アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ: TV


    『続編アニメへの期待が高い? 2020年春アニメで気になっている作品アンケートTOP10を発表』


    続編アニメへの期待が高い? 2020年春アニメで気になっている作品アンケートTOP10を発表 続編アニメへの期待が高い? 2020年春アニメで気になっている作品アンケートTOP10を発表
    …1位には5842票で「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(2ndクール)」が輝いた 国内最大級アニメ見放題サービス「dアニメストア」が2020年の春アニメで…
    (出典:エンタメ総合(ENCOUNT))


    編アニメ作品や、レギュラー放送番組の長編特別番組、単発の長編特別番組なども存在する。 多くの作品は児童・ファミリー向けで、「アニメは子供のもの」という認識は、世界初の連続商業テレビアニメ『鉄腕アトム』(当時はテレビマンガと呼称された)放送時から基本的に変化はないが、アニメ
    146キロバイト (21,718 語) - 2020年3月14日 (土) 08:56



    (出典 sao-alicization.net)


    鬼滅の刃見たい!

    【『続編アニメへの期待が高い? 2020年春アニメで気になっている作品アンケートTOP10を発表』】の続きを読む


    『とくダネ!』相原勇の生電話に「放送事故」「話し方ヤバすぎる」と騒然…古市憲寿に称賛


    相原 (あいはら ゆう、1967年4月1日 - )は、日本のタレント、女優、歌手。本名、小原 靖子(おばら やすこ)。 広島県安佐郡祇園町(現・広島市安佐南区)出身。ボールド所属。 鈴峯女子高等学校卒業[要出典]。 中学生の時にミュージカル『ピーター・パン』で、榊原郁恵の演ずるピーターパンが観客の
    15キロバイト (1,967 語) - 2019年12月24日 (火) 12:56



    (出典 newsfantv.com)


    なんか、相原勇の話し方がひどかったなぁ~
    凄く気になってしまった。

    【『とくダネ!』相原勇の生電話に「放送事故」「話し方ヤバすぎる」と騒然…古市憲寿に称賛】の続きを読む


    『テセウス、黒幕よりも「澤部に全部持っていかれた」』


    テセウス、黒幕よりも「沢部に全部持っていかれた」 テセウス、黒幕よりも「沢部に全部持っていかれた」
    …お笑いコンビ・ハライチの沢部佑(33)が22日、TBS系ドラマ「テセウスの船」(日曜午後9時)の最終回のラストシーンに出演しネット上で話題となった。同…
    (出典:エンタメ総合(日刊スポーツ))


    澤部 (さわべ ゆう、1986年5月19日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優であり、お笑いコンビ・ハライチのツッコミ担当である。相方は岩井勇気。所属事務所はワタナベエンターテインメント。埼玉県上尾市出身。血液型O型。身長172cm、体重83kg。既婚。 身長172cm、体重83kg。B98cm
    28キロバイト (3,517 語) - 2020年3月22日 (日) 13:26



    (出典 yancane-shukatsu.com)


    確かに、澤部が出てくるとは!
    日刊スポーツサワの字間違ってますね。
    恥かし!

    【『テセウス、黒幕よりも「澤部に全部持っていかれた」』】の続きを読む


    『<テセウスの船>最終回 “心”竹内涼真が黒幕と最後の対決! “文吾”鈴木亮平が自供「俺だ」』


    <テセウスの船>最終回 “心”竹内涼真が黒幕と最後の対決! “文吾”鈴木亮平が自供「俺だ」 <テセウスの船>最終回 “心”竹内涼真が黒幕と最後の対決! “文吾”鈴木亮平が自供「俺だ」
    俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「テセウスの船」(TBS系、日曜午後9時)最終第10話「過去を変えろ!黒幕との最後の対決」が3月22日、25分拡大…
    (出典:エンタメ総合(MANTANWEB))


