アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    2022年06月


    ネットで話題、「ヤクルト1000」 なぜ人気? 「ヤクルト400」と何が違う?


    ヤクルト400”. ヤクルト本社. 2018年5月1日閲覧。 ^ “ヤクルト400LT”. ヤクルト本社. 2018年5月1日閲覧。 ^ ヤクルト400W | ヤクルト本社 ^ “Yakult(ヤクルト1000”. ヤクルト本社. 2020年11月12日閲覧。 ^ ヤクルト ^ ヤクルト カロリーハーフ
    23キロバイト (2,255 語) - 2022年6月8日 (水) 15:02


     ネット上で「ヤクルト1000」という言葉が連日話題となっています。これは、ヤクルト本社(東京都港区)が販売する宅配用商品「Yakult(ヤクルト)1000」(100ミリリットル、税別130円)と店頭販売用商品「Y1000」(110ミリリットル、税別150円)をまとめて言い表したもので、ネット上では「商品がなかなか手に入らない」といった声が多く出ています。なぜネット上で連日話題になるほど人気なのでしょうか。また、これらの商品は、定番商品の「ヤクルト400」とは何が違うのでしょうか。同社広報室の担当者に聞きました。


    「ストレス緩和」「睡眠の質向上」に寄与
    Q.そもそも、なぜ宅配用商品の「Yakult1000」と店頭販売用商品の「Y1000」を開発したのでしょうか。商品開発に至った経緯も含めて、教えてください。

    担当者「社会課題としても認識されている『ストレス』や『睡眠問題』の解決に貢献したいという思いに至ったからです。

    1999年に『乳酸菌シロタ株』を400億個含んだ『ヤクルト400』(80ミリリットル、税別80円)を発売後、当社では、さらなる高菌数・高密度の商品の検討を始めました。その間、世間では、脳と腸がお互いに影響し合うという『脳腸相関』を示す研究が出始め、学術分野ではその研究が進みました。

    また、乳酸菌シロタ株についても、基礎研究において高密度にすることで神経系に作用することが明らかになりました。その作用を通じてお客さまの健康に寄与できる機能は何かと考えたときに、『ストレス』や『睡眠』の解決に行き着きました。その後、検証を行い、高密度の乳酸菌シロタ株には、ストレスの緩和や睡眠の質を高める機能があることが確認できたため、商品開発を始めました。

    まず、2019年10月にYakult1000を地域限定商品として発売し、その後、2021年4月に販売地域を全国に拡大しました。同商品の販売を通じて、改めて『ストレス緩和』『睡眠の質向上』に対するニーズが高いことが明らかとなったので、お客さまのライフスタイルに応じて購入、飲用しやすいように店頭向け商品として『Y1000』を開発しました。同商品は、2021年10月に全国のスーパーやコンビニで販売を開始しました」

    Q.では、ヤクルト400、Yakult1000、Y1000は、内容量や価格以外にそれぞれ何が違うのでしょうか。

    担当者「ヤクルト400が、1ミリリットル当たり5億個の乳酸菌シロタ株が含まれる特定保健用食品であるのに対して、Yakult1000とY1000は、ヤクルト史上最高密度の1ミリリットル当たり10億個の乳酸菌シロタ株が含まれる機能性表示食品です。一時的な精神的ストレスがかかる状況での『ストレス緩和』『睡眠の質向上』の機能があります。なお、Yakult1000とY1000は、価格や内容量、販売方法以外は基本的に同じ飲み物です」

    Q.なぜYakult1000とY1000は、ネット上で連日話題になるほど人気が出ているのでしょうか。考えられる理由について、教えてください。

    担当者「厚生労働省の『国民生活基礎調査』(厚生労働行政の企画、立案に必要な基礎資料を得ることを目的に、厚生労働省が1986年から3年ごとに行っている大規模調査)によると、現代人の多くがストレスを抱えているという結果が出ています。

    ストレスは『睡眠の質』を低下させる要因として知られていますが、ストレス社会といわれる現代において、睡眠に関する悩みも大きな社会課題となっています。そのような中で、Yakult1000、Y1000の機能が、お客さまのニーズにお応えできているのではないかと考えています。

