アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    2021年12月


    前山剛久が〝沙也加ショック〟で引退危機! 即削除された心ない書き込み


    前山剛久が〝沙也加ショック〟で引退危機! 即削除された心ない書き込み
     急逝した神田沙也加さん(享年35)と交際していた「D―BOYS」のメンバー・前山剛久(30)が俳優生命の危機に瀕している。  前山は一部で沙也加さ…
    (出典:東スポWeb)


    前山 剛久(まえやま たかひさ、1991年2月7日 - )は、日本の俳優。大阪府出身。 ワタナベエンターテインメント所属。同事務所の若手男性俳優集団D2およびD-BOYSのメンバーである。 大学進学時に上京。2010年に行われた「D-BOYSスペシャルユニットオーディション」のファイナリストに選ばれる。
    50キロバイト (6,249 語) - 2021年12月22日 (水) 15:57


    急逝した神田沙也加さん(享年35)と交際していた「D―BOYS」のメンバー・前山剛久(30)が俳優生命の危機に瀕している。

    前山は一部で沙也加さんと交際報道が出たことを受け、コメントを発表。「この度、神田沙也加さんのご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。私、前山剛久は神田沙也加さんと真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました」と告白した。

     続けて「『王家の紋章』『マイ・フェア・レディ』にて同じ舞台に立たせていただき、女優としても、人としても、大変尊敬する存在でした。ただ今は、神田沙也加さんが天国でも、あの素敵な笑顔のままいてくれる事を願い、心よりご冥福をお祈りいたします」とした。

     前山の業界内の評判は驚くほどよい。テレビ局関係者は「頭の回転の速い優男って感じでしょうか。スタッフへのあいさつもしっかりしているし、ちゃんと若いスタッフの名前も覚える。爽やかな好青年で、業界関係者のファンも多い」(芸能関係者)

     2・5次元俳優として様々な舞台に上がり、ミュージカル「マイ・フェア・レディ」のフレディ役にも抜てきされた。しかし沙也加さんの急逝を受けて、所属事務所のワタナベエンターテインメントは「前山剛久は、現在突然の悲報に多大なるショックを受け、憔悴しきっている状況」と公式サイトで説明。「弊社といたしましては、医師の指導のもと前山のメンタルのサポートをして参ります」とした。

     前山がコメントを発表する前々日くらいから沙也加さんの交際相手として名前が浮上し、22日には文春オンラインが前山と元カノの関係に沙也加さんが悩んでいたという記事を配信した。前山は口さがないネット民から早くも誹謗中傷を受けたという。

    「前山さんのインスタグラムのコメント欄には『あなたが神田さんのホテルに行って、何か言ったのでは!?』といった趣旨のコメントが書き込まれたんです。前山さん側はそれを削除。22日夕方にはコメント欄自体が閉鎖されました」(テレビ局関係者)

     強いショックを受けている前山は舞台を降板。「本人や周囲の状況を考えると戻って来られないのでは。このまま引退となる可能性もある」(芸能プロ関係者)

     天国の沙也加さんは何を思うか――。

    ◆いのちの電話
    【相談窓口】
    「日本いのちの電話」
    ナビダイヤル 0570(783)556
    午前10時~午後10時
    フリーダイヤル 0120(783)556
    毎日午後4時~同9時
    毎月10日:午前8時~翌日午前8時

    東京スポーツ

    【前山剛久が〝沙也加ショック〟で引退危機! 即削除された心ない書き込み #神田沙也加 #前山剛久】の続きを読む


    前田敦子 理想はさんまとしのぶ!新恋人報道後に元夫・勝地と“良好アピール”のワケ


    前田敦子 理想はさんまとしのぶ!新恋人報道後に元夫・勝地と“良好アピール”のワケ
    …21年4月に勝地涼(35)と離婚した前田敦子(30)。今はシングルマザーとして2歳の子供を育てるかたわら、今春に上演された野田秀樹氏の舞台『フェイク…
    (出典:女性自身)


    前田 敦子(まえだ あつこ、1991年〈平成3年〉7月10日 - )は、日本の女優、歌手。愛称はあっちゃん。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーである。 2004年の春頃に渋谷にてスカウトを受けたが、学業専念として芸能活動には至らなかった。その後、当時のスカウトマンより『AKB48オープニ
    141キロバイト (18,009 語) - 2021年12月22日 (水) 13:43


    21年4月に勝地涼(35)と離婚した前田敦子(30)。今はシングルマザーとして2歳の子供を育てるかたわら、今春に上演された野田秀樹氏の舞台『フェイクスピア』や来年1月スタートのドラマ『逃亡医F』(日本テレビ系)に出演するなど女優として目覚ましい活躍を遂げている。

    そんな前田だが、離婚後に驚きの変心があったようだ。

    前田といえば、本誌は’21年8月17日・24日号で、ファッションデザイナーの森川正規氏との“半同棲”を報じているがーー。

    「報道後、前田さんと勝地さんがそろって、“2人で長電話をした”“子供を連れて3人で出かけた”と、メディアに対してアピールするようになりました。離婚前は、悪化した関係が取り沙汰されていましたが、いまでは良好な関係を取り戻したと聞いています」(芸能プロ関係者)

