アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    カテゴリ:ニュース > その他


    眞子さま、『複雑性PTSD』と診断…宮内庁「結婚への誹謗中傷が続き、トラウマになるほどの苦痛を感じられている」


    2019年2月7日閲覧。 ^ “秋篠宮「眞子さま 内親王命名の儀 ご夫妻でお決めに”. 読売新聞. (1991年10月29日). オリジナルの2014年7月6日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/qhOkO 2013年10月18日閲覧。  ^ a b “眞子さま、大学時代に名前隠しボランティア
    44キロバイト (5,934 語) - 2021年10月1日 (金) 17:18


    結婚が延期されていた秋篠宮家の長女、眞子さまと小室圭さんが、今月26日に結婚されると宮内庁が正式に発表しました。さらに宮内庁は、眞子さまの体調について「複雑性PTSD」という診断名を発表しました。

    医師は、「眞子さまはご結婚に関する、ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとが、長期的に反復され、逃れることができないという体験をされました。このため、2018年、2019年頃から、誹謗中傷を正すことが難しい、状況を変えることが困難であるという無力感を感じる状態で、ご自分達の人間としての尊厳が踏みにじられていると感じ、また、結婚後、平穏で幸福な生活を送りたいという願いが、不可能となってしまう恐怖を感じるようになられたと伺っています。このため、ご自分を価値がないものと考えられたり、感情が揺さぶられたり、以前に比べると他の人との関係を避けてしまうことがおありになったようです」

    「眞子さまは公的な活動等もなさっていらっしゃるように、判断力には影響が生じておりません。結婚の準備を進めることにも支障はありません。結婚されることで、眞子さまのご結婚に関する、ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとがなくなれば、『複雑性PTSD』の改善が進むと考えられます。ご結婚について、周囲の方々からの温かい見守りがあれば、ご健康の回復がさらに速やかに進むものと考えられます」などと説明しています。

    【眞子さま、『複雑性PTSD』と診断…宮内庁「結婚への誹謗中傷が続き、トラウマになるほどの苦痛を感じられている」】の続きを読む


    『ゴルゴ13』作者死去も連載継続へ 生前に「自分抜きでも『ゴルゴ13』は続いていってほしい」思い


    ゴルゴ13』(ゴルゴサーティーン)は、さいとう・たかをによる日本の劇画。1968年11月から小学館『ビッグコミック』にて連載中。超一流のスナイパー(狙撃手)・暗殺者「ゴルゴ13」ことデューク東郷の活躍を描く劇画である。 リイド社より発売される単行本(SPコミックス)の刊行数は単一漫画シリーズとして
    119キロバイト (15,524 語) - 2021年9月29日 (水) 17:44


    『ゴルゴ13』などの作品で知られる漫画家、さいとう・たかをさんが膵臓がんのため24日に亡くなった。84歳。連載中のビッグコミック編集部は「今後は、さいとう・たかを氏のご遺志を継いださいとう・プロダクションが作画を手がけ、加えて脚本スタッフと我々ビッグコミック編集部とで力を合わせ『ゴルゴ13』の連載を継続していく所存です」と連載は継続していくと伝えた。

    『ゴルゴ13』を連載中のビッグコミック編集部は「本誌にて『ゴルゴ13』を連載いただいております劇画家のさいとう・たかを氏が、2021年9月24日 膵臓がんのため逝去されました」と発表。

     「氏には創刊の年から53年続く看板連載作品『ゴルゴ13』のご執筆のほか言葉に尽くせにお力添えを賜りました。生前のご功績に心から賛嘆と感謝を申し上げ、謹んで氏のご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

     また、今後の連載についても言及し、「だが、物語は続く。」と題し、「誰よりも早く、コミックの分業形態での制作システム構築に心を砕かれたさいとう・たかを氏。『ゴルゴ13』においても脚本協力、作画など各分野をそれぞれのプロフェッショナルたちが担当、その全体をさいとう氏が指揮し、そしてもちろんご自身も構成、作画、脚本と何役もこなされた上で作品作りを進めてこられました」と説明。

