アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:TV > バラエティー


    「チコちゃん」出演の鬼マナー講師が炎上 スタッフ泣き出し「あんたが下品」「気分悪い」


    「チコちゃん」出演の鬼マナー講師が炎上 スタッフ泣き出し「あんたが下品」「気分悪い」
     21日放送のNHK「チコちゃんに叱られる!」に鬼マナー講師の平林都さんが出演。厳しい指導に、スタッフが泣き出す事態となり、ツイッター上では「マナー…
    (出典:デイリースポーツ)


    平林 (ひらばやし みやこ、1961年5月14日[要出典] - )は、日本のマナー講師。エレガントマナースクール代表取締役。本名は、大前 。兵庫県神戸市在住。 鳥取県八頭郡若桜町出身[要出典]。高校卒業後、兵庫県の[要出典]信用金庫に就職。その間、茶華道や着物着付けを学び、27歳で接遇マナーを
    5キロバイト (597 語) - 2022年5月21日 (土) 12:01


     21日放送のNHK「チコちゃんに叱られる!」に鬼マナー講師の平林都さんが出演。厳しい指導に、スタッフが泣き出す事態となり、ツイッター上では「マナー講師」がトレンド入りした。

    番組では「フォークの歯が4本なのは、スパゲティを上手に食べるため」という説を立証するため、歯が2~5本のフォークを用意。スタッフがそれぞれのフォークでスパゲティを食べ、どれが一番マナー的によく食べられるかの実験をした。

     講師で登場した平林氏は、女性スタッフの塩山さんと初めて対面していきなり「すごい仏頂面で。コミュニケーションの第一歩は相手を見ること。下を見ずに私を見ていただけたら」と注意した。塩山さんが「はい…」とおじぎすると「下を見るな!言うてるやろ!」と一喝。思わず、顔をしかめる塩山さんに「泣くな!ええ年して。何べん言うても下見るな、あんた」と追い打ちをかけた。

     この仕打ちにスタジオのナインティナイン岡村隆史は「もう辞めてしまうやろ」と塩山さんに同情した。それでも続く鬼指導。塩山さんが「いただきます」と言うと「人と一緒にいるときは『頂戴いたします』やろ!」と怒られた。

     4本歯以外では上手に食べられず、「下品」とののしられながら、4本歯ではきれいにスパゲティを取ることができた塩山さん。平林さんも「上品です。しっかりとレディになられた」と褒めて大団円となった。

     それでも、ネットはネガティブに反応。「下品とか嫌な口調で言ってるあなたが一番上品じゃない」「あんたが一番下品」「スタッフさん泣いちゃったじゃん。それを笑いとして捉える番組はどうかと思う」「いただきますでいいじゃん」「大変気分悪くなりチャンネル変えた」「あれはパワハラ」という声が上がった。平林さんは民放では“鬼キャラ”でおなじみだが、NHKに出演したことに抵抗感を覚える声も多かった。

     同番組は、スタジオゲストが知識のないことを5歳児のチコちゃんに「ボーッと生きてんじゃねーよ」と叱られるのが人気。しかし、鬼マナー講師から叱られた様子に、ボーッとは生きることはできなかったようだ。

    【「チコちゃん」出演の鬼マナー講師が炎上 スタッフ泣き出し「あんたが下品」「気分悪い」 #チコちゃんに叱られる!  #平林都 #マナー講師】の続きを読む


    ひろゆき氏、完全論破されネット騒然!論破対決で呂布カルマが勝利「半端ない」「頭の回転率すごい」


    ひろゆき氏、完全論破されネット騒然!論破対決で呂布カルマが勝利「半端ない」「頭の回転率すごい」
     「2ちゃんねる」開設者のひろゆきこと西村博之氏が10日に配信開始されたAbemaTVの番組「マッドマックスTV論破王」(火曜・午後9時)に出演。“…
    (出典:スポーツ報知)


    呂布000カルマ(りょふセンカルマ、欧文:Ryoff Karma、1983年1月7日 - )は、愛知県名古屋市在住のラッパー 身長177cm、体重62kg。フリースタイルダンジョンの2代目・3代目モンスター。別名義として、呂布カルマ、2016年にやんぐたかじんという名前でMCバトルに出場していたことがある。
    21キロバイト (1,032 語) - 2022年5月13日 (金) 06:20


