アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:芸能関係 > 芸人


    キンコン西野 「死ぬほど怒られた」五輪開会式めぐる発言謝罪「マジでごめんなさい」


    キンコン西野 「死ぬほど怒られた」五輪開会式めぐる発言謝罪「マジでごめんなさい」
     お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(41)が28日、自身のツイッターを更新。東京五輪開会式の演出をめぐる発言を謝罪した。  「「東京五輪の開会…
    (出典:スポニチアネックス)


    西野によると「肩書だけの問題」としてお笑い芸人及び、タレントとしての活動からの引退ではないとしており、以降は芸人を続けながらも、絵本作家業及び自身のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」に活動の軸を移している。 名前の「亮廣」は、『三国志』の「諸葛亮(しょかつりょう)」から「
    39キロバイト (5,169 語) - 2021年7月17日 (土) 14:59


    お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(41)が28日、自身のツイッターを更新。東京五輪開会式の演出をめぐる発言を謝罪した。

    「「東京五輪の開会式で世界に向けて発表したドローンは、『これ、美味しいので、一度食べてみてください』とアメリカ人にマクドナルドを出しているようなもので……その恥ずかしさに気づいていないのは日本人ぐらいだよ」と言ったら、死ぬほど怒られた」(原文ママ)と明かした上で「マジでごめんなさい」と謝罪している。

     開会式では、1824台のドローンが夜空を舞い、五輪のエンブレムを映し出す演出が話題になっていた。

    【キンコン西野 「死ぬほど怒られた」五輪開会式めぐる発言謝罪「マジでごめんなさい」 #西野亮廣】の続きを読む


    【五輪開会式】ビートたけしが痛烈批判「金返してほしい」


    【五輪開会式】ビートたけしが痛烈批判「金返してほしい」
     タレントのビートたけしが、24日放送のTBS系『新・情報7days ニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)に生出演。23日に行われた東京オ…
    (出典:オリコン)


    ビートたけし(1947年〈昭和22年〉1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、映画監督、俳優。 本名及び映画監督としての名義は北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。勲等は旭日小綬章。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。 日本国外では本名の北野武名義での映画監督として知られる。
    172キロバイト (24,190 語) - 2021年7月24日 (土) 11:05


    タレントのビートたけしが、24日放送のTBS系『新・情報7days ニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)に生出演。23日に行われた東京オリンピックの開会式について、痛烈に批判した。

    たけしは「きのうの開会式、面白かったですね。ずいぶん寝ちゃいましたよ」と皮肉を交えながら「驚きました。金返してほしいですよね。税金からいくらか出ているだろうから、金返せよ。外国に恥ずかしくて行けないよ」とバッサリ。安住紳一郎アナに「本音はそうでしょう? すばらしかったですか?」と向けながら「いかにバカだったのかわかるでしょうね、日本は」と手厳しく論評していた。

     開閉会式の共通コンセプトは「Moving Forward」、開会式は「United by Emotion」、同閉会式は「Worlds we share」で、いずれも「世界へ向けたメッセージで、あえて和訳はつくっていない」という。なお、式典の制作進行を管理するエグゼクティブプロデューサーはスポーツマネジメント会社を経営する日置貴之氏。聖火台のデザインは欧州などで高い評価を受ける佐藤オオキ氏が手がけている。

    【【五輪開会式】ビートたけしが痛烈批判「金返してほしい」 #新・情報7days ニュースキャスター #ビートたけし】の続きを読む


    石橋貴明と鈴木保奈美が離婚「子育てが一段落」「貴ちゃんねるず」で発表


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント・司会者・俳優・歌手・作詞家・YouTuber・社長 。 芸能事務所・アライバル所属、同社代表取締役社長。身長182 cm。帝京高校卒業。 趣味 : 野球・ゴルフ・映画鑑賞・酒・料理・競馬
    38キロバイト (5,197 語) - 2021年7月16日 (金) 16:58


    とんねるず石橋貴明(59)と女優鈴木保奈美(54)が離婚したことを16日、石橋のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」で発表した。

    動画では「石橋貴明 鈴木保奈美から大切なお知らせ」と題し、黒バックで「私事で恐縮ですが 私共 石橋貴明と鈴木保奈美は離婚したことをご報告致します」との字幕で報告。「子育てが一段落したことを機に 今後は事務所社長と所属俳優として 新たなパートナーシップを築いて参ります」とつづられた。

    さらに「これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します」とあいさつ。50秒の動画の最後は2ショット写真が掲載され、2人の直筆署名とともに、「これからも私達は頑張っていきます」とのコメントが掲載された。

    2人は98年に電撃結婚し、石橋、鈴木ともに再婚だった。

    ◆石橋貴明(いしばし・たかあき)1961年(昭36)10月22日、東京都生まれ。帝京高卒業後、80年に同級生だった木梨憲武と「とんねるず」結成。82年日本テレビ系「お笑いスター誕生」グランプリ。85年「夕やけニャンニャン」、88年「みなさんのおかげです」など多数のバラエティーで活躍。91年にはNHK紅白歌合戦に初出演。役者としても92年の映画「メジャーリーグ2」などに出演。