    テセウスの船テセウスのふね、英: Ship of Theseus)はパラドックスの1つであり、テセウスのパラドックスとも呼ばれる。ある物体(オブジェクト)全て構成要素(部品)が置き換えられたとき、基本的に同じであると言える(同一性=アイデンティティ)か、という問題である。 プルタルコスは以下のようなギリシャの伝説を挙げている。
    21キロバイト (3,410 語) - 2020年3月8日 (日) 05:49



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    第9話あらすじ
    田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。捜査令状もないまま、馬淵は家中を探し回る。和子(榮倉奈々)や心がなにを言っても、聞き入れずに捜査したが、証拠は見つからなかった。

    みきおは、青酸カリ中毒で意識不明のまま病院にいた。さつき(麻生祐未)が必死に看病を続けていた。病室にいった心にもさつきは辛くあたる。

    文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。長女の鈴(白鳥玉季)や長男の慎吾(番家天嵩)までもが文吾を疑い始めてしまう。和子は自分からマスコミの前に出て行って「夫は絶対にやっていない」と啖呵を切る。実は、文吾はとらえられていた場所でテレビの音からその声を聴いていた。

    心は派出所の机に上に、由紀(上野樹里)が残した音臼小事件を綴ったノートを見つけた。再度開いてみると、ノートの最後に紙が挟まっていた。それは、1977年の音臼村祭りのチラシだ。心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人がこの祭りに関係しているのではないかと思い校長(笹野高史)の元を訪ね、祭りについて確認をする。すると校長は12年前の祭りでキノコ鍋の食中毒が発生し、徳本(今野浩喜)の母が犠牲になったということを聞き出した。

    戻らない文吾を探していると山奥から逃げてきた文吾に出会う。小屋に監禁されていたといい、犯人の顔は見ていないと話す。そんな文吾を迎えにきた和子、鈴、慎吾。そこへ、徳本と井沢(六平直政)が文吾一家に声をかけてきた。イノシシ鍋を作ったから一緒に食べようと誘ったのだ。和子、鈴、慎吾は鍋を囲んでいた。

    そして、文吾は説明のためにと警察へ向かうと、拘置所に1晩いるように言われた。心はもう一度、由紀の残したノートを見て、音臼小事件を確認する。すると、文吾が捕まった理由が青酸カリが自宅からでてきたことだったと気が付いた。家中を探し回るが、青酸カリは見つからない。

    馬淵達が山の中に捨てられていたゴミから1枚のフロッピーディスクを発見した。そこには駐在日記と書かれている。中を読むと、それはみきおが書いていた犯罪日記だったが、馬淵達がそれを知る由もなく、文吾が書いたものと判断して、青酸カリを探しに家にやってきた。そして、フロッピーに書かれている通りに裏庭から青酸カリが見つかってしまった。

    そこへ文吾は和子、鈴、慎吾とともに帰ってきた。家族の前で、連続殺人容疑で文吾は逮捕された。 (引用元:navicon)

    【『<テセウスの船>最終回 “心”竹内涼真が黒幕と最後の対決! “文吾”鈴木亮平が自供「俺だ」』】の続きを読む


    『テセウスの船 “全員黒幕”? 最終回前に考察が過熱 “鈴”白鳥玉季が再浮上』


    テセウスの船』(テセウスのふね、Ship of Theseus)は、漫画家・東元俊哉による日本の漫画。講談社発行の漫画雑誌『モーニング』にて、2017年30号から2019年30号まで連載。 1989年(平成元年)6月24日に北海道音臼村の音臼小学校で児童16人、職員5人の犠牲者を出した無差別毒殺事
    49キロバイト (6,799 語) - 2020年3月21日 (土) 09:39



    (出典 www.eastasiabarometer.org)


    共犯者だれですかねぇ~

    【『テセウスの船 “全員黒幕”? 最終回前に考察が過熱 “鈴”白鳥玉季が再浮上』】の続きを読む

    このページのトップヘ