アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:芸能関係 > 俳優


    【速報】俳優の田中邦衛さん老衰のため死去 88歳


    田中 邦衛 - テレビドラマ人名録 - ◇テレビドラマデータベース◇ 田中邦衛 - 日本映画データベース 田中邦衛 - allcinema 田中邦衛 - KINENOTE 田中邦衛 - Movie Walker Kunie Tanaka - インターネット・ムービー・データベース(英語) 田中邦衛
    43キロバイト (5,371 語) - 2021年4月2日 (金) 09:24


    テレビドラマ「北の国から」の父親役などで人気を集めた俳優の田中邦衛さんが3月24日午前11時24分、老衰のため死去したことが2日分かった。88歳。岐阜県出身。

    ご冥福をお祈りいたします。

    【【速報】俳優の田中邦衛さん老衰のため死去 88歳 # 田中邦衛】の続きを読む


    ディーン・フジオカ 持病告白「薬で何とか生きている」


    ディーンフジオカ(英語: Dean Fujioka、中国語: 藤岡靛、本名:藤岡 竜雄(ふじおか たつお)、1980年8月19日 - )は、モデル、俳優、シンガーソングライター、映画監督。福島県須賀川市生まれ。所属芸能事務所はアミューズ。所属レコード会社およびレーベルはA-Sketch。公式ファンクラブは「FamBam」。
    91キロバイト (9,136 語) - 2021年3月19日 (金) 15:19


    “五代さま”こと逆輸入俳優のディーン・フジオカ(35)が31日、都内で「ピーターラビット展」(8月9日~10月11日、東京Bunkamuraザ・ミュージアム)の記者発表会に出席した。
    オフィシャルサポーターに選ばれたフジオカは、物語の舞台となった英国の湖水地方を訪れ「光栄だがなぜ僕が選ばれたのか謎。ピーターではないので、ラビットっぽかったのかな。美しい景色と厳しい寒さのギャップがすごかった。ケータイも通じると思ったが、意外にも文明と離れた場所で、それが魅力かも。素晴らしい所なので、ぜひ、一度行ってみていただきたい」とアピールした。

     実は根っからのアレルギー体質。「グルテンアレルギーなので、だいたいのレストランにグルテンフリーのメニューがあったのがよかった。花粉症だが、今は薬のおかげで何とか生きていられる」と苦笑した。

     自身は子供のころ、スヌーピーのぬいぐるみを大事にしており、ラビットグッズは持っていないという。「グッズはないが動画は見た。子供に見せて泣きやんでもらう。先日は動画を見入ってスプーンを落とした」

     この日は150人の報道陣が詰め掛け、まさに人気絶頂だ。「他人にわかりづらい道のりを歩んできたので、自分に興味を持っていただけるのがうれしい」と、控えめに喜んだ。

     さわやかな外見に、ユーモアたっぷりの語り口。報道陣の求めに応じてラビットのゆるキャラを捕獲するポーズを取り「ドSじゃないですけど」と笑いを誘ったほか、「タオルの端の生地が重なった部分に執着があるフェチだった」とコメントするなどサービス精神旺盛だ。

     このギャップが魅力の一つだろう。

    【ディーン・フジオカ 持病告白「薬で何とか生きている」 #ディーン・フジオカ】の続きを読む


    志尊淳、急性心筋炎で入院 3週間ほど療養「容体は安定」


    志尊淳、急性心筋炎で入院 3週間ほど療養「容体は安定」
     俳優の志尊淳(26)が急性心筋炎と診断され、入院のため3週間ほど休養することが26日、発表された。  所属事務所によると志尊は23日に体調不良を訴…
    (出典:オリコン)


    志尊 (しそん じゅん、1995年3月5日 - )は、日本の俳優、タレント。東京都出身。ワタナベエンターテインメントの若手男性俳優集団D-BOYSおよびD2のメンバーである。 芸能プロダクションや雑誌のスナップから、街頭スカウトを受ける機会が多く、芸能界に興味を持つ。当初は芸能事務所に入るのはハー
    37キロバイト (4,757 語) - 2021年3月26日 (金) 07:19


    俳優の志尊淳(26)が急性心筋炎と診断され、入院のため3週間ほど休養することが26日、発表された。

     所属事務所によると志尊は23日に体調不良を訴え、かかりつけの医療機関を受診したところ急性心筋炎と診断された。容体は安定しており、3週間程度の入院治療を行う。

     「完治に向けて今後も医師の指導に従いながら、皆様にまた元気な姿をお見せできるよう、本人の体調を最優先して治療に専念いたします」としている。

    【志尊淳、急性心筋炎で入院 3週間ほど療養「容体は安定」 #志尊淳】の続きを読む


    伊藤健太郎ひき逃げ容疑不起訴処分…インスタグラムで直筆謝罪文


    伊藤健太郎ひき逃げ容疑不起訴処分…インスタグラムで直筆謝罪文
     東京地検は25日、昨年10月に自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された俳優・伊藤健太郎(23)を不起訴処分とした…
    (出典:スポーツ報知)


    伊藤 健太郎(いとう けんたろう、1997年〈平成9年〉6月30日 - )は、日本の俳優。本名同じ。旧芸名は、健太郎(けんたろう)。 東京都出身。イマージュエンターテインメント所属。 雑誌、広告を中心にkentaro名義でモデルとして活動し、2014年のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジ
    35キロバイト (4,489 語) - 2021年3月25日 (木) 15:06


