アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    2022年02月


    綾瀬はるか、月9初主演決定の内幕…米倉涼子を超え「1話350万円」で “出演料女王” に!


    綾瀬はるか、月9初主演決定の内幕…米倉涼子を超え「1話350万円」で “出演料女王” に!
    …らすれば “適正価格” といえます」(同前)  CMでもドラマでも、「出演料女王」に君臨した綾瀬。その素顔も、次回作の役柄同様に冷徹なのかと思いきや、現場からは、こんな…
    (出典:SmartFLASH)


    綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年〈昭和60年〉3月24日 - )は、日本の女優。広島県広島市出身。本名は非公開。ホリプロ所属。 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。 2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。
    84キロバイト (9,240 語) - 2022年2月14日 (月) 01:22


    フレンチのフルコースを食べているカップル。男性が結婚指輪を差し出すと、女性は大喜びーーかと思いきや、天を仰ぎ、まさかの激高。唖然とする男性に、こう言い放つ。

    「百万円以下の指輪なんて欲しくない」

     次期月9『元彼の遺言状』の原作は、こんな描写から始まる。この異常にプライドの高い女性弁護士・剣持麗子を演じるのが、綾瀬はるか(36)だ。

    「綾瀬さんがフジテレビの連続ドラマに出演するのは、14年ぶりで、月9の主演は今回が初。大泉洋さん演じる篠田敬太郎とともに、不可解な事件に巻き込まれていく、というミステリー作品です。

     原作は、シリーズ2作で累計55万部を突破している人気小説。主人公の剣持は美人で頭が切れ、勝つためには手段を選ばない、強烈なキャラクターです。ドラマでの決めぜりふは『私、金にならない仕事はしない主義なの! 』だそう。まさに “冷徹な女王様” といった役どころですね」(芸能関係者)

     初の弁護士役で主演に臨む綾瀬。しかしその裏では、別の “女王” にも輝いていた――。広告代理店関係者が語る。

    「今回の月9での綾瀬さんのギャラは、1話あたり350万円。300万円の米倉涼子さんを抜いてトップになったのです。これまで綾瀬さんのギャラは250万円といわれてきましたから、一気に100万円の大幅アップしたことになります」

     なぜ、綾瀬のギャラはここまで高額になったのか。

    「綾瀬さんは、CMも本数こそトップではないものの、累計の契約料金は業界No.1です。2021年度の彼女のCM1本あたりのギャラは6500万円と破格のうえ、クライアントは、日本を代表する大企業ばかり。

     その綾瀬さんが、月9初主演の誘いに乗ってくれたことで、フジが三顧の礼をもって提示した金額が、今回のギャラとなったのでしょう。ただ、これまでの活躍からすれば “適正価格” といえます」(同前)

     CMでもドラマでも、「出演料女王」に君臨した綾瀬。その素顔も、次回作の役柄同様に冷徹なのかと思いきや、現場からは、こんな “黄色い声” が聞こえてきた。

    「いまや国民的女優なのに、綾瀬さんはとにかく庶民的なんです。ユニクロを着て現場に入ることもあります。差し入れも、素朴なお菓子だったりして、近寄りがたい印象はまったくないですね」(テレビ局関係者)

     一方で、徹底したプロ意識も見せている。

    「アクションシーンに挑戦した際、納得がいかず『もう一度やらせてください』と自分から申し出たそうです。また、トレーニングのために糖質制限をし、食事は野菜を第一優先、甘党ですがお菓子も控えるなど、自分に厳しい一面もあるのだとか」(前出・芸能関係者)

    「庶民的な新女王」が、業界で引っ張りだこなのも納得である。

    週刊FLASH 2022年3月8日号

    【綾瀬はるか、月9初主演決定の内幕…米倉涼子を超え「1話350万円」で “出演料女王” に! #綾瀬はるか】の続きを読む


    ジャニーズ違法賭博疑惑にてんちむは沈黙…「ジャニタレの実名」が公表されない裏事情


    ジャニーズ違法賭博疑惑にてんちむは沈黙…「ジャニタレの実名」が公表されない裏事情
    …「ここ数日、YouTubeチャンネル『ガーシーch【芸能界の裏側】』が話題騒然です。“27年間で築いたものをすべて失った”という事情から、多くの芸能…
    (出典:週刊女性PRIME)


