アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ: TV


    元KARAク・ハラさんの遺産を巡る事件に迫る! 宮根誠司「世界の中で起こっていることが表れていた」


    元KARAク・ハラさんの遺産を巡る事件に迫る! 宮根誠司「世界の中で起こっていることが表れていた」
    …4月17日(土)に土曜プレミアム「世界法廷ミステリー 愛と憎しみの家族」(夜9:00-11:10、フジテレビ系)が放送される。 同番組は、実際の裁判…
    (出典:ザテレビジョン)


    ハラ(구하라/Koo HaRa、1991年1月3日 - 2019年11月24日 )は大韓民国の歌手、女優。KARAの元メンバー。血液型はB型。 2008年、KARAのメンバーであったソンヒが脱退したことを受け、ケーブルチャンネルのMnetと連動して実施された公開オーディションに合格する。同年発表曲の「Rock
    15キロバイト (1,825 語) - 2021年4月6日 (火) 23:52


    4月17日(土)に土曜プレミアム「世界法廷ミステリー 愛と憎しみの家族」(夜9:00-11:10、フジテレビ系)が放送される。
    同番組は、実際の裁判映像や証言を手掛かりに、殺害現場に残された証拠などから事件の謎に迫るシリーズの第17弾。家族にまつわる世界で起きた事件3件を紹介する。MCに宮根誠司と井上清華アナウンサー、ゲストには伊集院光、菊池風磨(Sexy Zone)、高橋ひかる、西山茉希、マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)が出演する。

    ■凶悪バスジャック犯vs小さな英雄

    2019年3月にイタリア・ミラノ近郊の町でバスジャック事件が発生した。被害にあったのはアダムとラミを含む、学校に向かうバスに乗った生徒たち50人と教員3人。

    車に乗り込み、いつも通りバスが発車するも突然バスが停車。運転手が拳銃を手に女子生徒を人質にとったのだ。前方の生徒と男性教員は手を縛られ、携帯電話は没収された。目的地は40キロ先のリナーテ空港。犯人はアフリカ系移民で、事件前日に犯行声明動画をSNSに投稿していた。

    犯人は、密航船でイタリアに家族を入国させる過程で多くの子どもたちが海でおぼれて命を失っている悲しみ、さらにイタリア社会が移民を差別していることの理不尽さを訴えていた。バスを炎上させ、大量殺人テロを起こすことでイタリア社会への復讐が目的だという。

    ■遺産を狙う実母ク・ハラの悲劇

    KARAの元メンバーのク・ハラさんが突如、死亡したニュースは日本でも大きく報じられた。そのハラさんの兄から番組に悲痛な思いを伝える手紙が届いた。

    実は兄は最愛の妹を失っただけでなく、さらなる悲劇に見舞われていた。それは数億円ともいわれるハラさんの遺産を巡る母親との相続争いだった。実はハラさんと兄のホインさんは、それぞれ9歳、11歳の時に母親に捨てられていたのだ。

    父親は出稼ぎ労働者だったため、きょうだいは親戚の家に引き取られ肩身の狭い子ども時代を過ごしていた。一方、母親は家を出てから数年後に一方的に親権を放棄した。

    ところが、ハラさんの葬儀に突然母親が現れ、遺産分配を求めてきた。法律上、母親には遺産の半分を相続する権利があるという。だが、兄は子どもを捨てた母親に相続する権利はないと母親を相手取り訴訟を起こした。

    渦中の母親を直撃取材すると涙ながらに語り出し、1枚の写真を見せる。それはハラさんとのツーショット写真だった。

    ■赤ちゃん取り違え死の直前に暴かれた陰謀

    9歳のキンバリーは幼いころ母親を病気で失ったが、父・ロバートの元で裕福な家庭に育てられていた。だが同じ病院で生まれた赤ちゃんと取り違えられていたことが判明。

    キンバリーを産んだ母親はレジーナという女性だということが分かり、DNA鑑定で親子関係が証明された。キンバリーと生みの親レジーナは、育ての親ロバートの了承の元、交流を始めることになる。しかし、ある日突然ロバートが交流を禁止する。

