アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:芸能関係 > アイドル


    活動休止、Sexy Zone・マリウス葉 処方薬過剰服用で緊急搬送されていた 


    マリウス マリウス よう 2000年3月30日 - )は日本の歌手、俳優、タレント。男性アイドルグループ・Sexy Zoneのメンバー。ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州・ハイデルベルク出身。本名は マリウスリウス 成龍 シュミッヒ。ジャニーズ事務所所属。
    23キロバイト (2,708 語) - 2020年12月2日 (水) 13:57



    (出典 wezz-y.com)


    11月23日、午前2時頃。気温は10℃を下回り、冷え切ったアスファルトが、身じろぎもしないその男性から体温を奪っていく。昏倒する彼に、血相を変えて駆けつけた関係者が声をかけ続けるが、彼の反応は薄い。

    「気持ち悪い……」

     横たわったまま、苦悶の表情を浮かべ、そうつぶやいたのは人気アイドルグループ「Sexy Zone」のマリウス葉(20才)。意識が朦朧とする中、彼は都内の有名大学病院へと運ばれた──。

     パニック障害で活動休止していた松島聡(23才)が今年8月に復帰したSexy Zone。しかし、11月25日放送の日本テレビ系音楽番組『ベストアーティスト2020』に出演した際、今度はマリウスが体調不良で欠席していたのだ。その背景に、今回の緊急搬送があったとみられる。

     マリウスはこのところ心身に不安を抱えていたこともあり、通院を重ねていたという。

    「今回の緊急搬送は、その夜、体調がすぐれなかったため、処方された薬剤を服用したのですが、その量が多く、気分が悪くなったことによるものでした。搬送により大事には至らなかったようです」(マリウスを知る関係者)

     薬の服用後、意識が朦朧としてきたマリウスは、事務所スタッフに助けを求める連絡をしていた。

    「マリウスさんから連絡を受け駆けつけたスタッフが交差点でうずくまっていたマリウスさんを発見し、病院へ緊急搬送したんです。マリウスさんはメンバーにも連絡をしていたようで、菊池(風磨)さんも急いで病院に駆けつけた。スタッフと一緒に、菊池さんも心配で心配で朝方まで病院を離れられなかったそうです」(前出・マリウスを知る関係者)


     気持ち悪さを訴えていたマリウスは薬の過剰服用により意識状態が悪く、何度か嘔吐を繰り返したという。

    「一般的に薬物の過剰摂取では、まず薬物を体外に出すために鼻からチューブを入れて胃を洗浄するそうです。マリウスさんは、それを自力でやりました。尿として出すために点滴を打ち、さらに嘔吐を繰り返して、薬を体外に出したそうです」(前出・マリウスを知る関係者)

     病院には昼頃、地方から駆けつけた両親が到着し、マリウスと一緒に自宅に帰った。現在は自宅で療養中だという。彼はいま、改めて事務所スタッフやメンバー、家族の存在に感謝していることだろう。

    ※女性セブン2020年12月17日号

    【12月2日追記】同日夜、ジャニーズ事務所はマリウスが体調不良のため、一定期間芸能活動を休止すると発表した。



    【活動休止、Sexy Zone・マリウス葉 処方薬過剰服用で緊急搬送されていた #マリウス葉】の続きを読む


    柏木由紀、電車で「変な人」に遭遇 「全力疾走」で逃げた 


    柏木 由紀(かしわぎ ゆき、1991年7月15日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームBのメンバーである。NGT48チームNIIIおよびNMB48チームNの元兼任メンバー、ならびにAKB48の派生アイドルユニットであるフレンチ・キスの元メンバー。鹿児島県鹿児島市出身
    117キロバイト (13,142 語) - 2020年11月10日 (火) 07:47



    (出典 www.crank-in.net)


     AKB48の柏木由紀が29日に自身のYouTubeチャンネル「ゆきりんワールド」に新たな動画を配信し、電車の中で目撃したという怪しい男性のエピソードを紹介。ファンから「気を付けて」などの声が寄せられた。

     今回は、ネイルを塗りながら雑談するというプライベート色の強い企画をおこなった柏木。爪を磨き、オイルを塗って自身の服装に合うネイルを塗っていく。

     その間、自身にまつわる逸話を紹介した柏木。「プライベートでは結構、電車に乗るようにしてて」といい、基本的には座らず、ドアの脇に立つことが定着しているという。

     すると反対側に「メガネをかけた男の人が立ってた」という柏木は、その男性が普通ではない向きで立ち、違和感を抱いた様子。帽子を深くかぶった柏木は、バレないようにその男性を監視していると、携帯電話を腰のあたりで持つなど怪しさを感じたようだ。

