アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:TV > ドラマ


    春ドラマ「見るのをやめた作品」2位は『金田一』、1位の理由は「先が読める」


    春ドラマ「見るのをやめた作品」2位は『金田一』、1位の理由は「先が読める」
    …新年度の幕開けと同時に始まった2022年の春ドラマもいよいよクライマックス。豪華俳優陣が共演する今期の作品には期待の声も多かったが、複数話を経て視聴…
    (出典:女性自身)


    新年度の幕開けと同時に始まった2022年の春ドラマもいよいよクライマックス。豪華俳優陣が共演する今期の作品には期待の声も多かったが、複数話を経て視聴者離れが激しい作品も…。


    そこで本誌は、春ドラマで「見るのをやめた作品」についてアンケートを行った(5月17日~5月24日)。

    不名誉にも「見るのをやめた作品」上位にランクインしてしまった作品は…?

    ■現実離れした作品に「無理がある」

    同率で3位となったのは『やんごとなき一族』(フジテレビ系)と『インビジブル』(TBS系)。

    『やんごとなき一族』は、庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった主人公を土屋太鳳(27)、その夫を松下洸平(35)が演じるアフター・シンデレラ・ストーリー。
    理不尽なしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄されながらも、夫とともに立ち向かっていく姿を描いている。

    庶民が上流社会に…という非現実的な世界観に《設定が現実離れでまどろっこしい》(50代女性/パート)という声が。また、《いじめがひどすぎて精神的苦痛で見れなかった》(40代女性/会社員)《イビリが怖かったので》(50代女性/無職)など、作品内で主人公が理不尽な仕打ちを受ける様子に不快感を覚えたという人も多かった。上流社会で強くたくましく生きるという展開よりも、いじめのような描写のほうが多くの視聴者の印象に残ってしまったようだ。

    同じく3位となってしまった『インビジブル』は、高橋一生(41)演じる刑事と、柴咲コウ(40)演じる犯罪コーディネーター“インビジブル”が世に知られていない凶悪犯罪を解決する犯罪エンターテインメントである。

    仲間を殺された過去を持ち、事件解決のためにはどんな手でも使う刑事と、犯罪コーディネーターがタッグを組み、警察すら存在を知らない凶悪犯を捕まえるという舞台設定に、《設定や話の展開に少し無理があるし性急すぎる》(50代男性/会社員)という意見も。《内容がアニメみたいで現実味がなく入り込めない》(40代女性/無職)など、脚本と演出に置いていかれている視聴者が多いのかもしれない。

    続いて2位となったのは、ジャニーズメンバーが歴代の主演を務めている謎解きミステリー『金田一少年の事件簿』の新シリーズ。今期は5代目となる金田一一を、なにわ男子の道枝駿佑(19)が演じている。

    5作品目となる今期の『金田一少年の事件簿』だからこそ、《道枝くん目当てで見始めたがやっぱり初代の堂本剛を超えられなくて…》(40代女性/会社員)《金田一少年があまりにもスマート過ぎて面白くない》(50代男性/会社員)など、先輩ジャニーズと比較する声も。《規制があるのは仕方ないが迫力に欠けており面白くなかった》(30代男性/アルバイト)と、演出についても物足りなさを感じている視聴者がいるようだ。

    ■豪華キャストに期待していたのに…

    そして、残念ながら第1位となってしまったのは『元彼の遺言状』だ。原作は2021年の「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞している同名小説。綾瀬はるか(37)演じるお金と勝ちにこだわる敏腕弁護士が、大泉洋(49)演じる作家志望の謎の男とともに謎に挑む痛快リーガルミステリーだ。

    主演級2人がバディを組むということで期待する声も多かったが、《綾瀬はるか×大泉洋で期待していたが、内容が面白くない》(40代女性/会社員)《綾瀬さんの役がちょっと不快》(40代女性/アルバイト)など、キャストに期待していたからこその指摘が。《先が読める》(40代男性/自営業・自由業)《なんとなく盛り上がらない感じがする。》(30代女性/会社員)など、展開への期待も下回ってしまったことで多くの視聴者が作品から離脱してしまったようだ。