    ◆鈴木保奈美(すずき・ほなみ)1966年(昭41)8月14日、東京生まれ。84年ホリプロタレントスカウトキャラバン審査員特別賞を受賞し芸能界入り。86年TBS系「遊びじゃないのよ、この恋は」で女優デビュー。89年「白鳥麗子でございます!」、91年「東京ラブストーリー」などの連ドラで主演。石橋との結婚を機に芸能活動を休んだが11年NHK大河「江」で女優復帰。160センチ。

    【石橋貴明と鈴木保奈美が離婚「子育てが一段落」「貴ちゃんねるず」で発表 #石橋貴明 鈴木保奈美離婚】の続きを読む


    粗品の土石流発言にニッポン放送社長「プロデューサーから本人に厳重注意」


    粗品の土石流発言にニッポン放送社長「プロデューサーから本人に厳重注意」
    …ニッポン放送の定例会見が14日、オンラインで行われ、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品(28)の静岡・熱海市伊豆山の大規模土石流に関する発言について、…
    (出典:日刊スポーツ)


    粗品(そしな、1993年1月7日 - )は、日本の漫才師、お笑いタレント、司会者、ミュージシャン。お笑いコンビ・霜降り明星のツッコミ担当。相方はせいや。本名は佐々木 直人(ささき なおと)。吉本興業東京所属。NSC大阪校33期と同期扱い。2019年R-1ぐらんぷり王者。 ミュージシャンとしてはユニバーサル
    31キロバイト (3,765 語) - 2021年7月14日 (水) 18:57


    ニッポン放送の定例会見が14日、オンラインで行われ、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品(28)の静岡・熱海市伊豆山の大規模土石流に関する発言について、同局檜原麻希社長は「誤解を受ける発言があったことは残念なことだと思っています。また放送局として、ご心配お掛けしたことをおわび申し上げます」と話した。

    9日深夜に放送された「霜降り明星のオールナイトニッポン」で、静岡朝日テレビの冠番組「霜降り明星のあてみなげ」で共演する宮崎玲衣アナウンサーが雨女だという話題になり、その中で粗品は「熱海が終わった。雨で、宮崎アナのせいで」と発言した。

    その後、番組内で「現在も安否の不明な方がいる中で配慮のない発言をしてしまい申し訳ございません。取り消しておわびいたします」と謝罪していた。

    檜原社長は「番組内でおわびと撤回をして、放送後はプロデューサーから本人に厳重注意しました。本人も深く反省していると聞いています」とし「全国ネットで、その分責任も大きい。そのことを、今後も自分たち局側から伝えていくことも大事だと改めて思いました」と話した。

    また発言の部分の11分30秒ほどは「radiko」からは削除されており、「本人も発言を撤回された。このことで余計に不愉快な思いをされたり、広げるのは良くないと判断しました」と説明した。

    【粗品の土石流発言にニッポン放送社長「プロデューサーから本人に厳重注意」 #霜降り明星 #粗品】の続きを読む


    「結婚はまだちょっとねぇ、わからない」四千頭身・後藤拓実(24)が年上舞台女優(27)と“熱愛半同棲” 直撃取材に交際宣言《キューピッドはりんたろー。》


    「結婚はまだちょっとねぇ、わからない」四千頭身・後藤拓実(24)が年上舞台女優(27)と“熱愛半同棲” 直撃取材に交際宣言《キューピッドはりんたろー。》
    …藤はワタナベコメディスクール在籍中の2016年、同期の都築拓紀(24)、石橋遼大(24)とともにトリオ「四千頭身」を結成した。脱力感が魅力の漫才で人気…
    (出典:文春オンライン)


    四千頭身 (後藤拓実からのリダイレクト)
    (@tzk0320) - Twitter 四千頭身 つづきひろき (tzk4000) - Instagram 後藤 拓実 四千頭身 後藤拓実 (@paiyu2) - Twitter 四千頭身 後藤拓実 (ganjuke) - Instagram 石橋 遼大 四千頭身 石橋 (@jfbdei) - Twitter
    55キロバイト (7,121 語) - 2021年7月12日 (月) 02:35


    7月7日夜、ラジオ放送局FMFUJIの代々木スタジオには、セダンタイプの黒いアウディが停まっていた。この車の持ち主は、人気トリオ「四千頭身」の後藤拓実(24)だ。

    後藤は同スタジオで、ラジオ「四千ミルク」の生放送中だが、車の中には1人の女性の姿が見える。女性は小型犬を抱えて助手席に座り、スマホを手に後藤を待っていた――。

    車で待っていたのは、3歳年上の舞台女優
     後藤はワタナベコメディスクール在籍中の2016年、同期の都築拓紀(24)、石橋遼大(24)とともにトリオ「四千頭身」を結成した。脱力感が魅力の漫才で人気になり、お笑い「第七世代」の中でも独特の存在感を放っている。