     柏木は「人に危害を与えないパターンのちょっと変な人」とその男性の印象について説明し、「東京に出てきてからそんな人に初めて会った」とも。周囲の人が「危なくならないように」と思いながら駅に着き、電車を降りたという。
     ところが、「変な人だな」と改めて後ろを振り返った柏木は、ここで衝撃を受けた。「私の後ろから一緒に降りてきたの」と驚いたように口にし、「『ヤバイ! 終わった!』と思って私」とその時の心境を率直に語る。

     柏木の感覚では「絶対に駅に用事がある感じじゃない降り方」だったといい、「運動会ぐらい全力疾走した」とその場から必死で逃れたことを苦笑いで思い返していた。

     柏木は「みんなに気を付けてってことを言いたかった」とこのエピソードを話した意図について説明したが、ファンからは続々と心配の声が。

     コメント欄には「まじで気を付けた方が良いと思う」「由紀ちゃんほんとに気をつけてよ」などの声が寄せられ、なかには「それ柏木由紀だってわかって盗撮してるよね」と盗撮を疑うコメントも見られている。


    【柏木由紀、電車で「変な人」に遭遇 「全力疾走」で逃げた #柏木由紀】の続きを読む


    SKE白井友紀乃が卒業「体調が崩れがちなことが」#SKE白井友紀乃


    SKE48(エスケーイーフォーティーエイト)は、日本の女性アイドルグループ。専用劇場を名古屋市・栄に有し、ここを拠点として中京圏を中心に活動している。秋元康が総合プロデュースを手掛けるAKB48グループの1つで、2008年に誕生した。運営会社および所属事務所はKeyHolder傘下のゼスト、所属レーベルはavex
    475キロバイト (53,103 語) - 2020年11月30日 (月) 15:34



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    SKE48白井友紀乃(20)が30日、SHOWROOMの配信でグループからの卒業を発表した。

    公式ホームページでも卒業を報告。白井は「少し前から体調が崩れがちなことが多く、しばらくの間活動を休憩させていただき、治療に専念させていただいていました。その間、みなさんを不安にさせてしまったり、悲しい思いをさせてしまい本当に申し訳ありませんでした。(中略)温かいメッセージを毎日たくさんくださったみなさんのおかげで、声が出るようになったり、体調も徐々に回復することができました。感謝がしきれませんし、わたしは本当にみなさんに救われました」。12月に開催の「お話し会」には参加予定といい「その時にお礼を言わせてください」とした。

    最終活動日は12月31日になるという。白井は「短い間でしたが、本当に本当にありがとうございました。SKE48に入れて、チームK2に入れて、たくさんの経験をしました。まだまだ足りないかもしれないけれど、わたしにとって約2年間、本当に毎日毎日充実して濃い2年間でした。おこがましいかもしれませんが、誰かの日々の癒やしや希望に少しでもなれてたらうれしいです」とつづった。

    白井は18年末にSKE48の9期生としてお披露目され、今年2月に正規メンバーに昇格。妹の琴望(ことの=17)も15年からSKE48に所属していた(今年7月卒業)。

    【SKE白井友紀乃が卒業「体調が崩れがちなことが」#SKE白井友紀乃】の続きを読む


    AKB48ユニット3組ようやくお披露目ライブ


    AKB48(エーケービー フォーティーエイト)は、日本の女性アイドルグループ。 秋元康のプロデュースにより、2005年12月8日に東京・秋葉原を拠点として活動を開始した。運営会社および所属事務所はDHで、所属レーベルはYou, Be Cool!/キングレコード。 子記事 以下は子記事で解説。 歴史
    275キロバイト (26,452 語) - 2020年11月28日 (土) 15:40



    (出典 yukirinfan.com)


    AKB48内のユニット3組が28日、29日の両日、東京・秋葉原のAKB48劇場で“お披露目ライブ”を行った。

    グループ内のメンバーによる8組のユニットが結成され、2月にお披露目ライブ「2020AKB48新ユニット!新体感ライブ祭り♪」(東京・渋谷ストリームホール)が行われていたが、コロナ禍で残り3組がお披露目できず。その振替公演が、今回開催された。