    最終結果はこちら。

    【春ドラマの中で、途中で見るのをやめた作品は?(複数回答可)】

    1位『元彼の遺言状』:18.5%
    2位『金田一少年の事件簿』:16.9%
    3位『やんごとなき一族』:12.1%
    3位『インビジブル』:12.1%
    5位『ナンバMG5』:11.3%
    5位『未来への10カウント』11.3%

    期待を寄せられるが故に視聴者のハードルも高くなってしまうのは豪華ドラマの性。来月迎える最終回まで、視聴者を引き付けるのはどの作品だろうか。




    【春ドラマ「見るのをやめた作品」2位は『金田一』、1位の理由は「先が読める」】の続きを読む


    『元彼の遺言状』“篠田”大泉洋の衝撃告白にネット驚き「嘘でしょ?!」(ネタバレあり)


    『元彼の遺言状』“篠田”大泉洋の衝撃告白にネット驚き「嘘でしょ?!」(ネタバレあり)
    …ト上には「嘘でしょ?!」「これは想像以上」などの声が続出した(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)  密かに篠田の素性を探っていた…
    (出典:クランクイン!)


    元彼の遺言状』(もとかれゆいごんじょう)は、新川帆立による日本小説。宝島社主催「第19回『このミステリーがすごい!』大賞」大賞を受賞している。(応募時タイトルは『三つ前』) 亡くなった元彼の残した「僕全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を受け、敏腕弁護士
    42キロバイト (5,416 語) - 2022年5月23日 (月) 13:53


    綾瀬はるかが主演、大泉洋らが共演する月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第7話が23日に放送され、ラストシーンで篠田(大泉)が衝撃的な告白をすると、ネット上には「嘘でしょ?!」「これは想像以上」などの声が続出した(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

     密かに篠田の素性を探っていた麗子(綾瀬)は、教会の懺悔室で「あんた一体何者?」と核心に迫る疑問をぶつける。篠田は麗子からの問いかけに対して静かに「言いたくない…」と答えるのみ。すると麗子は「わかった。言いたくないなら言わなくていい。この話はこれでおしまい」と応じるのだった。

     その後、事務所へ戻った麗子のもとには冤罪事件に巻き込まれた元上司・津々井(浅野和之)から連絡が。麗子は津々井から大手食品会社の案件を引き継ぐことになる。さらにホストの黒丑(望月歩)からは自身の客の遺産トラブルの相談を持ちかけられる。複数の事案を同時進行で抱えることになった麗子は篠田に連絡。食品会社の事案を手伝うように指示するのだった。

     一方、津々井も独自に篠田の素性を調べていたことが判明。津々井は麗子に“忠告”として「あの男には気をつけた方が良い」と篠田について言及。麗子は、この津々井の言葉を「篠田が篠田じゃなかったら、どうだというんですか?」と一蹴する。

     そして第7話のラストシーン。篠田は麗子の目の前で、パスポートや運転免許証といった複数の身分証明書をぶちまける。どれも篠田の顔写真だが氏名が異なっている。「僕は…篠田敬太郎じゃない」と篠田は切り出すと、ゆっくりと麗子に視線を向けて「僕は…殺人犯なんだ」と打ち明ける。

     この告白に、ネット上には「篠田まじか…」「えっ…うそっ…」「嘘でしょ?!ええっ?!」といったコメントが殺到。さらに「衝撃の展開」「これは想像以上」「ますます面白くなってきましたね!!」などの投稿や「続きが気になる!」「早く来週を見せて!」といった反響も相次いでいた。

    【『元彼の遺言状』“篠田”大泉洋の衝撃告白にネット驚き「嘘でしょ?!」(ネタバレあり) #元彼の遺言状 #綾瀬はるか #大泉洋】の続きを読む


    綾瀬はるか、上野樹里、柴咲コウ……豪華キャスティングの春ドラマが揃って大苦戦のワケ


    綾瀬はるか、上野樹里、柴咲コウ……豪華キャスティングの春ドラマが揃って大苦戦のワケ
     綾瀬はるかに大泉洋、木村拓哉に満島ひかり、上野樹里に田中圭、今田美桜に向井理、高橋一生に柴咲コウ、二宮和也に多部未華子……春ドラマのキャスティング…
    (出典:デイリー新潮)


