は12日深夜、県内の警察署に出頭。県警が事情を聴いていた。「間違いありません」と容疑を認めているという。放火をほのめかす供述もしているといい、火災との関連も調べる。

     県警によると、少年は12日午前3時45分ごろ、甲府市蓬沢1丁目の井上盛司さん方で、井上さんの次女の頭部を殴打し、けがを負わせた疑いがある。

     少年は現場周辺の防犯カメラの映像などから捜査線上に浮上。現住建造物等放火の疑いで捜査を始めた県警が行方を追っていた。少年は顔にやけどを負い、指を負傷しているという。

     井上さん一家と少年の関係について調べている。

     次女は自宅2階で就寝していたところ、1階で人が争うような音を聞き、1階に降りて少年と鉢合わせ、逃げる際に背後から襲われていた。

     長女とともに2階のベランダから外に逃げ出し、長女が「泥棒に入られた」と110番通報。その直後に、自宅が出火し、木造2階建てが全焼していた。

     井上さんは50代。妻といずれも10代の長女と次女の4人暮らし。

     焼け跡から2人の遺体が見つかっていた。火災後、井上さん夫妻と連絡が取れなくなっていることから、県警は、遺体が井上さん夫妻とみて身元の確認を進めている。司法解剖をして死因を調べる。

     現場はJR甲府駅から南東へ約3キロの閑静な住宅街。

    【甲府の2人死亡火災、傷害容疑で19歳少年逮捕 放火ほのめかす供述 #山梨住宅全焼】の続きを読む

    このページのトップヘ