アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:TV > ドラマ


    上白石萌音、宮崎美子と親子役 『ボス恋』本当の家族のようなキャスト解禁


    上白石 萌音(かみしらいし もね、1998年1月27日 - )は、日本の女優、歌手。本名同じ。 鹿児島県鹿児島市出身。所属事務所は東宝芸能。所属レーベルはユニバーサルJ。妹は女優の上白石萌歌。 子供の頃から歌ったり踊ったりすることが好きで母の勧めで小学校1年生の頃より鹿児島市内のミュージカルスクール
    128キロバイト (17,604 語) - 2020年12月17日 (木) 05:22



    (出典 pbs.twimg.com)


    2021年1月期の火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』より、主演・上白石萌音が演じる奈未の家族である“鈴木家”のキャストが解禁となった。
    『ボス恋』とは

    本作は、ファッション雑誌編集部を舞台に、主人公がドSな鬼編集長や運命的な出会いをする子犬系男子に振り回されながらも、恋と仕事に懸命に立ち向かい成長していく胸キュン♡お仕事&ラブコメディ。鬼編集長役には菜々緒、子犬系イケメン御曹司のカメラマン役で玉森裕太、クールな先輩編集者役で間宮祥太朗が出演する。

    解禁された“鈴木家”キャスト

    今回、上白石演じる奈未の家族である“鈴木家”のキャストが決定した。奈未の超安定志向に大きな影響を与えた「普通が一番たい」が口癖の母・真未(まみ)役は、ドラマや映画は勿論、インテリ女優としてクイズ番組やバラエティ番組でも活躍する宮崎美子。上白石とは初のドラマ共演にして親子役を演じる。また父・義郎(よしろう)役には、舞台や映画、ドラマで幅広い役柄をこなす名俳優・橋爪淳が決定。義郎は書店を営みながらも小説家になる夢を諦められず、家族に苦労をかけ続けているという役どころ。そして、奈未とは正反対のタイプで今ドキな女子高生の妹・多未(たみ)を、ティーンのカリスマとして2020年に大躍進を見せた山之内すずが演じる。
    今作がGP帯連続ドラマ初出演となる山之内。バラエティ番組とはまた一味違った表情、そしてフレッシュな演技にも注目だ。


    4人が食卓を囲むシーンの撮影では、早くも息の合ったテンポのよいやり取りで、まるで本物のファミリーのような雰囲気。仲良し家族の息の合った掛け合いにも期待しよう。

    コメント

    <宮崎美子>

    上白石萌音さんとは以前から「似てる似てる」と言われていて、一度共演してみたいと思っていましたが、今回本当に親子役をさせていただきます。どうでしょうか? 似てますか? ぜひご確認いただきたいです。(上白石演じる奈未の)実家の舞台は熊本なのですが、萌音さんも九州の方で、妹役の山之内すずさんも九州の血が入っているらしく。何となく皆似てる? と、お父さん(橋爪淳)も交えて、家族シーンは最初から良い空気感でした。奈未は一生懸命な子なので、東京に行ってどうなるのか? お仕事も恋も心配ですが、明るく楽天的な部分もあるので、なんとかなるのかな? 普通が一番、堅実な人と一緒になるのが良いと、幼き頃から叩き込んできたので、大丈夫でしょうかね。とにかく、娘の頑張りを遠く熊本から見守っていますので、皆様もぜひ一緒に見守ってください。応援よろしくお願いいたします。

    <橋爪 淳>

    橋爪淳です。この度、『大恋愛』『恋つづ』に引き続き、この『ボス恋』に出演させていただくことになりました。娘役の萌音ちゃんが中学生のころ、ミュージカル「王様と私」の旅公演でご一緒していたので、成長した萌音ちゃんを見る度に本当にうれしくて仕方ありません。なので、父になるには時間はかかりませんでした。私は小説家を夢見る書店の店主、いつか最高の小説を書きあげて有名な書店に平積みされることを夢見ています。「どんな小説を書いているんですか?」を宮崎美子さんに聞かれ「官能小説です」と答えたら笑われました。とにかく最高に楽しいドラマです。ぜひご覧になってください。