    上野 樹里(うえの じゅり 1986年5月25日 - )は、日本の女優。本名は和田 樹里(わだ じゅり)。旧姓は上野。兵庫県加古川市出身。アミューズ所属(2022年3月31日まで)を経て、個人事務所での活動(Don-crewと業務提携)。 母親を中学時代に病気で亡くしている。三人姉妹の末っ子で、DJ
    45キロバイト (5,643 語) - 2022年5月10日 (火) 00:25


    綾瀬はるかに大泉洋、木村拓哉に満島ひかり、上野樹里に田中圭、今田美桜に向井理、高橋一生に柴咲コウ、二宮和也に多部未華子……春ドラマのキャスティングは豪華絢爛である。ところが、フタを開けてみれば総崩れの様相で、2桁の視聴率をキープできているのは、二宮和也が主演の「マイファミリー」(TBS)のみである。一体、何が起きているのか。

    「これだけ豪華な布陣となったのにはワケがある」と話すのは民放プロデューサーだ。

    「春ドラマは新年度最初のクールとあって、各局が力を入れます。看板ドラマ枠には視聴率の取れる俳優を予算度外視で据え、数字を狙いにいきます」

     まずは、最近調子がいいフジテレビの“月9”だ。冬ドラマでは、大河「鎌倉殿の13人」(NHK)で活躍中の“義経”菅田将暉(29)が主演した「ミステリと言う勿れ」が好評だった。今期の「元彼の遺言状」には、“視聴率の女王”綾瀬はるか(37)を主演に、相棒には“頼朝”大泉洋(49)を起用した。

     初回視聴率こそ12・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯:以下同)と面目を保ったが、2話が10・3%、3話が10・3%、そして4話が9・0%、5話が8・6%と2桁を割った。

    「綾瀬と大泉で、この数字はショックでしょうね。『元彼の遺言状』は“このミステリーがすごい!”大賞を受賞した新川帆立の同名小説を基にしたドラマですが、その原作は2話で終了。3話からは同じ主人公の『剣持麗子のワンナイト推理』を基に、1話完結のドラマとなりました」



    キムタク史上初の1桁
     1話を見て「このストーリーが1クールも続くのか?」と思った視聴者も少なくないだろう。2話で「元彼の遺言状」が終わってしまっては、なぜ連ドラのタイトルにしたのかも疑問だという。

    「1話完結となってテンポが良くなったという声は少数で、4話から1桁になってしまいました。“視聴率の女王”をもってしてもこの調子ですから、“視聴率ナンバーワン俳優”も同様です」

     木村拓哉(49)主演の「未来への10カウント」(テレビ朝日)はどうか。キムタクにとって初の学園スポーツドラマだが、脚本は大ヒットドラマ「HERO」(フジ)の福田靖、ヒロインには失敗作が極めて少ない満島ひかり(36)と、こちらも絶対に数字を取りたい意気込みが伝わってくるようだった。ところが、初回の11・8%から、10・5%、9・9%、9・6%と下がり続け1桁に。

    「キムタク主演の1桁転落は、史上初ではないでしょうか。2013年に『安堂ロイド~A.I. knows LOVE? ~』(TBS)が10・3%を出した際はニュースになったほどでした。もっともこの時は、日本シリーズとぶつかったためと言われましたから、今回とは状況が違います。初の学園スポーツモノとは言いながら、話の筋は『ドラゴン桜』(TBS)の東大がボクシングに置き換わっただけのよう。『HERO』で見せた福田氏の腕力はどこへ行った? と思わせたほどです」


    同時配信が首を絞めた
    “逃げ恥”、“ギボムス”、“恋つづ”……とヒット作を連発しているTBSの火曜ドラマに初主演したのは上野樹里(35)だ。“じぞ恋”こと「持続可能な恋ですか? ~父と娘の結婚行進曲~」は松重豊(59)との父娘同時婚活というストーリーだが、こちらは初回から1桁が続いている。