    28日に登場したのは、バンドユニット「Lacet(レセ)」。ボーカル&ギターの向井地美音(22)、ベースの行天優莉奈(21)、キーボードの高橋彩音(22)、バイオリンの高岡薫(20)、ギターの齋藤陽菜(16)、ドラムの吉橋柚花(20)の6人組。「ヘビーローテーション」など6人での披露に加え、高橋がピアノで「ポニーテールとシュシュ」などを披露したほか、高岡はバイオリンで「情熱大陸のテーマ」、齋藤はアコースティックギターで「初日」を弾き語りで披露するなど、個性も生かした。向井地は「人生でガールズバンドを組むのが夢でした。それもAKB48でできたことが幸せでした。セカンドライブができるように頑張ります!」と話した。

    29日には、2組が登場した。昼公演に登場したのは、セクシー&クールをテーマにした「SENSUALITY(センシュアリティ)」。宮崎美穂(27)加藤玲奈(23)篠崎彩奈(24)茂木忍(23)込山榛香(22)左伴彩佳(22)の6人組で、「点滅フェロモン」、「従順なslave」など大人の雰囲気を漂わせる楽曲を連続で披露し、宮崎も「お昼から刺激的じゃないですか?」。茂木も「皆さんがマスクの中でにやけてしまうようなセクシーな公演にしたいです」と話すなど、それぞれソロでのパフォーマンスも披露し、ファンを魅了した。

    夜公演に登場したのは、柏木由紀(29)大森美優(22)佐々木優佳里(25)武藤十夢(26)吉川七瀬(22)馬嘉伶(23)による「GRATS(グラッツ)」。ゲーム好きなメンバーによって結成されたユニットで、楽曲披露の合間にも、ゲームを取り入れた。サイコロを使った風船爆弾ゲームや、ダンスバトルゲーム機「pop’n music peace」では、2チームに分かれて真剣勝負を繰り広げた。柏木は「個人的には、ファンの皆さんの前でのライブが8カ月ぶりなのでめちゃくちゃ緊張しました。ゲームもいっぱいやって、みなさんの前で公演ができて良かったです」と話した。

    【AKB48ユニット3組ようやくお披露目ライブ】の続きを読む


    E-girls デビュー日12・28にラストライブ「力を出し切りたい」


    E-girls(イー・ガールズ)は、日本のダンス&ボーカルグループ。LDH JAPAN所属。レーベルはrhythm zone。 2011年 4月24日、イベント『E-Girls SHOW』を開催。LDHに所属する3つの女性グループ、Dream、Happiness、Flowerを中心に構成されるプロジェクトとして始動。
    44キロバイト (3,661 語) - 2020年11月28日 (土) 19:33



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    今年いっぱいで解散するE-girlsが、デビュー記念日の12月28日に配信でラストライブを開催することが決定した。同公演はABEMAで独占生配信が行われる。

    【写真】ラストライブと同日発売 ベストアルバム『E-girls』

     E-girlsは2011年12月28日、シングル「Celebration!」でデビュー。「Follow Me」「ごめんなさいのKissing You」など数々のヒット曲を生み出してきたが、デビュー日に9年間の活動の集大成となるラストライブを行うことが決まった。

     リーダーの佐藤晴美は「E-girlsとして最後のステージでは、ファンの皆さんへ感謝の気持ちを込めて精一杯パフォーマンスし、力を出し切りたいと思います! 皆さんと一緒にライブを楽しみたいので、11人の最後のパフォーマンスを見守っていただけたら嬉しいです!」と呼びかけている。

     ABEMAは12月28日午後8時から『アベマLDH祭り「LIVE×ONLINE」E-girls』を独占生配信。ライブ直前の午後6時からは、ラストライブまでの活動に密着したドキュメンタリー番組『LAST E-girls〜ありがとう、新たな道へ。〜』も配信する。

     ライブが行われる12月28日にはベストアルバム『E-girls』のリリースも決定。11人体制での初シングル「Love ☆ Queen」以降、「So many stars」まで全てのオリジナル楽曲に新曲「eleven」を加え、2枚組全29曲が収録される。

    ■佐藤晴美コメント
    E-girlsで活動してきた約9年の日々が、12月28日の『LIVE×ONLINE』にギュッと詰めこまれています。E-girlsとして最後のステージでは、ファンの皆さんへ感謝の気持ちを込めて精一杯パフォーマンスし、力を出し切りたいと思います!
    皆さんと一緒にライブを楽しみたいので、11人の最後のパフォーマンスを見守っていただけたら嬉しいです!

    【E-girls デビュー日12・28にラストライブ「力を出し切りたい」#E-girls】の続きを読む

    このページのトップヘ