    また、当社では、Yakult1000やY1000を愛飲いただいているお客さまの多くが、これらの商品の機能性、特に睡眠に関する機能について体感し、継続的に飲んでくださっているようです。そうした方々がSNSなどを通じて商品の情報を発信してくださることで、大きな話題になったのだと考えています。お客さまの健康のお役に立てて、当社としては大変うれしく思っております」

    Q.Yakult1000とY1000のこれまでの販売実績や現在の在庫状況について、教えてください。ネット上では「商品がなかなか手に入らない」という声を多く聞きますが、今後、商品の増産をする予定はありますか。

    担当者「Yakult1000の2021年4月から2022年3月までの販売実績は、1日当たり114万7000本です。また、2023年3月期(2022年4月~2023年3月)は、1日当たり145万本の販売計画を立てています。Y1000の具体的な販売数量は開示していませんが、2021年10月の発売から2022年3月までの実績として、販売数量計画(1日20万本)を4割程度上回る形で推移しました。

    現在、Yakult1000、Y1000ともに、大変好評をいただいており、Yakult1000のお届けの新規注文をお受けできないケースがあるほか、一部店舗ではY1000の品薄が続いています。お客さまや取引先さまにはご迷惑をおかけしており、申し訳なく思っております。今のところ、Yakult1000の増産は未定で、詳細が決まり次第ご案内する予定です。Y1000は7月をめどに増産を計画しているほか、本年度中にさらなる増産も計画しています」

    Q.ネット上では、「飲用後、悪夢を見るようになった」という情報もあるようですが、実際にそうした意見も寄せられているのでしょうか。

    担当者「SNSで『悪夢を見る』といった声があることは認識しておりますし、問い合わせをいただくこともあります。しかし、Yakult1000、Y1000ともに、一時的な精神的ストレスがかかる状況での『ストレスの緩和』『睡眠の質向上』といった機能を持つ機能性表示食品です」

    オトナンサー編集部

    【ネットで話題、「ヤクルト1000」 なぜ人気? 「ヤクルト400」と何が違う? #ヤクルト1000】の続きを読む


    スシロー 品切れなのに宣伝続け不当広告で措置命令 消費者庁


    株式会社あきんどスシロー(英: AKINDO SUSHIRO CO.,LTD.)は、主に「吟味・スシロー」のブランドで回転寿司をチェーン展開する企業である。かつては「大阪回転寿司・あきんど」のブランドも有していた。持株会社の株式会社FOOD&LIFE COMPANIES(フードアンドライフカンパニーズ
    44キロバイト (4,946 語) - 2022年6月9日 (木) 11:55


    回転ずしチェーン大手の「スシロー」が、去年、キャンペーンで売り出していたうにやかにが品切れとなり提供を取りやめていたのに宣伝を続け、実際と異なる広告を行っていたとして、消費者庁は、大阪に本社がある運営会社に再発防止などを命じる措置命令を出しました。

    措置命令を受けたのは、回転ずしチェーン、「スシロー」を展開する大阪・吹田市に本社がある運営会社、「あきんどスシロー」です。
    消費者庁と公正取引委員会によりますと、「スシロー」は去年9月と10月に、キャンペーンとして期間限定のうにを1貫110円と3種盛り528円で売り出していましたが、すぐに在庫がなくなり、全国の9割以上にあたるおよそ500余りの店で、一時、提供を取りやめたということです。
    しかし、その間もウェブサイトなどで宣伝を続け、客から「宣伝を見て店に来たのに不満だ」とか、「販売をしていないならCMをやめるべきだ」などと会社に苦情が相次いだということです。
    また、去年11月から12月には十分な準備を行わないまま「豪華かにづくし」などと銘打ち、かにを呼び物にしたキャンペーンを行いましたが、初日から販売できない店が相次ぐなど、583店舗で予定どおり提供できなかったということです。
    消費者庁は、こうした宣伝は、実際と異なる表示で不当に客を誘う「おとり広告」にあたり、景品表示法に違反するとして、9日、会社に対し、再発防止などを命じる措置命令を行いました。