    東京地検は25日、昨年10月に自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された俳優・伊藤健太郎(23)を不起訴処分とした。地検は、示談成立と被害者2人が処罰を望んでいないことから過失傷害は起訴猶予、ひき逃げは犯意が認められずに嫌疑不十分にしたと説明した。

     伊藤は、不起訴を受けて自身のSNSに改めて謝罪の思いをつづった文面を掲載。直筆で「私の自覚の足りなさ、未熟さによって起こした交通事故のために、関係者、ファンの皆様に多大なるご迷惑ご心配をおかけしましたことを改めてお詫び申し上げます」と投稿。「被害者の方にも改めて心からお詫び申し上げます」とした。

     逮捕によって主演舞台「両国花錦闘士」の降板など様々、影響が及んだ。謝罪の中で今後の活動についての言及はなかった。不起訴となり、引き続き賠償などの問題と向き合いながら復帰への道を模索することとなる。

    【伊藤健太郎ひき逃げ容疑不起訴処分…インスタグラムで直筆謝罪文 #伊藤健太郎】の続きを読む


    成田凌 1カ月無視した俳優の実名明かす ドラマで共演も「8話ぐらいまでしゃべんなかった」


    成田凌 1カ月無視した俳優の実名明かす ドラマで共演も「8話ぐらいまでしゃべんなかった」
     俳優の成田凌(27)が21日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)にゲスト出演。6年前にドラマで初共演した「俳優M」と1カ月…
    (出典:スポニチアネックス)


    成田 (なりた りょう、1993年〈平成5年〉11月22日 - )は、日本の俳優、ファッションモデル。埼玉県出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 元々美容専門学校に通っていた。「このままでは簡単に夢が叶ってしまいそうでつまらない」と思いながら就職活動をしていた時、当時同居していた友人の志望
    46キロバイト (6,119 語) - 2021年3月21日 (日) 23:11


    俳優の成田凌(27)が21日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)にゲスト出演。6年前にドラマで初共演した「俳優M」と1カ月以上に渡って一切口をきかなかったという過去を、相手の実名とその後のてん末付きで明かした。
     この日はスペシャルMCにタレントの中居正広(48)を迎えて「噂の真相答えますSP」として放送。中居を筆頭に出演者が「忖度、NGなし」で次々と巷で噂されていることについて答えていった。その中で、成田に関しては「俳優Mを1カ月無視した」という噂が。今から6年前の2015年。広瀬すず(22)が連続ドラマ初主演を務めた日本テレビ「学校のカイダン」で同い年のイケメン俳優Mと初共演した成田。そのMに対し、特に理由はないものの「なんかイヤなんだよなー」というそれだけの理由で1カ月以上無視し続けたらしいという情報がもたらされ、中居からも「ええっ!」「考えられない!」「ちょっと怖い」と思わず声が上がった。

     成田によると、その俳優Mとはお互いに目すら合わない無視し合う関係だったそうで「デビュー2作目だったんですけど、なんか『モデル上がりが…』みたいな雰囲気を感じるんですよ、すごく、Mから。そのMにもしっかり言われてるし」と相手のMも成田いわく「ちょっとモデル上がり」ながらもなぜかお互いに険悪な空気を感じていたことを振り返った。その俳優Mについて成田は「オーディションの時も奥から“受かった顔”で2、3人なんか男引き連れて歩いてたんですよ。肩幅すごいし」と言いたい放題。「う~わ!と思って。もうそこから嫌いです」とし「全10話だったんですけど、8話ぐらいまでしゃべんなかったです」と驚きの事実を明かした。

     当時、遠くから俳優Mの笑い声が聞こえてきただけで「えらい楽しそうやなぁっ!」とイライラしていたという成田。これに中居が「それは成田くんの見方が曲がってるような気がする」とたしなめると「ちょっとデビュー当時、自分もツンケンしてた」と素直に打ち明けた。

     実はその「俳優M」とは間宮祥太朗(27)。番組にVTR出演した間宮は「凌、勝手なことばっか言ってないかー?」と第一声を発すると「無視してたっていうのはアイツの言い分ですよね。僕も話しかけてないです」と“臨戦態勢”をにおわせた。出会った頃、間宮も成田のことを嫌いだったそうで「自分からおどけて笑わせてるのを見て『なんだアイツ』って」と当時の思いを語った。

     だが、その後、2人は大親友に。「自分が話しかけて、話をしているうちに『あれっ?』って。『好きかも』ってなって」と照れる間宮。「なんか可愛らしくて。もう僕は…そうっすね…。可愛いと思ってます」と今の成田への思いを口にした。最近では仲が良すぎて、困ったことも。俳優の矢本悠馬(30)を加えた3人で一緒にいた際、間宮と矢本がお互いをほめ合っていたところ、成田が「嫉妬して。隣でグスグス泣いてて…」とまさかの展開に発展したこともあったという。VTRが終わると、成田は「パクチーみたい。最初嫌いだったけど、ちょっと食い始めたらすっごく好きになる、みたいな。クセになるというか」と独特の表現で間宮への熱い思いを語っていた。

    【成田凌 1カ月無視した俳優の実名明かす ドラマで共演も「8話ぐらいまでしゃべんなかった」 #成田凌】の続きを読む

    このページのトップヘ