    「2ちゃんねる」開設者のひろゆきこと西村博之氏が10日に配信開始されたAbemaTVの番組「マッドマックスTV論破王」(火曜・午後9時)に出演。“論破対決”で敗北し、ネット上で話題となっている。

     同番組は、ニューヨークとさらば青春の光森田の3人トリオがMCで、ひろゆき氏はこれまでにも多数の“ガチンコディベート対決”を行い勝利してきた。

     今回、対戦した相手は人気ラッパーの呂布カルマ。呂布は即興でラップバトルをする「フリースタイルダンジョン」の2、3代目モンスター(王者)で、その知識量や巧みな切り返しで圧倒的な人気を集めている。あまりの強さに、「ヒップホップ界のひろゆき」と「揶揄」されていると明かした。「本家超えできるよう頑張ろう」と意気込みを語っていた。

     今回の対戦に呂布は「今までのチャレンジャーが弱すぎるだけで普通にやったら勝てる」「音の上でいんを踏みながらやらなければならないという制約の下やってるんですけど、それがない状態なのでよりやりやすい」と対戦前から自信あり気。2人は「強面は得するか、損するか」というテーマで対戦。呂布は「得する」の立場で「顔の第一印象はセキュリティ」と持論を展開。強面であることで緊張感を与えるのは、「警戒心を与えるので損」と述べるひろゆきに対し、話してみていい人であった場合のギャップで好印象が強まるなどの持論で対抗。3対1で見事に勝利した。

     第2ラウンドでは、「ラッパーに倫理観を求めるのはアリかナシか」というテーマで対戦。「本心はナシ」という呂布だが、ディベート対決では「アリ」の立場で対戦し、ひろゆき氏と迫力たっぷりな論戦を交えた。

     ”最強論破王“として活躍してきたひろゆき氏が論破されたことで、ネット上では「めちゃめちゃカッコよかったです!フリースタイルが強いのは、ブレない理論と考えがある上という事を再確認しました。そしてひろゆきさんの反論にも一切動じない鋼鉄の心臓最高です」「半端ない面白さです!」「論破!めっちゃ強え」「現役最強ラッパーの頭の回転率すごいな」と話題となった。


    報知新聞社

    【ひろゆき氏、完全論破されネット騒然!論破対決で呂布カルマが勝利「半端ない」「頭の回転率すごい」 #呂布カルマ  #ひろゆき #マッドマックスTV論破王】の続きを読む


    田中卓志MC新番組が“『めちゃイケ』そっくり”でフジテレビ「守りの姿勢」への苦言


    田中卓志MC新番組が“『めちゃイケ』そっくり”でフジテレビ「守りの姿勢」への苦言
     4月24日、アンガールズの田中卓志がゴールデン帯で初のMCを務める『呼び出し先生タナカ』(フジテレビ系)がスタートした。初回は3時間スペシャルで、…
    (出典:NEWSポストセブン)


    田中 卓志(たなか たくし、1976年(昭和51年)2月8日 - )は、日本のお笑いタレント、お笑いコンビ アンガールズのツッコミ(まれにボケ)担当。広島県甲奴郡上下町(現・府中市)出身。ワタナベエンターテインメント所属。身長188cm、体重62kg、血液型はB型。
    52キロバイト (7,079 語) - 2022年4月24日 (日) 16:53


    4月24日、アンガールズの田中卓志がゴールデン帯で初のMCを務める『呼び出し先生タナカ』(フジテレビ系)がスタートした。初回は3時間スペシャルで、国語、数学、理科、社会、英語の5科目、美術と体育の実技テストをおこない、『ふぉ~ゆ~』の辰巳雄大やトラウデン直美、村重杏奈などの若手から、三田寛子や野々村真というベテランまで、15名が生徒として出演。田中が担任、シソンヌの長谷川忍が副担任としてテストの講評をしていった。古参のテレビ局関係者は「驚きましたね」と語る。