    <山之内すず>

    萌音さんの妹役という素敵な役をいただけてすごくうれしいです。『恋つづ』をめちゃくちゃ見ていたので不安もあったのですが、初めてのGP帯ドラマに出演させていただくので、精一杯頑張ろうと思っています。「鈴木家」は自分が思う理想の家族だなと思いました。初めての撮影なのに、本当の家族のように安心感がありました。すごくドキドキしながら現場に向かったので、温かく迎え入れていただけて、本当にうれしかったです。萌音さんは愛らしくて可愛らしい方だなと思いました。身長差も含めて、妹さん(上白石萌歌)に似ていると言われてとてもうれしかったです。このような素敵な作品に携わらせていただけるということで、しっかりと奈未の妹、多未になれるように頑張っていきたいと思いますし、この作品は恋愛の部分や、姉妹の関係や、家族の温かさもポイントだと思いますので、そこを大事に、作品にちゃんと入り込めるように頑張っていきたいなと思っています。

    <プロデューサー・松本明子、編成・宮﨑真佐子>

    とても可愛くて素敵な鈴木家になりました! 食卓での掛け合いはまるで本当の家族のようで、見ていてほっこりするシーンになっています。幼い頃から奈未に“普通が一番”と言い聞かせたお母さん、小説家になる夢をいつまでも追いかけ続けているお父さん、思ったことをすぐ口に出してしまう現代っ子の妹が“奈未の変化”によってどう変わっていくのかにもご注目ください! 仕事と恋、そして家族愛もあふれる“ボス恋”をお楽しみに!

    ■火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』
    2021年1月スタート
    毎週火曜よる10:00~10:57

    (C)TBS



    【上白石萌音、宮崎美子と親子役 『ボス恋』本当の家族のようなキャスト解禁 #上白石萌音】の続きを読む


    『危険なビーナス』最終話 “伯朗”妻夫木聡、犯人と直接対決 全ての謎が明らかに 


    危険なビーナス』(きけんなビーナス)は、東野圭吾による日本のミステリー小説。2016年8月26日に講談社から刊行されたのち、2019年8月9日に文庫化された。正義感が強く、美女に弱い獣医師が異父弟の失踪をきっかけに妻を名乗る女性に翻弄されながらも、名家の遺産を巡る謎に挑んでいくさまを描く。
    26キロバイト (2,545 語) - 2020年12月13日 (日) 00:12



    (出典 biz-journal.jp)


    妻夫木聡が主演を務め、吉高由里子が共演する日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系/毎週日曜21時)第10話が今夜放送。最終回となる第10話では、伯朗(妻夫木聡)が明人(染谷将太)を救うため犯人と直接対決。すべての謎が明かされる。
    当主・康治(栗原英雄)が亡くなり、明人も戻らない。矢神家の親族会で、遺産は康之介(栗田芳宏)の子たちに均等に分配されることになった。しかし、楓(吉高由里子)は後天性サヴァン症候群の研究記録さえ見つかれば明人を救い出せると波恵(戸田恵子)に訴え、勇磨(ディーン・フジオカ)も楓に味方する。

     その時、行方をくらましていた牧雄(池内万作)が突然現れ、それをきっかけに一族で醜い言い争いが勃発する。見かねた波恵が康之介に関するある重大な事実を語り、「矢神家は康治の代で終わりにします」と言い放つ。

     そんな中、「母から譲り受けた貴重なものを渡さなければ明人を殺す」という犯人からのメールが届いたと親族の前で告白した伯朗は、「明人は必ず僕が救い出します!」と宣言し、矢神家を後にする。

     犯人との直接対決を迎える伯朗は、“貴重なもの”を探し出し明人を救うことができるのか? 犯人は一体誰なのか? 母の死の真相とは? そして、楓は本当に明人の妻なのか?