     「そのさいとう氏は生前から「自分抜きでも『ゴルゴ13』は続いていってほしい」という、いわば分業体制の究極とも言えるご希望を持たれ、さいとう・プロダクションを、そのような制作集団として再構築されました」とし、「今後は、さいとう・たかを氏のご遺志を継いださいとう・プロダクションが作画を手がけ、加えて脚本スタッフと我々ビッグコミック編集部とで力を合わせ『ゴルゴ13』の連載を継続していく所存です。どうか今後とも、ご愛読ご声援をよろしくお願いいたします」と連載は継続していくと伝えた。

     さいとうさんは1936年11月3日生まれ。和歌山県出身。1955年、『空気男爵』で漫画家デビュー。1968年「ビッグコミック」創刊号にて『探し屋はげ鷹登場!!』を連載。同年、同誌にて『ゴルゴ13』の連載を開始し、同作で第21回小学館漫画賞、日本漫画家協会賞「大賞」、第50回小学館漫画賞審査委員特別賞を受賞。2003年に紫綬褒章、2010年に旭日小綬章を受賞。2018年には『ゴルゴ13』連載50年、2020年には画業65年を迎えた。

    【『ゴルゴ13』作者死去も連載継続へ 生前に「自分抜きでも『ゴルゴ13』は続いていってほしい」思い #ゴルゴ13】の続きを読む


    小室圭さん 平均1800万円を上回る驚愕年収が判明! 眞子さまは主婦専念か


    小室圭さん 平均1800万円を上回る驚愕年収が判明! 眞子さまは主婦専念か
     秋篠宮眞子さま(29)と結婚予定の小室圭さん(29)が、米大手法律事務所に就職したことが分かった。  小室さんは27日午後にも眞子さまと入籍するた…
    (出典:東スポWeb)


    秋篠宮眞子さま(29)と結婚予定の小室圭さん(29)が、米大手法律事務所に就職したことが分かった。

    小室さんは27日午後にも眞子さまと入籍するため帰国するが、ひと足先に滞在先の米ニューヨークでその姿をキャッチされた。4年前に眞子さまと婚約内定会見に臨んだ時とは雰囲気が変わり、ロン毛をうしろで束ね、顔はややシャープになった印象だ。

     このタイミングで近影がキャッチされたのは、大手法律事務所「L」に就職が決まったから。同社に出入りしているという情報を掴んだフジテレビが最初にスクープした。

     L社はニューヨークなど米国全土に5か所の拠点を持ち、従業員350人以上が働く大手法律事務所。2008年以降、急成長しており、ウォール・ストリート・ジャーナルでは「企業法務のエリート集団」と紹介された。

     同社サイトにはすでに「Kei Komuro」の名前がある。現時点で「Law Clerk(事務職員)」という肩書だが、弁護士試験の合格を経て正式に「Associate(勤務弁護士)」に変更となる見込みだ。

     全米法律事務所協会によれば、大手法律事務所の初年度平均年収は約1800万円。日本では考えられない好待遇だが、物価の高いニューヨークではそれでも生活するのがやっと。眞子さまへの一時金1億5000万円の支払いが見送られる方向となった今、夫婦で生活するには「厳しい」といった見方もある。

     だが、L社の求人によると、初年度年収は205000ドル、日本円でなんと2250万円にのぼることがわかった。これは前出1800万円を大きく上回る。

    「年収2250万円ならば、眞子さまひとりを養うことは十分可能。しかも米国の賃金体系は年功序列ではなく、成果を上げれば、3000万円、4000万円とすぐに上がっていくのが特徴です。実は周囲が心配するほど、お金には困らない可能性が高い」(法曹関係者)

     一部では眞子さまと〝共働き説〟も流れているが、眞子さまが小室さんの配偶者として取得するであろうビザは「就労が認められていない可能性がある」(同)という。

     小室さんが働き、眞子さまが家を守る――そんなNY生活になりそうだ。

    東京スポーツ

    【小室圭さん 平均1800万円を上回る驚愕年収が判明! 眞子さまは主婦専念か】の続きを読む


    眞子さまと小室圭さん、年内に結婚…儀式は行わない方向で調整


    2019年2月7日閲覧。 ^ “秋篠宮「眞子さま 内親王命名の儀 ご夫妻でお決めに”. 読売新聞. (1991年10月29日). オリジナルの2014年7月6日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/qhOkO 2013年10月18日閲覧。  ^ a b “眞子さま、大学時代に名前隠しボランティア
    41キロバイト (5,547 語) - 2021年8月30日 (月) 19:21