    そこで、娘に会う権利をかけてレジーナはロバートを訴えることになったが、裁判を進めていくと赤ちゃん取り違えに関する隠された事実が続々と明らかに。謎を解くカギはテレビ局の取材を受けたある女性が握っていた。

    ■本当にあった事件をクイズ形式で紹介

    ほか、世界で本当にあった事件をクイズ形式で紹介する企画「30秒バズシアター」も実施。ミステリー好きのゲストたちが、VTRを見ながら次に何が起きるのかを次々と推理していく。ゲストたちは、宮根の誘導尋問やプレッシャーにビクビクし、頭を抱えながら答える。

    ところが番組終盤に宮根が突然ミステリーの回答を迫られると、予想していなかった展開にアワアワし始める。立場が逆転し、ゲストたちは宮根につっこんでいく。

    ※高橋ひかるの「高」は正しくは「はしごだか」

    ■宮根誠司コメント

    ――クイズコーナーで最後、回答者側の立場に立っていましたがいかがでしたか?

    ぼくは今回17回目の出演なんですが、スタッフが今回ぼくに仕掛けてくると言うのはね…。

    ぼくはスタッフを信頼していたんですよ、スタッフを。「答えを知らない方が良いでしょう?」と打ち合わせで言われたので、ゲーム感覚で楽しんでくれって言うことだと思ったのが、これだったのかと。

    次回からは油断も隙もならないなと。答えを考えるのがあんなに難しいと思わなかったですね。次回の「世界法廷ミステリー」からはかなり気合いれますよ!

    ――3つの大きな事件がありましたが、どの事件に興味を持ちましたか?

    どれも社会問題や人生の光と影があったり、人生や家族関係が見えてきましたね。単にミステリーとして謎を解くだけではなくて、例えば最初のバスジャックだったら移民問題だったり、ク・ハラさんの事件では、リベンジポルノに対する法律がなかったりと、背景に社会問題があったので、今の世の中、世界の中で起こっていることが今回の「世界法廷ミステリー」には如実に表れていましたね。

    なので、例えば家族でご覧なっている方も、ミステリーを解き明かす楽しみも味わいつつ、いま世界ではこんな事が起きているんだよということを見てほしいですね。

    ――今回のみどころは?

    今回の事件も皆さんの気持ちに突き刺さるようなミステリーもありましたし、すごく考えさせられるミステリーもありました。毎回そうなんですが、今回は特にみんなが必死に考えていましたね。

    マジカルラブリーなんて、笑いを忘れて考えていましたし、西山さんなんて、頭かきむしって考えていましたからね。ぜひ皆さんも出演者と一緒にミステリーに挑んでいただけたらうれしいですね。

    【元KARAク・ハラさんの遺産を巡る事件に迫る! 宮根誠司「世界の中で起こっていることが表れていた」 #ク・ハラ #世界法廷ミステリー 愛と憎しみの家族】の続きを読む


    高橋ひかる主演で『春の呪い』実写ドラマ化決定 監督・脚本は落合正幸


    高橋ひかる主演で『春の呪い』実写ドラマ化決定 監督・脚本は落合正幸
     『このマンガがすごい!2017』の「オンナ編」で第2位にランクインした小西明日翔の人気漫画『春の呪い』が、高橋ひかる主演で実写ドラマ化されることが…
    (出典:リアルサウンド)


    髙橋 ひかる(たかはし ひかる、2001年(平成13年)9月22日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 滋賀県大津市出身。オスカープロモーション所属。「高橋ひかる」と表記されることも多い。 2014年8月、第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞して、芸能界入りする
    66キロバイト (8,374 語) - 2021年4月4日 (日) 12:11