     全ての謎が明かされ、ラストには驚愕の結末が待ち受ける…。

     日曜劇場『危険なビーナス』第10話(最終回)は、TBS系にて12月13日21時放送。

    【『危険なビーナス』最終話 “伯朗”妻夫木聡、犯人と直接対決 全ての謎が明らかに #危険なビーナス】の続きを読む


    『逃げ恥』SP、来年1・2放送 ポスタービジュアルでは新垣結衣&星野源が“親”に 


    新垣 結衣(あらがき ゆい、1988年〈昭和63年〉6月11日 - )は、日本の女優、歌手、ファッションモデル。主な愛称はガッキー。沖縄県出身。レプロエンタテインメント所属。 大里中学在学中の 2001年、女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』(新潮社)の読者であった姉に「私は(年齢的に)もうで
    61キロバイト (7,222 語) - 2020年11月14日 (土) 01:46



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)


    女優の新垣結衣と俳優の星野源が出演する、TBS系新春スペシャルドラマ『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』の放送日時が、来年1月2日の午後9時から11時25分まで2時間25分にわたることが決定した。2016年10月に放送され人気を博したテレビドラマの続編となる今作。このほど放送日の発表に加えて、新春スペシャルのために撮り下ろしたポスタービジュアルも解禁となった。
    『逃げるは恥だが役に立つ』は海野つなみ氏によるコミックを実写化。「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくり(新垣)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野)と「仕事」として契約結婚。「夫=雇用主」、「妻=従業員」の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、妄想女子とウブ男は徐々にお互いを意識しだす・・・というラブコメディだ

     今回のポスタービジュアルは、連ドラ時のデザインを踏襲したうえで、新春スペシャルのストーリーの内容に一新し、細かいキーワードにもこだわって作成。中心には新垣演じるみくりと星野演じる平匡、そして2人の子どもが・・・。“結婚”を決めてから母となり父となった2人に起こる様々な人生の転機をどう乗り越えていくのか。そして、そんな2人の生き方だけでなく、“多様性”を大切に描いていく『逃げ恥』ならではのストーリーに注目だ。

     新作では、原作の10巻と11巻をもとに、契約結婚から生まれた恋を経て、みくりと平匡がついに本当の“結婚”を決めた連続ドラマのその後を描く。みくりと平匡は次々と起きる人生の転機や、どうにもならない困難に立ち向かい奮闘。甘いだけではないリアルな結婚生活に悩んだり、苦しんだりしながらも、明るく2人らしく乗り越えていく様を描く。

     さらにみくりの叔母・百合ちゃん(石田ゆり子)や風見(大谷亮平)、沼田(古田新太)など連ドラからの登場人物に加え、新春スペシャルでは個性豊かな新キャラクターも登場。それぞれの苦悩や葛藤を、ときには自分の力で立ち上がり、ときには手を取り合って解決し物語を盛り上げる。こんな時だからこそ、「ガンバレ人類!」と見ている人を勇気づける、新年のはじまりにふさわしい作品となっている。


    ■あらすじ
    家庭という仕事場の「共同経営者」である森山みくりと津崎平匡。共働きとなり、2人に最適な家事の分担も出来て、平和で幸せな日々を過ごしていた。
    女子社員の「出産の順番待ち」、みくりの会社ではそんな話題も出ていた。そんな中、みくりの妊娠が発覚。2人はついに正式に結婚をすることになるが、入籍をめぐってひと悶着が。さらに、つわりで苦しむみくりを前に混乱する平匡は、「泣きたいのはこっち」と弱音を吐く始末。大切なプロジェクトを前に育休を取ることを決める平匡だったが、そんな窮地を支えてくれたのは昔の同僚である沼田たちだった――。
    家事の役割分担など暮らしの再構築を目指すが、出産、育児と慣れない出来事の連続に翻弄されていくみくりと平匡。一方、百合ちゃんも人生の大きな転機を迎えていた・・・。そして、“ある出来事”がみくりと平匡の間を引き裂き、離ればなれの日々を過ごすことに・・・。2人は再び“ハグの日”を取り戻すことは出来るのか――。