    【親会社“予測不十分だった”】。
    NHKの取材に対し、「あきんどスシロー」の親会社の「FOOD & LIFE COMPANIES」は、「販売予測が不十分で大幅な欠品が生じてしまいました。店舗での周知は行っていたものの、広く周知する対応ができていなかったです。お客様にご迷惑をおかけし、大変申し訳ないことと考えており、今後、こういったことがないよう努めてまいります」と話しています。

    【利用者からは厳しい声】。
    「スシロー」の不当な広告について、利用者からは厳しい声が上がっています。
    吹田市に住む80代の女性は、「孫がおすしが好きでよく一緒にスシローに行きます。お店に行くといつもウニがなくて、食べたいものがないと残念です」と話していました。
    大阪府内に住む30代の男性は、「広告を見てお店に行ったのになかったらショックでつらい。過剰な広告はやめてほしいです」と話していました。
    また、回転ずしによく行くという豊中市に住む20代の姉妹は、「広告の商品がなくても別のモノを食べます。客を呼びたいお店の気持ちもわかりますが、商品がなかったらファンとしてはショックです」と話していました。

    【公取委“表示と実際異ならぬよう”】。
    消費者庁とともに調査にあたった公正取引委員会 近畿中国四国事務所の真渕博 所長は、9日の会見で「好調な回転ずし市場において売り上げシェア1位を占める会社が行った不当な表示であり、店舗数の多さなどから一般消費者に与えた影響は大きい」と批判しました。
    そのうえで、「材料が足りなくなった段階で消費者に知らせたり、表示をあらためるなどさまざまな対応があったと考えられる。なにより、表示と実際が異ならないようにすることが重要だ」と述べました。

    【「おとり広告」とは】。
    消費者庁によりますと、「おとり広告」は、商品やサービスが実際には購入できないにもかかわらず、購入できるかのように表示しているものです。
    景品表示法で、不当に顧客を誘い、公正な競争を害するおそれがあるとして規制されています。
    「おとり広告」をめぐっては、▼5年前(平成29年)、大手通信会社がスマートウォッチを1万円余りで販売するとうたいながら、実際には商品を用意できていなかったとして、消費者庁から再発防止などを求める措置命令を受けています。
    また、▼6年前(平成28年)には、大阪の中堅スーパーが実際には入荷していないブランド牛を「値下げして販売する」と新聞の折り込みチラシで表示していたとして、措置命令を受けています。

    【スシロー 品切れなのに宣伝続け不当広告で措置命令 消費者庁 #スシロー #おとり広告】の続きを読む


    ガーシーに“中絶強要”暴露されたマイファスHiro 、被害女性と面会した森進一・昌子の「悲痛な心境」


    ガーシーに“中絶強要”暴露されたマイファスHiro 、被害女性と面会した森進一・昌子の「悲痛な心境」
     6月5日、芸能人のプライベートを暴露するYouTuberとして知られる、ガーシーこと東谷義和氏がまた大きな爆弾を投下した。  人気ロックバンド「M…
    (出典:週刊女性PRIME)


    MY FIRST STORY (マイファスからのリダイレクト)
    MY FIRST STORY(マイファースト・ストーリー)は、日本のロックバンド。2011年結成。コネクテッド・セルズ所属。所属レーベルはINTACT RECORDS。略称は「MFS」。愛称は「マイファス」。 2011年夏、東京渋谷で結成。 Pay money To my PainのK(vo.)が名付け親である。
    83キロバイト (4,034 語) - 2022年6月5日 (日) 09:43


    6月5日、芸能人のプライベートを暴露するYouTuberとして知られる、ガーシーこと東谷義和氏がまた大きな爆弾を投下した。

    人気ロックバンド「MY FIRST STORY(マイファス)」のボーカル・Hiroと交際していたという女性・A子さん(動画では実名)を電話出演させ、強引な性行為によって妊娠させられた末に中絶させられたとの告白動画を公開。A子さんはHiroとの子どもを2回堕胎しており、2度目に関しては産む意志を持っていた彼女に対し、モラハラまがいの言葉を交えながら中絶を迫ったという。交際の最後は連絡が取れなくなり、LINEの連絡先をブロックされたとも主張している。