    「『めちゃ2イケてるッ!』の期末テストとフォーマットが同じです。これなら、『めちゃイケ』復活スペシャルをしたほうが視聴率は取れたのではないでしょうか」

     両番組の酷似性はSNSでも話題になり、放送中に『呼び出し先生タナカ』『めちゃイケ』がツイッターのトレンドワードになった。

    「自局の番組を真似しているからセーフとか、番組の総合演出が『めちゃイケ』でディレクターをしていた局員だから構わない、とかの問題ではない。『呼び出し先生タナカ』は4月改編のフジテレビの目玉なわけですよね。その1回目の3時間スペシャルで、視聴者が見た瞬間に別の番組との酷似を想起する内容を放送している。テレビマンとしてのプライドがないのかなと思いました」(同前)

     フジテレビは『楽しくなければテレビじゃない』をキャッチフレーズに1982年から1993年まで全日帯、ゴールデン帯、プライム帯の“視聴率三冠王”を獲得。1994年以降は日本テレビにその座を明け渡したが、大学生の『就職したい企業ランキング』で1位になるなどブランドイメージは高いままだった。2004年から2010年まで再び“視聴率三冠王”となった。しかし、翌年から低迷が始まり、現在の状態も全盛期の勢いにはほど遠い。

    「今の総合演出やプロデューサーは良い頃のフジテレビに憧れて入社した人たちが大半を占めています。しかし、その“憧れのフジテレビ”を作ったメンバーはもっと泥臭かったし、オリジナリティにこだわった。古き良きフジの代表的な番組である『笑っていいとも!』は当時、昼番組に似つかわしくないと言われたタモリを司会に起用し、レギュラー陣も当初はピンク映画を中心に撮っていた山本晋也監督などサブカル系の文化人も多数いた。いわば、何もないゼロからイチを生み出そうとしていた。ビートたけしや明石家さんまの『オレたちひょうきん族』だって、当時無敵で視聴率30%前後を稼いでいた『8時だョ!全員集合』の裏番組として、ドリフターズとは違う新しい笑いに挑戦していった」(同前)

    今改編テーマが「目、新しい。」の皮肉
     皮肉にも、フジテレビは3月7日の記者会見で今改編のテーマを『目、新しい。』と発表していた。放送記者が話す。

    「昔だって、酷似した内容をオンエアすることはありましたし、ヒット番組に追随するのは業界の常です。ただ、過去の自局の人気コンテンツにここまであからさまに頼るのは、そんなにないと思いますよ。なぜなら、時代が変われば、ヒットの法則も変わっていきますからね。古くは『平成教育委員会』も似たようなコンセプトですし、学力テストは普遍的な要素があると判断したんでしょうけど……。

     そういえば、昨年8月の特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』では、松本人志さんが内村光良さんに電話をして話題になりましたね。あのコーナー名は『直電!生ブッキング 明日来てくれませんか?』でしたけど、元を辿れば『いいとも』の『テレフォンショッキング』ですよね。『呼び出し先生タナカ』にしても『ラフ&ミュージック』にしても、大事な番組で確実に視聴率を取りたい気持ちはわかります。しかし、その守りの姿勢は目先の数字にはつながっても、長い目で見た時には低迷を抜け出せない遠因になると思います」

     4月改編の会見で、フジの編成部長は『呼び出し先生タナカ』について、「企画やコンセプトがはっきりしていて、自信を持って送り出せる」と語っていた。

    「良く考えれば、何を言われようと、数字を取りに行くという姿勢が見られる。長寿番組の『めちゃイケ』に似ていれば、それだけ視聴者には馴染みがあるから、ある程度の視聴者は確保できると考えていると思います。ただ、“置きに行く姿勢”“守りの姿勢”は往年のフジテレビらしくない」(同前)

     どんなやり方であれ、『呼び出し先生タナカ』が話題を呼んだことに間違いはない。過去の番組に酷似していると指摘される中、今後、“目新しさ”をどう出していくのか。

    【田中卓志MC新番組が“『めちゃイケ』そっくり”でフジテレビ「守りの姿勢」への苦言 #田中卓志 #呼び出し先生タナカ】の続きを読む


    「ラヴィット!」1周年SPが放送 非レギュラー“はみ出し芸人”集結で不平不満を爆発


    ラヴィット!』は、TBS系列(JNN)で2021年(令和3年)3月29日から毎週月曜 - 金曜8:00 - 9:55(JST)に生放送されている帯番組・情報バラエティ番組である。 2019年(令和元年)9月30日から1年半にわたって放送されたワイドショー『グッとラック
    241キロバイト (34,993 語) - 2022年3月31日 (木) 23:43