    『このマンガがすごい!2017』の「オンナ編」で第2位にランクインした小西明日翔の人気漫画『春の呪い』が、高橋ひかる主演で実写ドラマ化されることが決定した。
     テレビ東京でこの春から新設された、現在放送中の『私の夫は冷凍庫に眠っている』に続く“サタドラ”第2弾作品となる本作は、最愛の妹を亡くした主人公が恋したのは、妹の婚約者だった…という展開から始まるラブストーリー。

     妹が死んだ。名前は春。まだ19歳だった。妹の存在がこの世のすべてだった姉・立花夏美。春が病死したのち、夏美は婚約者であった柊冬吾に頼んで、過去の春とのデート現場を一緒に遡っていく。妹の心を奪った憎い男と行動をともにしながら、夏美には自分でも抑えきれない感情が沸き上がってくる。その日、夏美は“デート”に向かっていた。妹の婚約者だった冬吾と会うためだ。財閥系の名家である柊家は代々、血筋を重んじてきており、冬吾の結婚相手として遠縁の立花春に目を付けた。ふたりは事実上の婚約に至るものの、病気によって春が他界。すると冬吾は、今度は夏美に交際を申し込んできた。「妹が死んだなら、姉と付き合えばいい」。そんな提案をする冬吾の親も、受け入れる冬吾も冷徹だ。夏美は呆れてその申し出を拒否するが、ふと春の笑顔を思い出し、突然、自分でも思ってもみない言葉を口にする。「お願いがあります。春と一緒に行った場所に私を連れて行ってくれませんか」。驚きつつも冬吾はその依頼を受け入れ、2人は逢瀬を重ねていくことになるのだが、それは禁断の愛の始まりだった…。「春は今の私を見てどう思うだろう……」。冬吾に惹かれていく自分に罪悪感を覚える夏美に、次々と意外な事実が降りかかる。

     最愛の妹を亡くした主人公・夏美を演じるのは、全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞して以降、映画『人生の約束』で女優デビュー、大女優への登竜門ともされる全国高校サッカー選手権大会の13代目応援マネージャーに起用されるなど、「ネクストブレイク女優」の一人としてバラエティー番組などでも幅広く活躍する高橋。テレビ東京のドラマは、初出演にして初主演となり、亡くなった妹の婚約者と付き合うという難しい役どころに挑戦する。

     『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)、映画『呪怨』シリーズなどの落合正幸が監督・脚本を務める。

    【高橋ひかる(立花夏美役)コメント】
    ●『春の呪い』ドラマ化でのオファーを受けた時の感想
    今まで出会ったことがないような作品で、原作を読ませていただきながらドキドキしました。
    演じる上で不安ももちろんありますが、いまは、毎日作品のことで頭がいっぱいで幸せです。

    ●原作を読んだ感想
    揺れ動く繊細な感情の描写がとても面白いです。呪いというテーマが非現実なものになっているのではなく、物語が進むにつれ、より現実味を持たせていくのでどんどん引き込まれました。

    ●主人公・立花夏美という役を演じるにあたっての思い、意気込み
    立花夏美という人物はとても繊細で、まっすぐな人です。冬吾と出会うことで、夏美が今まで感じたことのない感情や罪悪感に触れていき、感情が動いていくところを表現できたらなと思っています。

    ●視聴者へメッセージ
    素敵な原作を演じさせていただく喜びを感じながら、頼もしい共演者の方、スタッフの方と共に皆さんの心に届く作品をお届けできるよう頑張りますので、ぜひご覧いただけると嬉しいです!