    「戸田恵梨香(33)の体調不良によって上野が急遽代役に立てられたと報じられていますが、ちょっと気の毒ですね。彼女は『監察医 朝顔』(フジ)、松重は『孤独のグルメ』(テレビ東京)で高い評価を受けました。2人とも恋愛ドラマ向きとは思えません」

     それにしても、揃いも揃って、こんなに数字が取れないのは珍しい。

    「実は、4月の月間PUT(総個人視聴率:ビデオリサーチ調べ)が、調査開始以来、最低を記録したんです。PUTとは、調査対象となる世帯の4歳以上の個人全体の中で、どのくらいの人がテレビをリアルタイムで視聴していたのかという割合で、新型コロナの緊急事態宣言下では在宅が増えたために上がっていました」

     通常の生活に戻りつつある今、その反動が来ているということだろうか。

    「それだけではありません。一因と考えられるのが、4月11日から始まった、民放キー局によるTVer同時配信です。日テレは昨年10月より始めていましたが、民放全局が出揃ったのはこの4月でした。皮肉にもPUTの数字を見ると、『もう番組はテレビで見なくていい』とテレビ局が自ら宣伝した影響のようにも思われます」

     さらに若者のライフスタイルの変化が追い打ちをかけているという。



    録画は3倍速で見る
    「彼らにとっては、リアルタイムでテレビを見るために、わざわざ帰宅するのはバカらしいというわけです。TVerがあるわけですし、たとえ録画しても、CMを飛ばして1・5~2倍速で見るのがトレンドです。中にはネタバレ記事を読んでから3倍速で見て、面白そうなところだけ1・5倍速という猛者もいるそうです」

     これでは視聴率は上がりようもない。だから他の連ドラも推して知るべしという。

    「今田美桜(25)の『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った? ~』(日テレ)は、1992年に石田ひかり(49)が主演した『悪女(わる)』(前同)を超えられていません。間宮祥太朗(28)の『ナンバMG5』(フジ)は、『今日から俺は!!』(日テレ)の二番煎じ。高橋一生(41)と柴咲コウ(40)の『インビジブル』(TBS)は、原田泰造(52)と久本雅美(63)の芸人2人が足を引っ張り見る気を失わせる。『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(日テレ)で科学者を演じる岸井ゆきの(30)は知名度不足。かつて堂本剛(43)、松本潤(38)らが主演した『金田一少年の事件簿』(日テレ)の道枝駿佑(19)も、先輩たちに比べればまだ力不足と思わざるを得ません」

     いずれも初回から1桁連発のドラマである。

    「次回が楽しみというドラマがありません。多少は荒唐無稽でも構わないので、エンターテインメントが欲しい。『半沢直樹』(TBS)の顔芸や『天国と地獄~サイコな2人~』(前同)のセクシーネタ、『ミステリと言う勿れ』のモジャモジャ頭でもいいんです。来週が楽しみという作品が欲しいですね」


    数少ない高評価ドラマ
     唯一2桁をキープしているのが、二宮和也(38)主演の日曜劇場『マイファミリー』(TBS)だ。

    「日曜劇場ですからキャスティングにも力を入れています。ヒロインには多部未華子(33)、脇を固めるのは玉木宏(42)、賀来賢人(32)、松本幸四郎(49)、子役にも山崎莉里那(10)、野澤しおり(11)、凛美(15)と実績のある芸達者を揃えています。そして脚本には『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』(フジ)や『ストロベリーナイト』(同前)の黒岩勉。誘拐が解決と見せかけての謎の連鎖は、やはり見応えがあります」