    橋本甜歌 (てんちむからのリダイレクト)
    橋本 甜歌(はしもと てんか、1993年11月19日 - )は、日本の女性タレント、モデル、YouTuber。 中華人民共和国北京市出身(日本に帰化済み)。愛称はてんちむ子。現在はフリー。シバターやヒカルなどとのグループ「炎上軍」のメンバー。 中華人民共和国北京市生まれ、栃木県足利市育ち。父
    23キロバイト (2,824 語) - 2022年2月2日 (水) 14:41


    「ここ数日、YouTubeチャンネル『ガーシーch【芸能界の裏側】』が話題騒然です。“27年間で築いたものをすべて失った”という事情から、多くの芸能人と繋がりの深かった東谷義和氏、関わりのあった芸能人の裏の顔を次々と暴露していってるんです。アンジャッシュ渡部建さんが復帰するタイミングで過去にあった“女遊び”について話したり、YouTuberとして活躍するてんちむさんが高レートの賭け麻雀をしていたことを告発したばかり」(ウェブメディア編集者)

    今、YouTubeは暴露合戦の様相を呈している。東谷氏の“賭け麻雀”告発をめぐって、新たな展開が起こっている。2月19日に暴露系YouTuberのコレコレ氏が公開したのは、てんちむとともに告発されたライバー社の飯田祐基取締役会長(騒動を受け現在は辞任)が“賭け麻雀を認めた音声”だった。

    「コレコレさんは飯田さんと電話でやりとりした音声をライブ配信で流しました。具体的な企業名や個人名が飛び交う生々しいものでした。放送中も飯田氏がコレコレさんに何度も電話をかけて止めようとするなど、緊迫感がすごかった。しかし、コレコレさんは自分の考えを貫くかたちで音声の公開をやめませんでした」(同前)

    過去に違法賭博が発覚したジャニーズは
     衝撃の放送終盤にツイッターにトレンド入りしたワードは「ジャニーズ」。どのような相手と賭け麻雀をしていたかの質問に、飯田氏が「てんちむ周りのジャニーズ」との発言したからだ。てんちむはまだこの件について何も発信していないが、その一方でとばっちりを受けた人も……。

    「SNSでは元KAT-TUNの田中聖さんがその相手だという声が多く上がってしまったんです。てんちむさんとYouTubeでコラボしていた過去や、逮捕歴などがあることからくる偏見などで、このような声があがったのでしょう。田中さんは自身のインスタグラムのストーリーズで《俺だったら何言ってもありとかねぇから こっちこそとばっちりで大迷惑だよふざけんな》と怒りをあらわにしました」

     “賭け麻雀”をしていたのが元ジャニーズなのか、はたまた現役のアイドルなのかは判然としていない。2020年にはジャニーズJr.内のユニット『宇宙Six』に所属していた山本亮太が、無許可営業の違法スロット店舗、いわゆる“闇スロット”に出入りする様子を『文春オンライン』に報じられたことから、同グループは解散にまで追い込まれた過去がある。

    ジャニーズ事務所が一般人に圧力をかける可能性
    「かなりの大ごとになってしまったからには、事務所も聞き取り調査は行っているでしょうね。ジャニーズの風紀を正した滝沢秀明副社長も、山本さんの違法賭博に関しては“親心”で残留の道を探ったといいます。なにせ滝沢さんは彼が小学生のころから知っていましたから。なので、必ずしもクビになるというわけではない。どうあれ、実名が出ていない以上、現役ジャニーズだったとしたらクビになることはありませんし、仮に特定できたとしても自ら公表することはないでしょう」(芸能プロ関係者)

     コレコレ氏は放送でジャニーズの実名を暴露しなかった。リスナーの期待に沿うかたちで人気を博してきたコレコレ氏だが同放送内では、飛び交うコメントに対し、

    「ジャニーズに関しては言えないです、はい。僕は今回はここまでしかできないですね。逆にてんちむが言えよって話で」

     と煙に巻くばかり。これってもしかして、噂に聞くジャニーズの圧力……? 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏に聞くと、

    「ジャニーズ事務所が一般人相手に何か箝口(かんこう)令を敷くなどといったことはまずないでしょう。昔のことかもしれませんが、大手事務所が多大な影響力を駆使できる相手は、主にテレビとスポーツ紙でした。制作現場に指示を飛ばす局の編成の上層部と親しくなり、抱き込むことでを威光を放つようになったのはよく聞く話です。10年ほど前までジャニーズ事務所は“ネット上でのゴシップ”について“あまり気にしていなかったようですが、近年ではその拡散力を無視できなくなっているみたいですね」