    「ガーシーさんとこの女性は10代のころから友人関係で、ふたりの交際を裏付けるような写真やLINEのやりとり、中絶同意書に署名されたHiroさんの本名が書かれた紙など、さまざまな証拠ものちに公開されました。その2日後、なんとガーシーさんの呼びかけに応じるかたちでHiroさんがガーシーさんのチャンネルで緊急対談に応じたのです。緊張の面持ちでリモートで謝罪をするにいたりました」(ウェブメディア編集者)

    兄・Takaは「お前がやったことなんだからケツを拭け」
     森進一と森昌子の間に生まれ、世界で活躍するバンド「ONE OK ROCK(ワンオク)」のボーカル・Takaを兄に持つHiro。近年はバンド活動だけでなく、ダウンタウンの松本人志からトーク力を称賛されるなどで、バラエティー番組にも多数出演していただけにダメージは甚大だ。

    「Hiroさんはガーシーさんに“それでは気持ちが伝わらない”と指摘されながら数度、相手女性への謝罪の弁を真摯に述べていました。Hiroさんとの対談が終わったあとに、ガーシーさんはHiroさんとの対談の前に、兄のTakaさんと事前にDM(ダイレクトメッセージ)でやりとりをしたことについて明かしています。

    『決して弟やからって色眼鏡で見ず、贔屓(ひいき)するわけではなく、“お前がやったことなんだからちゃんとお前がケツを拭け”と。なかなか兄弟に対して言えるセリフじゃない』と。

     さらに『ガーシーそろそろ俺とも話そうよ』との言葉を受け取ったとも話していました。Takaさんは、“暴露系”になる前のガーシーさんと交流が深く、親しい間柄でしたが、今回のHiroさんへの暴露を止めようとしなかったあたりに、強い正義感を感じます」(スポーツ紙記者)

    父・森進一がA子さんと会ったときの反応
     兄が叱責するなか、両親のほうは──。

     森進一と森昌子は三男のHiroが10歳だった2005年に離婚。兄弟は昌子のもとで育ったが、父との関係は現在も良好で、

    「Hiroさんはアーティストとして進一さんのことを尊敬する一方で、親子関係も良好。LINEで“元気か”といったようなやりとりをすることもあるそうですが、込み入った話は会ってしているといいます。2021年12月に親子でビールの企業CMに起用されたときに“一緒にお酒を飲んだことはない”と言っていたのは意外でしたね。てっきりよく酒を酌み交わしているものだと思っていました。進一さんがマイファスのライブに足を運ぶこともあります」(レコード会社関係者)

     東谷氏の動画でA子さんは、交際が順調だったころ、ある正月に森進一のもとへ会いに行ったことがあると話している。緊張で震えながら挨拶するA子さんを森はフランクに迎え入れたという。そのとき、Hiroさんは「子どもができたときにお父さんのなかで何が変わった?」と質問していたとも。1度目の妊娠の際は“産んでほしい”とHiroが懇願するなかA子さんの判断で中絶を選びとっただけに、彼に対しての申し訳なさが募ったというが、

    「そのとき3人はお茶をしたといいますが、Hiroさんは彼女が妊娠をしていたことなどは一切話していなかったと聞きます。おそらく今回の件で進一さんは一連の騒動について初めて知ることになるのでしょうね……」(前出・レコード会社関係者)

     一方、母・昌子のほうがショックは大きいのでは、と話すのは芸能ジャーナリストの佐々木博之氏。

    「昌子さんは’17年に著書『母親力 息子を「メシが食える男」に育てる』を出版し、“兄弟同士でも年長者には敬語”、“箸をうまく使えないときは手に赤い痕が残るほど強く叩く”などといった独特な教育法について綴っていました。今回の暴露にあるような内容をHiroさん本人も認めていることについては、手塩にかけて育ててきた親として受け入れ難い部分があるのではないでしょうか」