    【テレビ東京ドラマ室 稲田秀樹プロデューサー コメント】
    この春、突如として出現したテレ東の新ドラマ枠「サタドラ」。その第2弾が早くも発表の運びとなりました。このドラマ枠では、通勤通学中はもちろん、学校や職場や忙しい家事の合間であっても、ついつい見たくなってしまうような、しかも全話を一気見したくなるような、中毒性の強いコンテンツを生み出していきたいと考えています。
    本作はそんな狙いに見事にフィットした大胆かつ繊細な原作をもとに、最近ではあまり見かけない「情念の濃い」「切ない」ラブストーリーを目指したいと思っています。財閥系の御曹司を巡って恋に揺れる美しき姉妹…どこか古臭ささえ漂う設定ながら、一方で現代的なツールであるSNSが効果的に登場するなど、自由奔放で個性的な原作の面白さを最大限に生かしたいと考えています。
    主演には、最近バラエティー番組などで大活躍の高橋ひかるさんを初主演でお迎えし、普段見せている明るさとはまったく真逆の暗さや複雑な心模様を抱えた女性を演じて頂きたいと思います。その芝居の振り幅が今から楽しみでなりません。
    演出は『世にも奇妙な物語』等のテレビドラマや映画『呪怨』シリーズなどで異才を放つ落合正幸が、久々に連ドラに登板。
    誰もが見たくなる、そして誰も見たことがない新たなラブストーリー、韓流にも負けない『愛の激場』をお届けしたいと思います。

    【原作著者・小西明日翔 コメント】
    『春の呪い』は長編のデビュー作で、個人的に非常に思い入れのあるタイトルです。
    完結から5年経ったにも関わらず、多くの方に見て頂ける機会に恵まれ大変光栄です。
    誰かの心に残るような作品であればこれ以上幸いなことはございません。これからも何卒よろしくお願い致します。

    ※高橋ひかるの「高」はハシゴダカが正式表記

    リアルサウンド編集部

    【高橋ひかる主演で『春の呪い』実写ドラマ化決定 監督・脚本は落合正幸 #高橋ひかる #春の呪い】の続きを読む


    TOKIO長瀬のラスト出演回に山口登場!「鉄腕!DASH」演出にネット騒然


    TOKIO長瀬のラスト出演回に山口登場!「鉄腕!DASH」演出にネット騒然
     今月いっぱいでジャニーズ事務所を退所する長瀬智也(42)が28日、「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)に出演した。TOKIO再集合を予見した…
    (出典:東スポWeb)


    長瀬 智也(ながせ ともや、1978年〈昭和53年〉11月7日 - )は、日本のミュージシャン、シンガーソングライター、男性アイドル、俳優、タレントであり、バンド形態のアイドルグループ・TOKIOの最年少メンバーでギターボーカリストでもある。神奈川県出身。所属事務所はジャニーズ事務所だが、2021
    33キロバイト (3,892 語) - 2021年3月27日 (土) 06:57


    今月いっぱいでジャニーズ事務所を退所する長瀬智也(42)が28日、「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)に出演した。TOKIO再集合を予見した意味深なシルエットも映し出された。

     この日は「3000歩でTOKIO全員集合SP」と題し、リーダーの城島茂(50)、松岡昌宏(44)、国分太一(46)と長瀬の4人が3000歩ルールで、バラバラの場所から思い出が多い常連ロケ地だった後楽園ホール前に集結。その後、晴海で疑似花見が開かれた。

     ネット上がざわついたのは、2014年に城島が24時間テレビのチャリティーマラソンの映像が流れ、18年に不祥事で事務所を退所した山口達也(49)も映りこんでいたことだ。
     
     さらにTOKIOの4人をかたどった切り絵が映し出されたが、シルエットになると1人増えて5人が映し出され、長瀬が「いいじゃん、どうせ、5人なんだから」と話した。

     城島、松岡、国分の3人は事務所の関連会社「株式会社TOKIO」を設立し、グループ活動の継続は決まっている。番組も続くが、日テレは長瀬の出演については「今のところはない」としている。今回のラスト演出を見る限り、山口の復帰も含めて「TOKIO=5人、終止符は打っていない」を強調した形となった。