    【『逃げ恥』SP、来年1・2放送 ポスタービジュアルでは新垣結衣&星野源が“親”に #逃げ恥#新垣結衣】の続きを読む


    さんま連ドラ初プロデュース「Jimmy」に佐藤浩市、池脇千鶴、生瀬勝久ら実力派参戦!


    2018年にはジミー大西の半生をドラマ化した『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』をNETFLIXでプロデュース。これまで構成や企画としての番組参加はあるが、プロデューサーとしての番組制作に携わるのは初めてだった。当初は小出恵介がさんま役を演じ、前年に実際にクランクアップまでされて
    141キロバイト (19,967 語) - 2020年10月18日 (日) 11:57



    (出典 eiga.k-img.com)


    [映画.com ニュース] 明石家さんまが初めて連続ドラマを企画・プロデュースし、中尾明慶と小出恵介が主演する「Jimmy アホみたいなホンマの話」の全キャストが発表され、佐藤浩市、池脇千鶴、生瀬勝久、手塚理美、温水洋一ら実力派俳優の出演が明らかになった。

    本作は、今夏に全世界190カ国で全9話一挙配信が決まったNetflixオリジナルドラマ。1980年代の大阪を舞台に、子どもの頃から何をやっても大失敗ばかりの駆け出し芸人・ジミー大西と、当時人気絶頂だった明石家さんまの15年に渡る交流を、嘘のようで本当に起こった爆笑エピソードの数々を交えて描く。中尾はジミー、小出はさんまを演じている。

    発表されたキャストの役どころは、さんまや多くのタレントと数々の名番組をつくり上げたテレビ局プロデューサー・三宅恵介役を佐藤、さんまと「男女7人夏物語」で共演し後に結婚する女優・大竹しのぶを池脇が演じる。また、生瀬が、野球部に所属していた大西を吉本興業に入れるために尽力した高校教師役、手塚が定食屋のおかみさん役、大西が運び込まれる病院の医師役を温水が扮する。

    オファーを受けた佐藤は「さんまさんが企画プロデュースと聞き及び駆け付けたら、今回はこれでと封筒を渡されたので、無礼者!!と投げ返しました」と嘘か真かわからないユニークなコメントを寄せている。

    また、すでに発表済みの尾上寛之、六角慎司、宇野祥平、中村靖日、八十田勇一、木南晴夏、中村育二、濱田マリらに加え、山崎銀之丞、徳永えり、楊原京子、金井勇太、山西惇、丸山智己が出演していることもわかった。

    「Jimmy アホみたいなホンマの話」は、今夏にNetflixで配信開始。

    【さんま連ドラ初プロデュース「Jimmy」に佐藤浩市、池脇千鶴、生瀬勝久ら実力派参戦!】の続きを読む


    危険なビーナス:“楓”吉高由里子に視聴者「怖すぎ!」「怪しすぎる…」#危険なビーナス


    危険なビーナス』(きけんなビーナス)は、東野圭吾による日本のミステリー小説。2016年8月26日に講談社から刊行されたのち、2019年8月9日に文庫化された。正義感が強く、美女に弱い獣医師が異父弟の失踪をきっかけに妻を名乗る女性に翻弄されながらも、名家の遺産を巡る謎に挑んでいくさまを描く。
    21キロバイト (1,819 語) - 2020年11月1日 (日) 13:58



    (出典 img.cinematoday.jp)



    【危険なビーナス:“楓”吉高由里子に視聴者「怖すぎ!」「怪しすぎる…」#危険なビーナス】の続きを読む

    このページのトップヘ