    「子どものために耐えていた」森昌子の現在
     しかし、スパルタ式の子育てのウラで、著書には描かれていない“わが子の素行”も目撃されていたという。

    「18歳からは家を出て自活をするように、と“可愛い子には旅をさせよ”の発想で子育てをしてきた昌子さんですが、有名私立中学校に通っていたころのTakaさんが高価なアクセサリーや時計を装着し、学校まで“タクシー通学”していることを同級生が目撃していました。周囲でも“最寄駅からではなく、都内の自宅から乗ってきたのでは?”ともっぱらの噂でした。それほど子どもが自由に使えるお金があったということ。厳しさの反面に、甘やかされてきた部分もあったのかなと」(佐々木氏)

    ‘19年に2度目の引退を発表してから現在の様子がほとんど漏れ伝わってこない昌子。現在は母親の介護をしながら二人暮らしをしているとの報道もある。そんな彼女は2021年に『週刊文春』に交際相手と警察トラブル”になっていたことをスクープされている。

     2018年からコンサートに通っていた40代のファンと親密な関係を持っていたのだが、引退が近づくにつれ次第に距離が生まれ、最終的に昌子の事務所がファンを「ストーカー」だとして警察署に相談するに至ったというもの。

    「納得のいかないファンが告発するかたちで世に出た記事ですが、結婚生活について『世間が思っているような生活じゃあなかった! 本当に子どもの為だけに、ずっと耐えていたんだ!』とそのファンに語っていたことも記述されています。また、昌子さんは日常的に睡眠薬がないと眠れないそうで、そのファンに『ドラール』という睡眠薬をもらってきてほしいとの頼み事もしていたようです」(スポーツ紙記者)

     母は息子・Hiroの起こした行動に何を思っているのか……。

    「HiroさんとA子さんの交際が順調だったころ、まだ芸能界を引退する前の昌子さんにも彼女を会わせていたそうです。しかし、現在となっては母子同士での連絡はほとんどなくなっているといいます。Hiroさんは昌子さんがどこに住んでいるかも把握していない。表に出て謝罪したとはいえ、このようなかたちで息子の非道な行動が出てしまった昌子さんの心痛は計り知れませんね」(別のレコード会社関係者)

     暴露に巻き込まれたのは当人だけでなく、家族も同じだった──。





    【ガーシーに“中絶強要”暴露されたマイファスHiro 、被害女性と面会した森進一・昌子の「悲痛な心境」  #マイファスHiro  #ガーシーch】の続きを読む


    益若つばさ、セカオワFukaseと7年目の破局 すれ違い続き昨年末までに決断か


    益若つばさ、セカオワFukaseと7年目の破局 すれ違い続き昨年末までに決断か
     2015年末に交際をスタートさせた益若つばさ(36才)と『SEKAI NO OWARI』のボーカル・Fukase(36才)が破局したことが分かった…
    (出典:NEWSポストセブン)


    益若 つばさ(ますわか つばさ、本名:益若 翼(読み同じ)、1985年10月13日 - )は、日本のギャルファッションモデル。身長150cm、体重37kg。埼玉県越谷市出身。『Popteen〔ポップティーン〕』の読者モデルとして人気を博し、着用した服やアクセサリーが瞬く間に売れるなど突出した経済効
    30キロバイト (3,550 語) - 2022年6月8日 (水) 07:27


    2015年末に交際をスタートさせた益若つばさ(36才)と『SEKAI NO OWARI』のボーカル・Fukase(36才)が破局したことが分かった。

    《先日アメリカから帰国する日に階段から落ちてしまい、尾てい骨の上の仙骨を骨折してしまいました(中略)救急車を呼んで担架に運ばれロスの病院へ行き、骨折と診断されました》

     5月30日、益若は滞在中のアメリカ・ロサンゼルスで骨折し、友人宅で療養生活を送っていることをインスタグラムで報告した。異国の地での緊急事態。益若の知人は「きっと心細いだろうに……」と彼女を慮る。続けてこう明かすのだ。