    TBS朝の人気番組「ラヴィット!」(毎週月~金曜、午前8時)の特別番組「はみ出しラヴィット!SP」が4月3日の午後1時から放送されることが分かった。曜日レギュラーではない、“はみ出し芸人”たちが集結し、日頃の不平不満をぶちまける。

     お笑いコンビ「麒麟」川島明と田村真子アナウンサーがMCを務める同番組は、29日で放送1周年を迎える。これを記念して、4月3日に「はみ出しラヴィット!SP」の放送が決定した。

     同SPでは、MCの川島、田村アナに加えて、水曜レギュラーの見取り図と、ゲストとして放送を盛り上げてきた相席スタート、アルコ&ピースの平子祐希、さらば青春の光・森田哲矢、なすなかにし、マヂカルラブリーら“はみ出し芸人”たちが集結。1年間の放送を振り返りながら、日頃から溜まった不平不満をぶちまける。

     さらに、普段の放送では絶対にできない「やってみたいラヴィット!ランキング」や、新年会でも好評だった「クイズ!そのとき川島はなんと言った!?」、「プレゼントキーワード大喜利」など、ここだけの特別企画を披露する。

    ENCOUNT編集部

    【「ラヴィット!」1周年SPが放送 非レギュラー“はみ出し芸人”集結で不平不満を爆発 #はみ出しラヴィット!SP】の続きを読む


    日テレ、出演者の差別発言で謝罪 アフリカ一部民族への蔑称使用、深夜の生放送番組で


    日テレ、出演者の差別発言で謝罪 アフリカ一部民族への蔑称使用、深夜の生放送番組で
     日本テレビは、2022年3月21日深夜の生放送番組「午前0時の森」で、出演者が差別表現を使用したとして、番組公式サイトで謝罪した。  掲載された謝…
    (出典:J-CASTニュース)


    午前0時の森』(ごぜん0じのもり)は、日本テレビ系列で2022年(令和4年)4月11日から月曜日及び火曜日の『プラチナイト』枠で放送予定の生放送のバラエティ番組。 本番組は、午前0時に生放送されるその日のMC1組と、どんなリクエストも受け止めるスーパーアシスタント2人が、挑戦的企画を繰り広げる超実験的生バラエティ番組である。
    9キロバイト (883 語) - 2022年3月24日 (木) 06:13


    日本テレビは、2022年3月21日深夜の生放送番組「午前0時の森」で、出演者が差別表現を使用したとして、番組公式サイトで謝罪した。

    掲載された謝罪文によれば、出演者が口にしたのは「『ホッテントット』というアフリカの一部の地域の方々への差別表現」。そのほか、女性の身体的特徴に関する発言や、性的な発言もあったという。

    ■「アフリカの一部の地域の方々への差別表現を使いました」

     「午前0時の森」は、日本テレビ系列で2022年4月11日から毎週月曜日・火曜日に放送開始予定の生放送トークバラエティ。21日深夜には、レギュラー放送に先立ってパイロット版が生放送された。

     初回には、特別MCとして元プロレスラーの前田日明さんらが出演した。この放送中、出演した女性の身体的特徴を揶揄するような発言などがあったとして、視聴者から問題視する声が上がっていた。

     番組公式サイトで24日までに公開された謝罪文は、以下の通りだ。

    「女性の身体的特徴に関する発言、性的な発言などにより、視聴者の皆様に不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます。その際に、出演者が『ホッテントット』というアフリカの一部の地域の方々への差別表現を使いました。関係者の皆様、視聴者の皆様に重ねてお詫び申し上げます」

     番組中に発言があった「ホッテントット」は、アフリカのコイコイ人への蔑称とされる。共同通信社が刊行する新聞用字用語集「記者ハンドブック」(14版)でも、「差別語・不快用語」にあたるとして、言い換えが指示されている。

     日本テレビでは、21年8月にも朝の情報番組「スッキリ」でアイヌ民族に対する差別的な表現があったとして謝罪している。

    【日テレ、出演者の差別発言で謝罪 アフリカ一部民族への蔑称使用、深夜の生放送番組で #午前0時の森】の続きを読む

    このページのトップヘ