    「四千頭身は結成2年目の2017年に『M-1』で準々決勝に進出して、早くから注目されてきたトリオです。テレビのバラエティにも数多く出演する一方で、YouTubeへの参入も2017年12月と早く、今では登録者が70万人を超えています。ネタはもちろんですが、“歌ってみた”や“踊ってみた”などのチャレンジ系企画も人気で、男女や年齢を問わず幅広い層から人気を集めています。2人のボケを中央でさばくツッコミで、トリオのネタ作りも担当する後藤はその中心人物です」(スポーツ紙記者)

     そんな後藤を車で待っていた女性は、3歳年上の舞台女優・柚木亜里紗(27)。148センチと小柄でショートカットが良く似合っている。出身地の宮城県でスポーツキャスターとして芸能活動をはじめ、上京後は劇団ひまわりに所属して舞台女優として活動してきた。

    「後藤さんは、ああ見えてかなりの肉食系男子」
    「後藤さんは、ああ見えてかなりの肉食系男子。柚木さんと交際する前にはとある“48グループ”のアイドルと噂になったこともあります。漫才の時はゆるいシルエットのTシャツがトレードマークですがプライベートではオシャレなことも有名。柚木さんも社交的なタイプで、芸能界に友人が多い。2人が初めて会ったのも、EXITのりんたろー。が主催した飲み会だということです」(2人を知る人物)

     今年4月、後藤が告白して交際がスタート。芸能人同士でありながら2人の交際は堂々としたもので、「二子玉川のショッピングモールで普通に手をつないで歩いていました」(同前)と隠す様子もなかったという。

     7月7日も、柚木はラジオ関係者なども通る位置に停めた車の助手席に座っていた。

    「四千ミルク」の生放送が終わった数分後、後藤が黒いバケットハットに水色のTシャツというラフな格好でスタジオから出てくる。まっすぐアウディの運転席に乗り込むと、穏やかな雰囲気で談笑しながらハンドルを取って車を発進させた。

    高級タワーマンションに引っ越したが…
     FMFUJIの代々木スタジオを後にした車が向かった先は、柚木の住むアパート。付近のコインパーキングに車を停め、愛犬を下ろして連れだって家まで歩く。柚木も後藤のものとよく似た黒いバケットハットをかぶり、グレーのTシャツに黒いスカート姿。2人のスニーカーはヴァンズの「オールドスクール」でお揃いだった。

     後藤が柚木の家の玄関の鍵を開け、ドアを押さえている間に犬を抱えた柚木が家へ入って行った。

    「後藤はYouTubeなどで高級タワーマンションに引っ越したことを明らかにしていますが、そのタワーマンションにはナベプロの後輩も一緒に住まわせているんです。しかも柚木さんが犬を飼っていて家を空けられないので、2人が会うのは柚木さんの自宅のことが多いようです。柚木さんは今は芸能活動を抑えて居酒屋でアルバイトをしているのですが、最近は後藤さんの予定に合わせてセーブして、後藤さんに手料理を振る舞ったりとラブラブな様子。6月末の柚木さんの誕生日には、予定を合わせて2人で熱海旅行に出かけたと聞いています」

    柚木の家から出てきた2人を直撃すると…
     7月13日午前11時頃、柚木の家から出てきた2人に声をかけた。

    ――お2人の交際についてお話を伺いたいのですが。

    「……(笑って顔を見合わせる)」

    ――4月くらいから交際されていると聞いています。

    柚木「すみません」

    後藤「ちょっと1人で来ます」

    「(彼女が)支えてくれますね。いつもお世話になってます」
     そう言うと後藤は柚木を家へ帰し、1人で取材に応じた。

    ――真剣交際だと伺っています。

    「そうなんですね。ただ(柚木が)いる時だけは勘弁してください」

    ――交際の決め手はなんだったのでしょうか?

    「それは、普通に……いい子で」

    ――結婚も考えていらっしゃるんですか?

    「結婚はまだちょっとねぇ、分かんないです」

    ――番組で、コロナで大変だという話もされていましたが、柚木さんに助けられている部分もあったりするんですか?

    「支えてくれますね。いつもお世話になっています。いい子ですよ、普通にいい子です」

    ――半同棲、というお話も聞いているのですが。

    「えぇ、どっからそんなの。すごいっすね」

    ――突然びっくりさせてしまってすいません。

    「ビックリした。よかったです、早めに家出といて」

     そう言い残すと、後藤はアウディに乗り込んで走り去っていった。取材対応も漫才と同じ“脱力系”の優しい対応だった。

     交際について後藤が所属するワタナベエンターテインメント、柚木が所属する劇団ひまわりに確認を求めたが、期日までに回答はなかった。

     7月14日(水)21時より放送の「 文春オンラインTV 」では担当記者が記事について詳しく解説します。

    「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班)


    【「結婚はまだちょっとねぇ、わからない」四千頭身・後藤拓実(24)が年上舞台女優(27)と“熱愛半同棲” 直撃取材に交際宣言《キューピッドはりんたろー。》 #四千頭身・後藤拓実】の続きを読む

    このページのトップヘ