     とはいえ、今後、このジャニーズが特定される可能性はゼロではないという。

    「ガーシーchの東谷さんなどは今、ネット上では“無敵の人”と呼ばれています。Twitterの自己紹介文をみると、《27年間ただただ無償で様々なタレントにアテンド、アフターフォローをやってきた。いまその全てから手の平をかえされ、全てを失った。手の平を返された者共に。お前らの全てをここにさらけ出したるわー 死なばもろとも》と書かれています。関係性が壊れることや自己犠牲も厭わない姿勢が“無敵”なのです。

     コレコレさんは今後も長期的に活動を続けたいはずなので、何もかも暴露したいというわけではなく、ご自身のなかで何らかの線引きがあるのだ思います。だから、ジャニーズの件に関しても何か考えがあって公表しない判断をしたのでしょう。もし間違った情報を発信してしまった場合は名誉毀損になる場合もありますし」(動画制作会社関係者)

     今、芸能人が最も恐れるのが“無敵の人”であろう──。

    【ジャニーズ違法賭博疑惑にてんちむは沈黙…「ジャニタレの実名」が公表されない裏事情 #てんちむ #違法賭博 #コレコレ #ジャニーズ】の続きを読む


    「170cmない男は人権ない」で契約解除のプロゲーマー 発言捏造被害に「おやめ下さい」...投稿削除


    「170cmない男は人権ない」で契約解除のプロゲーマー 発言捏造被害に「おやめ下さい」...投稿削除
     生配信中に身長170センチメートル以下の男性に対して「人権ない」などと発言し、物議を醸しているプロゲーマー・たぬかなさんが2022年2月21日未明…
    (出典:J-CASTニュース)


    たぬかな(1992年11月21日 -)は、徳島県出身の女性元プロゲーマー。 2016年 2016年11月13日 CYCLOPS OSAKA athlete gamingとプロ契約 2017年 2017年3月2日 Team GRAPHTに所属 2018年 2018年1月27日 レッドブルと契約 2020年
    7キロバイト (857 語) - 2022年2月21日 (月) 19:49


    生配信中に身長170センチメートル以下の男性に対して「人権ない」などと発言し、物議を醸しているプロゲーマー・たぬかなさんが2022年2月21日未明、ツイッターを更新し、自身の発言が捏造されているとして「弁護士に相談してる」と投稿した。

    ■「一部でLGBTや黒人差別等の捏造や画像加工による自作自演の捏造」

     たぬかなさんは2月15日に問題発言をした後、16日に謝罪。17日には所属していたプロeスポーツチームを運営する「ブロードメディアeスポーツ」(東京都港区)がたぬかなさんとの選手契約解除を発表していた。

     契約解除後もネット上では、たぬかなさんが過去にも配信で問題発言をしていた動画や書き起こしとされるものなどが拡散していた。

     そんな中、たぬかなさんは21日未明にツイッターで「お騒がせしております。皆様の正当な批判は受け入れ、深く反省しております」としつつ「しかし一部でLGBTや黒人差別等の捏造や画像加工による自作自演の捏造などを弁護士に相談してるところです」(原文ママ)と表明。「虚偽事実の拡散は違法という回答を得ておりますのでおやめ下さい」と呼びかけた。その後、たぬかなさんはこのツイートを削除している。

    【「170cmない男は人権ない」で契約解除のプロゲーマー 発言捏造被害に「おやめ下さい」...投稿削除 #たぬかな】の続きを読む


    さんま 羽生結弦のねんざ&注射公表「言ってほしくなかった、俺はな」


    さんま 羽生結弦のねんざ&注射公表「言ってほしくなかった、俺はな」
     明石家さんまが19日夜、パーソナリティを務めるMBS「ヤングタウン土曜日」に出演。北京五輪・フィギュアスケート男子の羽生結弦選手について語った。同…
    (出典:デイリースポーツ)


    明石家 さんま(あかしや さんま、1955年〈昭和30年〉7月1日 - )は、日本のお笑いタレント・司会者・俳優。 吉本興業所属。本名:杉本 高文(すぎもと たかふみ)。番組企画や構成等では、本名名義でクレジットされることもある。 和歌山県東牟婁郡古座町(現在の串本町)生まれ、奈良県奈良市出身。
    136キロバイト (19,303 語) - 2022年2月10日 (木) 12:10