    【TOKIO長瀬のラスト出演回に山口登場!「鉄腕!DASH」演出にネット騒然】の続きを読む


    報ステ、ウェブCM炎上で削除 アピール空回り「女性蔑視」批判相次ぎテレ朝謝罪 


    報ステ、ウェブCM炎上で削除 アピール空回り「女性蔑視」批判相次ぎテレ朝謝罪
     テレビ朝日が22日にYouTubeなどで公開した報道番組「報道ステーション」のウェブCMに、「女性をバカにしている」「絶句した」など批判の声が会員…
    (出典:スポニチアネックス)


    報道ステーション』(ほうどうステーション)は、2004年(平成16年)4月5日よりテレビ朝日をはじめとしたANN系列で、月 - 金曜日(平日)の22時台に生放送している報道番組。ハイビジョン制作。ステレオ放送。 47都道府県で地上デジタル放送が始まった事を受け、2006年(平成18年)12月4日か
    107キロバイト (14,883 語) - 2021年3月24日 (水) 06:56






    ぴっかり親父
    @pickarioyazi

    😎『報ステ』も菅チャンに取り込まれたのネ。😎報ステ、ウェブCM炎上で削除 アピール空回り「女性蔑視」批判相次ぎテレ朝謝罪 https://t.co/OfizEzjqES

    2021-03-25 10:58:23

    (出典 @pickarioyazi)

    RonBoss
    @RonBoss10

    報ステ、ウェブCM炎上で削除 アピール空回り「女性蔑視」批判相次ぎテレ朝謝罪(スポニチアネックス)#Yahooニュースhttps://t.co/zMmOpBNtTt恐ろしい時代になったな…自由に発言出来なくなった窮屈な時代に突入ですな

    2021-03-25 10:27:08

    (出典 @RonBoss10)

    Dall
    @Happilyever15

    報ステ、ウェブCM炎上で削除 アピール空回り「女性蔑視」批判相次ぎテレ朝謝罪(スポニチアネックス)#Yahooニュースhttps://t.co/Z4LlViWot9

    2021-03-25 10:00:41

    (出典 @Happilyever15)

    m TAKANO
    @mt3678mt

    今の時代にこんな内容のCMを出せば、どんな反応があるかは事前にわかりそうなものだ。試写段階で誰も問題を指摘しなかったとしたら、テレ朝は組織として相当病んでいると考えざるを得ない。【報ステ、ウェブCM炎上で削除 アピール空回り「女… https://t.co/3Lwnqa6pnC

    2021-03-25 09:48:11

    (出典 @mt3678mt)

    ...〆(`。。´ゞ)
    @ocaocao3780

    報ステ、ウェブCM炎上で削除 アピール空回り「女性蔑視」批判相次ぎテレ朝謝罪(スポニチ) https://t.co/20812TJJjOこのCM見たけど意識高い若者です感を出しすぎやり過ぎで墓穴掘った印象。変に知ってる風にせ… https://t.co/Ij4Dm8Y24Q

    2021-03-25 09:43:20

    (出典 @ocaocao3780)

    hatsumi
    @ku_hatsumii

    「「若い女性は無知で社会に興味がない」という制作者の偏見」ほんと、原因はこれだよね。>報ステ、ウェブCM炎上で削除 アピール空回り「女性蔑視」批判相次ぎテレ朝謝罪― スポニチ Sponichi Annex 芸能 https://t.co/oBVQoY4pwf

    2021-03-25 08:55:17

    (出典 @ku_hatsumii)

    MILANcomestai
    @MILANcomestai

    騒ぎ過ぎや。使わないけど、こいつくらいええやろ。報ステ、ウェブCM炎上で削除 アピール空回り「女性蔑視」批判相次ぎテレ朝謝罪― スポニチ Sponichi Annex 芸能 https://t.co/foVg77A6zl

    2021-03-25 08:31:48

    (出典 @MILANcomestai)

    山中
    @doumosant

    報ステ、ウェブCM炎上で削除 アピール空回り「女性蔑視」批判相次ぎテレ朝謝罪https://t.co/4cjEMxJfM8

    2021-03-25 08:24:19

    (出典 @doumosant)