    「実は、益若さんは彼と別れたそうです。傷心に骨折と悲しいことが続いているので、彼女のメンタルが心配ですね」

    「彼」とはSEKAI NO OWARIのFukase。6月リリースの新曲『Habit』のミュージックビデオも話題となっている。

     益若とFukaseは同じ1985年10月13日生まれで、血液型も同じB型。運命を感じたFukaseが益若にアプローチし、交際に発展した。益若は2007年に読者モデルの男性と結婚。翌年に長男を出産したが、2013年に離婚した。Fukaseはその長男とも仲よくなり、まるで本当の親子のように接してきた。

    「大人数でのバーベキューに、3人で参加したこともありました。お子さんもFukaseさんに懐いていて、実の親子のような関係でしたよ。お互いの家を行き来することも多かったようで、益若さんはFukaseさんの健康を気遣って手料理を振る舞うこともありました」(前出・益若の知人)

     オープンな交際で、街中でふたりを見たというファンの声も絶えなかった。しかし、昨年頃から目撃談が激減しているという。その頃、益若は心境の変化を明かしていた。

     昨年8月、『アッコにおまかせ!』(TBS系)に出演した益若は、再婚について問われると、「当初は家族とかも“再婚できたらいいね”と言ってたんですけど、ここ最近になって果たして結婚って本当に必要なのかっていうフェーズに入ってきちゃって」と思いを語っていた。交際を始めて7年目に突入したふたりの関係は、新たな局面を迎えているようだ。

    「近年のFukaseさんはミュージシャンとしてだけでなく、俳優業に挑戦したり絵本やグッズの販売を手がけたりと、活動の幅を広げていました。それはいいのですが、何かに興味を持つと周りが見えなくなり、益若さんをほったらかしにすることがあって、揉めることが増えたそうで……」(Fukaseの知人)

    昨年のFukaseは多忙を極めた。6月公開の映画『キャラクター』で連続殺人犯役で俳優デビュー。同作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。そして10月には自身初となる絵本『BLUENO』を刊行するなど、本業以外の活動が目立った時期だ。

    「バンドのメンバーとはシェアハウスで共同生活をしていましたが、すでにメンバー4人のうちFukaseさん以外の3人が結婚。ついにFukaseさんは昨年“年内にシェアハウスを引っ越す予定”と明かし、ファンを驚かせました。そうした環境面の変化から、益若さんともすれ違いが続いていたようです。彼は最後までやり直そうとしたそうですが、昨年末までには、彼女の方から身を引いたと聞いています」(前出・Fukaseの知人)

     益若の所属事務所に破局について問い合わせると「プライベートは本人に任せています」との回答だった。これまでもふたりには破局報道があったが、そのたびに乗り越え、交際は続いてきた。果たして今回は──。

    ※女性セブン2022年6月23日号


    【益若つばさ、セカオワFukaseと7年目の破局 すれ違い続き昨年末までに決断か #益若つばさ  #Fukase】の続きを読む


    フジ『ポップUP!』スタッフが自殺未遂 チーフプロデューサーがパワハラの疑い


    フジ『ポップUP!』スタッフが自殺未遂 チーフプロデューサーがパワハラの疑い
     フジテレビの情報バラエティ番組『ポップUP!』。4月から始まったばかりの同番組のスタッフが、二度、自殺を図ったことが、「 週刊文春 」の取材でわか…
    (出典:文春オンライン)


    ポップUP!』(ポップップ!)は、フジテレビ系列で2022年(令和4年)4月4日から毎週月曜日から金曜日の11:45 - 14:45(JST)に生放送されている情報バラエティ番組。 2014年4月1日から2022年4月1日まで8年間放送された『バイキングMORE』(開始当初は『バイキング』)の後継番組。企画段階では『Dress
    25キロバイト (1,929 語) - 2022年6月8日 (水) 11:21


    フジテレビの情報バラエティ番組『ポップUP!』。4月から始まったばかりの同番組のスタッフが、二度、自殺を図ったことが、「 週刊文春 」の取材でわかった。関係者によればチーフプロデューサー(以下、CP)X氏によるパワハラの疑いがあり、フジテレビは労働環境について調査を始めている。