     数字を取るドラマには、それなりの理由があるようだ。

    「民放ではありませんが、山下智久(37)主演の『正直不動産』(NHK総合)が健闘しています。『野ブタ。をプロデュース』(日テレ)、『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』(フジ)、『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』(同前)など、派手さはなくとも確実に数字を取ってくる山Pに、次期朝ドラヒロイン・福原遥(23)、市原隼人(35)、草刈正雄(69)、倉科カナ(34)、大地真央(66)と一流のクセ者を揃え、日曜劇場に勝るとも劣らぬキャスティングは今期ナンバーワンと言っていいでしょう。さらに脚本の根本ノンジは『監察医 朝顔』、『サ道』(テレビ東京)で赤丸急上昇中です。奇しくも『朝顔』の上野が、今期『じぞ恋』で真裏に来てしまったのも因縁を感じます。祠を壊した祟り(? )で嘘がつけなくなってしまった不動産業の山Pというのも、荒唐無稽なエンターテインメントで心地よく、不動産会社の裏情報も楽しめる。ネット上でも今期ナンバーワンの声が高い」

     そしてもう1本。

    「『家政夫のミタゾノ』(テレ朝)は、抜群の安定感とエンターテインメントで『正直不動産』に続くドラマですかね。山本舞香(24)のヤンキーそのものの目つき、臆せず演じているところに好感が持てます」

    デイリー新潮編集部


    新潮社




    【綾瀬はるか、上野樹里、柴咲コウ……豪華キャスティングの春ドラマが揃って大苦戦のワケ #綾瀬はるか #上野樹里 #柴咲コウ #春ドラマ】の続きを読む


    綾瀬はるか“麗子”、作家・宮田早苗“秦野”の「私は人を殺しました」発言の真相に迫る<元彼の遺言状>


    綾瀬はるか“麗子”、作家・宮田早苗“秦野”の「私は人を殺しました」発言の真相に迫る<元彼の遺言状>
    …綾瀬はるかが主演を務める「元彼の遺言状」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第4話が5月2日(月)に放送される。同ドラマは、大手法律事務…
    (出典:WEBザテレビジョン)


    元彼の遺言状』(もとかれゆいごんじょう)は、新川帆立による日本小説。宝島社主催「第19回『このミステリーがすごい!』大賞」大賞を受賞している。(応募時タイトルは『三つ前』) 亡くなった元彼の残した「僕全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を受け、敏腕弁護士
    32キロバイト (4,060 語) - 2022年4月26日 (火) 11:19


    綾瀬はるかが主演を務める「元彼の遺言状」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第4話が5月2日(月)に放送される。同ドラマは、大手法律事務所に勤務する敏腕弁護士・剣持麗子が毎度出くわす殺人事件を法的視点で解決していく、“痛快リーガルミステリー”。

    原作は2021年に宝島社主催で行われた第19回「このミステリーがすごい!」大賞で、大賞を受賞した新川帆立による同名小説。演出は「HERO」シリーズ(2001年、2014年)などを手がけてきた鈴木雅之監督。鈴木監督と綾瀬はこれまでに、映画「HERO」(2007年)、「鹿男あをによし」(2008年)などの5作品でタッグを組み、同ドラマで6作目となる。

    麗子と共謀して巨額の遺産を狙う謎の男・篠田敬太郎役を大泉洋が演じる。そのほか、奇妙な遺言を残した元彼・森川栄治役と栄治の兄・森川富治役の二役を生田斗真、幼少期から栄治に思いを寄せていた栄治の従姉妹・森川紗英役を関水渚、麗子の上司・津々井君彦役を浅野和之が務める。


    ■第4話のあらすじ

    麗子(綾瀬はるか)はさまざまな企業の顧問弁護士について調べていた。狙いは老舗企業と長期に渡って契約している高齢の弁護士。若くて優秀な自分が営業をかければ、引退間近な彼らに代わって顧問弁護士契約が結べるに違いない、という算段だった。

    一方、篠田(大泉洋)には、そんな麗子の相手をしていられないほど楽しみなイベントがあった。敬愛する女性ミステリー作家・秦野廉(宮田早苗)が、大ヒット作「胡桃沢啓二シリーズ」の最新作を13年ぶりに発表することになり、その記者発表会見の模様がオンラインで生配信されるのだ。