    みさこ
    @misyacco

    報ステ、ウェブCM炎上で削除 アピール空回り「女性蔑視」批判相次ぎテレ朝謝罪 https://t.co/OzyRY5GDARこれ、炎上させるほどか?思ってたけど、>テレ朝は「幅広い世代の皆さまに番組を身近に感じていただきたいという意図だとしたら、センスなさすぎてびっくりする

    2021-03-25 08:06:09

    (出典 @misyacco)

    和泉千秋
    @chiaki_iz_1989

    報ステ、ウェブCM炎上で削除 アピール空回り「女性蔑視」批判相次ぎテレ朝謝罪(スポニチアネックス)#Yahooニュースhttps://t.co/JMIL85tN0V

    2021-03-25 08:02:25

    (出典 @chiaki_iz_1989)



    アニメ『呪術廻戦』映画化決定、今冬公開 主人公はコミックス0巻の乙骨憂太


    アニメ『呪術廻戦』映画化決定、今冬公開 主人公はコミックス0巻の乙骨憂太 
     テレビアニメ『呪術廻戦』の第24話(最終話)が、26日深夜にMBS/TBSの“スーパーアニメイズム”枠にて放送され、劇場版が制作されることが発表さ…
    (出典:オリコン)


    呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)は、芥見下々による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2018年14号から連載中。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。 本作は、『ジャンプGIGA』2017 vol.1から2017 vol
    205キロバイト (34,404 語) - 2021年3月26日 (金) 23:07


    テレビアニメ『呪術廻戦』の第24話(最終話)が、26日深夜にMBS/TBSの“スーパーアニメイズム”枠にて放送され、劇場版が制作されることが発表された。タイトルは『劇場版 呪術廻戦 0』で、今冬に公開される。制作はMAPPA、配給は東宝。
    最終回本編終了後に発表され、映画公式サイトがオープン。解禁映像と原作者・芥見下々氏描き下ろしのビジュアルも同時に公開された。

     『劇場版 呪術廻戦 0』は、『呪術廻戦』の前日譚であり、本編の連載前に芥見下々氏が短期集中連載として描き下ろした「東京都立呪術高等専門学校」を映画化。「0巻」として単行本化もされ、単巻コミックスとしては異例の大ヒットを記録している。ファンからの支持も非常に高いその「0巻」が、この度劇場版アニメ化される運びとなった。

     解禁されたビジュアルは、芥見下々氏の描き下ろしとなっており、この劇場版の主人公で、アニメシリーズでは未だ名前と立ち姿のみの登場となっている ”乙骨憂太”と、彼を包み込む謎の腕というインパクトの大きな仕上がりに。

     あわせて解禁された30秒の劇場版解禁映像には、原作ではおなじみのキャラクター、夏油傑の「来たる12月24日、我々は、百鬼夜行を行う。」や、最強の呪術師と称される五条悟の「乙骨憂太君、君にかかった呪いは、使い方次第で人を助けることもできる。」といった、「0巻」に登場するセリフを引用し構成された内容となっている。

     『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画が原作で、ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いの世界へと足を踏み入れるダークファンタジー。

     連載を決める会議で、オリジナリティーのあるストーリー、キレのあるせりふ、独特のキャラクター造形などが評価され、“編集部が満場一致で連載決定した”というエピソードを持つ連載当初から注目を浴びた作品で、シリーズ累計発行部数は3600万部を突破。『全国書店員が選んだおすすめコミック2019』で1位、『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019』で大賞を受賞、昨年10月よりテレビアニメが放送されると、TBS系の『NEWS23』などで特集が組まれるほど話題となっている。

    【アニメ『呪術廻戦』映画化決定、今冬公開 主人公はコミックス0巻の乙骨憂太 #乙骨憂太 #呪術廻戦】の続きを読む

    このページのトップヘ