    帰ろうとするA氏に『仕事も碌にしてないのに帰るの?』と一言

    X氏は編成畑が長く、2019年に情報制作局に異動し、『とくダネ!』『めざまし8』などを担当。『ポップUP!』には立ち上げから関わり、前CPの体調不良により、CPに就任していた。

    「元華族であり、スタッフは陰で彼のことを『天皇』『神』と呼んでいた。お気に入りの女性スタッフを自分の机の周りに置くので、その一帯は『竜宮城』と揶揄されていた」(番組スタッフ)

     そのX氏の標的にされていたのが、アシスタントプロデューサー(以下、AP)のA氏だった。X氏とA氏は同い年だが、X氏はフジテレビの社員で、A氏は制作会社の社員。立場は圧倒的にX氏の方が上だ。

    「XさんはAさんを『エース』『先輩!』と呼び、カロリーメイトなどお菓子を買いに行かせていた。『全然働かないから、仕事振ってもいいよ』と女性スタッフに言って、笑いを取ろうとしたこともあった。ある時、Aさんが22時ごろに帰ろうとするとXさんが『仕事も碌にしてないのに帰るの?』と一言。Aさんはしばらく局に泊まっていました」(同前)



    パワハラに耐え兼ね、70錠以上の薬飲み自殺未遂
     事件が起きたのは5月12日の夜のことだ。X氏はいつも以上にA氏を叱責していたという。フジ社員が語る。

    「Aさんの入稿した番組表の原稿が、Xさんは気に入らなかったようです。XさんはAさんに『入稿先業者に電話しろ!』と、営業終了後の業者に何度も電話をさせていた。そして、『明日、何度も電話してすみません、と謝罪しておけ』と言い捨てていました」

     そしてその数時間後――。A氏はパワハラに耐え兼ね、自殺未遂を起こしてしまったのだ。

    「朝、Aさんがふらふらの状態で廊下を歩いていました。聞くと、70錠以上の薬を飲んだというのです」(同前)


    「事実です」言葉少なに認めたA氏
     その後、労務管理担当者がA氏に話を聞いたという。

    「Aさん自身もディレクターやADから、仕事が辛いと相談を受けていたそうです。Xさんからのパワハラだけでなく、後輩の悩みも抱え込んでいたのでしょう」(同前)

     そして5月22日、A氏は自宅で大量の薬を服用し、二度目の自殺未遂を起こしてしまった。異変を察知した局員が救急車を呼び、A氏は一命をとりとめ、二日後に退院した。今は休職中だ。

     A氏の自宅を訪ね、パワハラや自殺未遂について確認すると、言葉少なに「事実です」と認めた。


     その後、X氏には労務管理担当者や情報制作局局長による聞き取り調査が行われた。

     旬報法律事務所の佐々木亮弁護士が語る。

    「ハラスメントを管理すべき立場のX氏がパワハラを行うのは問題。会社も安全配慮義務を怠ったと言える。A氏の医療費の支払や、精神的苦痛に対する慰謝料を支払う責任も生じ得ます」



    フジテレビ広報による回答
     X氏を電話で直撃すると「会社に連絡してください」と言うのみ。フジ広報にX氏によるパワハラ、A氏の自殺未遂、聞き取り調査などについて質問状を送ると、概ね次のように回答した。

    「御誌の質問には当社の認識と異なる内容が含まれていますが、ご指摘があった番組CPの言動等に関しては、当時の状況など詳細を確認しているところです。社員・スタッフが働きやすい環境を整えることは、すべての番組や職場において重視しており、当該番組についても改めて適切なあり方を検討しております」

     4月から始まったばかりの番組で、一体、何が起こっているのか――。

     このほか、番組スタッフが置かれていた過酷な労働環境、A氏以外のパワハラの被害者、X氏がオファーした番組出演者などを、6月8日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および6月9日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。


    「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年6月16日号








    【フジ『ポップUP!』スタッフが自殺未遂 チーフプロデューサーがパワハラの疑い #ポップUP!】の続きを読む

    このページのトップヘ