アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:TV > ドラマ


    『グランメゾン東京 第5話』


    <グランメゾン東京>第5話 木村拓哉“尾花”らのレストランが炎上 オープン初日に閉店危機? 鈴木京香“倫子”が倒れる… <グランメゾン東京>第5話 木村拓哉“尾花”らのレストランが炎上 オープン初日に閉店危機? 鈴木京香“倫子”が倒れる…
    木村拓哉さん主演のドラマ「グランメゾン東京」(TBS系、日曜午後9時)の第5話が11月17日、放送される。副題は「アッシパルマンティエ」。 尾花夏樹…
    (出典:エンタメ総合(MANTANWEB))


    玉森 裕太(たまもり ゆうた、1990年3月17日 - )は、歌手、俳優、タレントで、男性アイドルグループ・Kis-My-Ft2のメンバー。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。 2004年1月、舞台『DREAM BOYS』で舞台に初出演する。2009年7月、舞台『PLAYZONE'09
    17キロバイト (1,836 語) - 2019年11月15日 (金) 13:32



    (出典 news.nifty.com)


    第4話あらすじ
    リンダは3年前に尾花がシェフを務めていたパリの二つ星レストラン「エスコフィユ」で起きたフランス外務大臣の食物アレルギー事件について、何か裏があると睨み、密かに久住と真相を調べていた。

    早見は「プレオープンの日が、いきなり運命の日になっちゃったじゃないのよ」と弱気だ。

    リンダはコース料理の最後を締め括るデザートを重要視している。尾花は「リンダを納得させるには、完璧を目指さなければならない」と、デザートを見直すことにした。尾花は一流ホテルで最年少料理長として活躍する平古祥平(玉森裕太)を訪ねる。平古はかつて「エスコフィユ」の見習い料理人だった。尾花はそこのブッフェパティシエ・松井萌絵をスカウトした。

    プレオープンの日、リンダが「食べにきたわよ、あなたの料理」と現れた。(引用元:JCAST)


    【『グランメゾン東京 第5話』】の続きを読む


    『大人の土ドラ リカ 第6話』


    大谷 亮平(おおたに りょうへい、1980年10月1日 - )は、日本の俳優、モデル。 アミューズ所属。大阪府吹田市出身。 大学生の頃に大阪から上京。アルバイト先の先輩に勧められ、大学卒業後に東京でモデルとして活動を始めたが、2003年に韓国で出演したダンキンドーナツのCMの評価が高く、約1年後に
    36キロバイト (4,178 語) - 2019年10月30日 (水) 11:38



    (出典 i.ytimg.com)


    第5話 あらすじ
    数々の事件の真相が闇の中に葬り去られた花山病院の火災から3年。雨宮リカ(高岡)は変わらずマンションでひとり暮らしをしている。いまだに亡くなった大矢(小池)の事が忘れられず涙ぐむ。

     そんな折、顔見知りの宅配業者からマッチングアプリの存在を知ったリカは、疑心暗鬼ながらも登録する。

     一方、映画会社・宝映に勤める、プロデューサーの本間隆雄(大谷)は、「作家の恋」という原作の気乗りしない仕事を任される。そして、その映画のリサーチをするためにマッチングアプリに入ることを薦められ、“神宮寺たかお、年齢・38、職業・作家”という嘘のプロフィールをアップする。

     その夜、本間の自宅には別居中の妻・葉子(徳永えり)と、溺愛する娘の亜矢(稲垣来泉)が荷物を取りに久しぶりに訪ねてくる。そそくさと実家に戻ろうとする妻を本間は引き留めようとするが、「まだ許してくれてないでしょ」と言われ、躊躇する。半年前に葉子の浮気が発覚したため、夫婦は別居生活を送っているのだ。

     マッチングアプリに登録したリカは、本間が登録した“神宮寺たかお”のプロフィールを見て、「作家さんなんだ…」と胸をときめかせる。

     そして、部屋で侘しくウィスキーを飲んでいる本間のマッチングアプリに『リカ/年齢:28/職業:元看護師/』の文字が届く。思案するも、返信を打ち始める本間だが、それは地獄への入り口だった…。(引用元:クランクイン!)