    婚約が内定している秋篠宮家の長女眞子さま(29)と小室圭さん(29)が年内に結婚されることが関係者への取材でわかった。

    関係者によると、小室さんは米ニューヨーク州で就職する方向で調整が進んでおり、結婚の環境が整いつつあると判断したとみられる。

     秋篠宮さまは、小室さん側の金銭トラブルを念頭に、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況」にならなければ婚約の儀式は行えないとの考えを示されてきた。必ずしも多くの国民が祝福する状況になっておらず、コロナ禍の現状も踏まえ、一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」や結婚式などの関連儀式は行わない方向で検討されている。

    【眞子さまと小室圭さん、年内に結婚…儀式は行わない方向で調整 #眞子さま】の続きを読む


    メンタリストDaiGo差別発言問題「命は平等っていうけど優劣はある」


    DaiGo(ダイゴ、1986年(昭和61年)11月22日 - )は、日本のメンタリスト、作家、ニコ生主、YouTuber。企業の研修やコンサルなども行う。 静岡県静岡市清水区生まれ、千葉県市川市育ち。身長は174cm。血液型はB型。弟が3人おり、末弟は東京大学謎解き制作集団AnotherVision元代表の松丸亮吾。
    15キロバイト (2,122 語) - 2021年8月12日 (木) 22:48


    生活保護受給者や路上生活者(ホームレス)に対する差別発言が問題となっているメンタリストDaiGoが12日深夜、自身の公式YouTubeチャンネルで生配信を行い、批判について言及した。

    DaiGoは、差別発言と炎上している配信が、「超辛口」と題して行ったことを弁明しながら「本当にそういうやつのことを殺せっていっているわけじゃなくて、人間っていっちゃ悪いんだけど、1人1人からみたらどうでも良い人間っていますよねっていう」と独自の理論を展開し、謝罪しない構えをみせた。

    さらに「自分の家族とホームレスと、どっちかの命しか救えませんってなったら、自分の家族の救うじゃないですか。命は平等っていうけど、優劣は全然ある」と論理のすり替えとも言える例を持ち出して自身を正当化した。

    自身は多くの税金を払っているため、生活保護受給者や路上生活者(ホームレス)を救済していると話し、「ぼくら1人1人から見たら、意味がない人間っていますよね。僕からしたら、猫が好きだし、猫の方が人生にとって重要度が高いので、生活保護の人たちとか、ホームレスの人たちに、保護するお金とかを出すんだったら、社会的にそうするべきっていっているわけではないですよ、個人としては、猫の方に税金使って欲しいって思っちゃうけどっていう話をしたってことですよ」と主張した。

    この発言はツイッター上でも大きな注目を集め、「DaiGo」「ホームレス」「優生思想」「生活保護」「人間と猫の命」といった関連ワードがトレンドに入った。「恐ろしく危険な優生思想」「優生思想に基づく生活保護利用者やホームレスへの排斥は言語道断すぎる、許されない」といった声が寄せられている。 DaiGoは、7日の自身の公式YouTubeチャンネルで、「【超激辛】科学的にバッサリ斬られたい人のための質疑応答」と題して視聴者からの質問に答える形式の生配信を実施。

    「ぼくは生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めている訳ではないからね。生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら猫を救って欲しいとぼくは思うんで。生活保護の生きていてもぼく得しないけどさ、猫はさ、生きていたら僕、得なんで」「自分にとって必要がない命はぼくにとっては軽いので。ホームレスの命はどうでもいい。みんな思わない? どちらかといえば、いない方が良くない? ホームレスって」「邪魔だしさ、プラスにならないしさ、くさいしさ。ね。治安悪くなるしいない方が良いじゃん。猫はかわいいじゃんって思うけどね、ぼくはね」などと差別発言を繰り返して物議を醸していた。

    【メンタリストDaiGo差別発言問題「命は平等っていうけど優劣はある」 #DaiGo】の続きを読む

    このページのトップヘ