     明石家さんまが19日夜、パーソナリティを務めるMBS「ヤングタウン土曜日」に出演。北京五輪・フィギュアスケート男子の羽生結弦選手について語った。同番組は18日に収録が行われた。

     10日のフリーで前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑んだ羽生選手は、14日の記者会見で「(フリー)前日の練習で、4回転半で、捻挫(ねんざ)しました」「普通の試合だったら完全に棄権していた」とフリーの前日練習で右足を捻挫していたことを公表。ドクターからは10日間安静と言われたこと、痛み止めの注射を打ってフリーにのぞんだことを明かしていた。

    サッカーをはじめ、ありとあらゆるスポーツに造詣が深いさんまは「『ケガをおして出た』って。オリンピッククラスの人は全選手、ケガをおして痛み止めを打ちながらやってますからね」と話し、「あれはまあ、羽生君の言うのもわかるけども、言ってほしくなかったコメントやな、俺はな」と穏やかな口調で、個人的な感想を述べた。

     そして「これから羽生君もどうしていくのかなぁ。次(の五輪)は目指すのかなぁ、彼は。なんかもうあまりにも男として、とか、フィギュアスケーターとして、完成してるから、俺ら嫉妬するよね」と羽生選手の今後に思いをはせながら、改めて魅力について語っていた。

    【さんま 羽生結弦のねんざ&注射公表「言ってほしくなかった、俺はな」 #明石家さんま #ヤングタウン土曜日】の続きを読む


    奇妙な放火殺人事件 “炎の天使”扱う都市伝説サイト調査/「ミステリと言う勿れ」第7話あらすじ


    早乙女 太一(さおとめ たいち、1991年9月24日 - )は、日本の俳優。大衆演劇の劇団、劇団朱雀(げきだん すじゃく)の2代目。本名、西村 太一(にしむら たいち)。血液型はB型。身長174cm。元妻は女優でファッションモデルの西山茉希。 福岡県北九州市出身。「葵劇団」の劇団員の両親のもとに生まれ、幼少期から劇団員として育つ。
    25キロバイト (3,448 語) - 2022年2月16日 (水) 11:00


    菅田将暉(28)主演フジテレビ系連続ドラマ「ミステリと言う勿れ(なかれ)」(月曜午後9時)の第7話が、21日に放送される。

    菅田が演じるのは、天然パーマにコンプレックスを持つ、友だちも彼女もいない、カレーをこよなく愛する大学生、久能整(ととのう)。さまざまな事件に巻き込まれる中、淡々と自身の見解を述べるだけで、謎も人の心も解きほぐしていく。同名の原作漫画は16年から「月刊フラワーズ」(小学館)に連載され、単行本は累計1300万部超えている。

    第7話では、ライカ(門脇麦)に導かれて、整は奇妙な放火殺人事件を調べ始めた。すると、放火された住居の家族は、親が死亡して子供だけは助かっていることを知る。風呂光聖子(伊藤沙莉)たち警察などの情報から、整は虐待された子供が親の殺害を依頼するという“炎の天使”に関する都市伝説サイトがあることも知った。そして、整は下戸陸太(岡山天音)も放火による火災で両親を亡くした事を知る。しかし、クリスマスイブの夜、大隣総合病院で行われるイベントの手伝いをして欲しいと陸太に呼ばれて倉庫に向かった整は襲われてしまう。倉庫には、入院している虐待疑いがある子供の両親も拘束されていた。

    それより2日前。放火殺人事件を捜査する青砥成昭(筒井道隆)たち大隣警察署強行犯一係は、現場に残された炎のマークから、3年前に起きた同様の事件で証拠不十分で逮捕出来なかった井原香音人(早乙女太一)を洗うことになった。香音人は結局ボヤ程度の放火で逮捕され、医療少年院に服役後、半年前に釈放されたのだが、その後の足取りがつかめない。だが、イブの夜、青砥たちは放火犯“炎の天使”を扱う都市伝説サイトの管理人、鷲見翼(今井悠貴)も放火殺人事件で生き残った子供だった事を突き止めて事情を聴きに向かう。

    【奇妙な放火殺人事件 “炎の天使”扱う都市伝説サイト調査/「ミステリと言う勿れ」第7話あらすじ #ミステリと言う勿れ 】の続きを読む

    このページのトップヘ