    【『大人の土ドラ リカ 第6話』】の続きを読む


    【2019年10月28日~11月3日/ドラマ視聴熱&視聴率TOP10】


    スカーレット』は、NHK大阪放送局制作で2019年度後期放送のNHK「連続テレビ小説」第101作目のテレビドラマ。2019年9月30日から2020年3月28日まで放送される予定。主演は戸田恵梨香が務める。 ヒロインに実在するモデルは存在しないが、信楽焼の女性陶芸家の草分けで実在の陶芸家である神山清
    33キロバイト (4,561 語) - 2019年11月11日 (月) 11:14



    (出典 www.cinemacafe.net)


    ぎょ!ブラック校則見てない!

    【【2019年10月28日~11月3日/ドラマ視聴熱&視聴率TOP10】】の続きを読む


    沢村 一樹(さわむら いっき、1967年7月10日 - )は、日本の俳優、モデル、監督、司会者、歌手、絵本作家。本名は野村 耕蔵(のむら こうぞう)。 鹿児島県出身。研音所属。鹿児島県立松陽高等学校卒業。 幼少期は、決して裕福ではなく、4人家族が6畳と4畳半の二間、浴室なしの古いアパートに住んでい
    43キロバイト (5,818 語) - 2019年11月10日 (日) 01:37



    (出典 news.nifty.com)


    第3話あらすじ

    尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は、メインディッシュである肉料理に挑んでいた。しかし、なかなか納得できる食材、メニューを作り出すことができず、悩む。そんな折、京野(沢村一樹)はフードライター・栞奈(中村アン)の紹介で、農水省と世界的な人気雑誌『マリクレール ダイニング』のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決める。栞奈はパリにいる編集長のリンダ(冨永愛)から参加店の選定を任されたのだという。

    最初は乗り気ではない尾花だったが、丹後(尾上菊之助)率いる「gaku」が参加することを聞かされて、やる気に。ついに、直接対決となる「グランメゾン東京」と「gaku」。ところが「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)は、メイン食材となる鹿の上質な部位であるロースを市場から買い占めてしまい、尾花たちは素材が手に入らないという絶体絶命のピンチに陥る。
    そんな折り、相沢(及川光博)から伝説のジビエ猟師・峰岸の存在を聞かされた尾花と倫子。2人は早速彼のもとへと向かうが、頑固な職人の峰岸に門前払いされてしまう。「gaku」とは雲泥の差の食材を使って、どういう料理を作るか、尾花は必死に向き合う。しかし時間は刻々と過ぎ、ついにコンクールの日を迎える。はたして、「グランメゾン東京」は「gaku」に勝つことができるのか!?
    (引用元:マイナビニュース)

    【『グランメゾン東京 第4話』】の続きを読む


    『グランメゾン東京 第3話』


    鈴木 京香(すずき きょうか、1968年5月31日 - )は、日本の女優。宮城県出身。Vanda(ヴァンダ)所属。 宮城県泉市(現・仙台市泉区)に生まれ、黒川郡富谷町(現・富谷市)で育つ[要出典]。宮城県泉高等学校[要出典]を経て、東北学院大学経済学部商学科卒業。
    36キロバイト (4,647 語) - 2019年8月28日 (水) 15:59



    (出典 pbs.twimg.com)


    第2話 あらすじ
    「グランメゾン東京」のオープン準備が進む中、倫子と京野陸太郎(沢村一樹さん)は大きな壁にぶつかっていた。開店資金5000万円を用意するため銀行に掛け合うが断られ続けていた。尾花はそんなことお構いなしにメニュー開発に没頭していた。

     尾花らの動向をつかんでいた二つ星レストラン「gaku」のオーナーの江藤不三男(手塚とおるさん)は冷笑するが、過去の尾花を知る丹後学(尾上菊之助さん)だけは警戒を強めていた。尾花たちは、次の作戦として、名声のある相沢瓶人(かめひと、及川光博さん)の手を借りようとするが、シングルファーザーで娘を育てていることもあり断られてしまう。

     京野は「gaku」の時に懇意にしていた信用金庫の融資担当・汐瀬智哉(春風亭昇太さん)に相談してみようと考える。無担保で5000万円の融資を5年で完済することを条件に事業計画を説明する倫子だが、汐瀬から原価率の高さを理由に計画書の改善を求められる。それを聞いた尾花は汐瀬に「最高の一品を作るから食べてくれ」と直談判するが……。(引用元:まんたんウェブ)

    【『グランメゾン東京 第3話』】の続きを読む

    このページのトップヘ