    ほどなく会場に秦野が姿を見せ、会見がスタートした。そこで秦野はいきなり「私は、人を殺しました」と告白する。会場は一時騒然とするが、それは新作のプロモーションだと理解する篠田。これまでも秦野は、読者に対して謎解きの挑戦状を出しており、今回もそうに違いないと思ったのだ。しかし、秦野が明かした殺人現場の住所に警察が駆けつけると、そこには本当に男性の死体がある。

    ――という物語が描かれる。

    ■麗子「何が何でも新作を出版するわよ」

    ドラマ公式ホームページで公開されている予告映像では、麗子が「何が何でも新作を出版するわよ」と笑顔で言う姿や、篠田が「今回の仕事はお断りします」と言うと、麗子が「何言ってるのよ。あんたが仕事するわけじゃないんだけど」と言い合うシーンが映し出されている。

    「元彼の遺言状」第4話は5月2日(月)、夜9:00よりフジテレビ系で放送。

    【綾瀬はるか“麗子”、作家・宮田早苗“秦野”の「私は人を殺しました」発言の真相に迫る<元彼の遺言状> #元彼の遺言状 #綾瀬はるか #大泉洋】の続きを読む


    『マイファミリー』“全員被害者”の展開にネット衝撃「犯人は身内?」「謎すぎる」【ネタバレあり】


    『マイファミリー』“全員被害者”の展開にネット衝撃「犯人は身内?」「謎すぎる」【ネタバレあり】
     嵐の二宮和也が主演を務める、TBS系日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜 後9:00)の第4話が5月1日、放送された。  人生最悪の事態に見舞われ…
    (出典:オリコン)


    マイファミリー』は、2022年4月10日からTBS系列「日曜劇場」枠で放送のテレビドラマ。主演は二宮和也。 鳴沢温人(なるさわ はると) 演 - 二宮和也 「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の最高経営責任者で、業界内では「時代の寵児」と謳うわれている。仕事が忙しいためほとんど家に帰れておらず、友果の好みや身辺状況は殆ど知らない。
    22キロバイト (2,498 語) - 2022年5月1日 (日) 14:48


    嵐の二宮和也が主演を務める、TBS系日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜 後9:00)の第4話が5月1日、放送された。

    人生最悪の事態に見舞われた家族の絆が試される、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐された娘を取り返すための唯一の方法として警察を排除することを決意した夫婦が、たった2人で娘を取り返すべく戦っていく。『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年)などの脚本家・黒岩勉氏によるオリジナル作。

    ※以下、ネタバレあり
     娘・友果(大島美優)を救出した、温人(二宮和也)と未知留(多部未華子)。このまま、普段の生活に戻っていくのだと思っていたのだが、温人の心には葛城(玉木宏)の言葉が不気味に刻まれていた。「ホシを野放しにしたことを、あなたは必ず後悔する」

     「犯人が誰であるかなんて関係ない、友果が無事に戻ってきてくれた、それだけでいい」そう思っていた、温人にまたしてもとんでもない困難が襲いかかる。

     そして、未知留は、友果は、三輪(賀来賢人)は、東堂(濱田岳)は、そして葛城は……。翻弄されていく彼らに訪れる未来とは……。物語は一気に加速していく…という第4話のストーリーだった。

     ようやく誘拐事件が解決したと思った矢先、温人へ一本の電話が入る。電話の相手はあの“機械音声”で「新たな誘拐をしました」と告げる。今回の被害者は三輪の娘・優月。犯人は交渉人に温人を指定し、今回も身代金の受け渡しが進む。

     さらに5年前に同様の誘拐事件が起き、当時の被害者が東堂の娘・小春だったことも判明した。大学時代の親友全員が被害者というまさかの展開に、SNS上では「先の展開が読めない。謎すぎる」「親友全員が被害者なのか」「犯人は身内?」などの声が寄せられている。



    【『マイファミリー』“全員被害者”の展開にネット衝撃「犯人は身内?」「謎すぎる」【ネタバレあり】 #マイファミリー #二宮和也】の続きを読む

    このページのトップヘ