    そんな2人が理想として挙げているのが、明石家さんま(66)と大竹しのぶ(64)だという。

    「離婚してもそれをタブーとせず、良好な関係を築いて、メディアにもそれを隠さない姿勢を貫いているさんまさんと大竹さんのような関係性に憧れているそうです。勝地さんは前田さんに、『ネタにしていいよ』と言われているそうで、前田さんもいまの距離感に満足していると聞いています」(民放キー局社員)

    前田の“変心”には、ある女性のアドバイスもあるようでーー。

    「前田さんは、モデルのヨンアさん(36)に公私ともに心酔していて、いろんなアドバイスをもらっています。ヨンアさんが’14年に再婚した夫は、AKB48の立ち上げに参画した実業家。フリーになってからは、ヨンアさん夫婦のサポートを受ける機会も増えたそうです」(前出・芸能プロ関係者)

    「女性自身」2022年1月4日・1月11日合併号 掲載

    【前田敦子 理想はさんまとしのぶ!新恋人報道後に元夫・勝地と“良好アピール”のワケ #前田敦子】の続きを読む


    週刊文春、神田沙也加さんの「遺書」の中身を発表へ  死の直前、交際相手の前山剛久とトラブル


    神田 沙也加(かんだ さやか、1986年〈昭和61年〉10月1日 - 2021年〈令和3年〉12月18日)は、日本の女優、歌手、声優、YouTuber。東京都出身。グリーンパークミュージック、ファンティックを経て、最終所属はローブ。デビュー時の芸名はSAYAKA。 父は俳優の神田正輝。母は歌手の松田聖子。父方の祖母は女優の旭輝子。
    113キロバイト (13,573 語) - 2021年12月22日 (水) 22:04


    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/23(木) 06:52:34.55


    12月18日、札幌市内のホテルの高層階から転落し、急逝した女優・神田沙也加(享年35)。亡くなる直前、交際相手の男性俳優との間にトラブルがあったことが「週刊文春」の取材でわかった。

    神田が交際していたのは、主演予定だったミュージカル「マイ・フェア・レディ」の共演者として名を連ねていた俳優・前山剛久(30)。

    「前山は、若手俳優集団『D―BOYS』のメンバー。2013年に『仮面ライダーウィザード』で注目され、
    『刀剣乱舞』などゲームやアニメが原作の舞台に出演する“2・5次元俳優”として活躍しています。
    趣味はロック鑑賞。高校時代はバンドを組み、今でもギターを弾いています」(前山の事務所関係者)

    2人は、今年8月から帝国劇場などで上演されたミュージカル「王家の紋章」で初共演。
    恋人同士になったのは、9月下旬の千秋楽から間もない10月初旬のことだった。

    「沙也加さんが告白する形で交際が始まりました。前山も、可愛い上に、情熱的な人柄の彼女に惹かれたそうです。
    沙也加さんも35歳。最初から結婚を前提とした交際でした。彼女は最近も精神安定剤を服用するなど、感情の浮き沈みが激しかった。
    それでも、前山は『頑張って薬を減らしていこう』と提案し、そのための計画表を作っていました」(前山の友人)


    前山とアイドル・A子との“関係”に深く悩んでいた


    11月から始まった「マイ・フェア・レディ」でも、立て続けに共演を果たす。

    「前山が演じたのは、沙也加演じる主役に恋する役どころです。初日前会見では、前山が稽古中に『恋してます! だってめっちゃかわいいですもん』と“告白”したところ、
    沙也加から“エアビンタ”を受けたエピソードを明*など、のろけ放題でした」(同前)

    ところが、12月に入り、沙也加はこう漏らすようになった。
    彼に酷い目に遭わされた」

    2人の間に一体、何が起きていたのか。

    「沙也加は、前山さんとアイドル・A子さんとの“関係”に深く悩んでいました」(沙也加の親友)

    前山の所属事務所に沙也加との交際やトラブルなどについて確認を求めたところ、以下のように回答した。

    「前山剛久より、神田沙也加様と真剣に交際しているという報告は受けており、承知しておりましたが、
    神田様も前山も、30歳を超えた大人同士による恋愛でしたので、本人達に任せておりました。

    突然の訃報に接し、前山も多大なショックを受けている状態で憔悴しきっており、現在本人から話を聞ける状況ではないため、回答を控えさせて頂きます。

    ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます」

    沙也加がショックを受けたとされる前山とA子との“関係”とはどのようなものだったのか。
    そして、ミュージカル女優の彼女にとって、受け入れ難かった残酷な知らせ。宿泊していた部屋に残されていた2通の「遺書」。
    そこに綴られていたメッセージとは――。

    12月22日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び12月23日(木)発売の「週刊文春」では、沙也加が綴った「遺書」の中身、
    前山が沙也加との交際中にA子に送っていたLINE、その直後に沙也加と前山の間で交わされた“誓約書”、沙也加に届いた残酷な知らせの内容、
    さらに、沙也加と母・松田聖子の7年間に及ぶ絶縁状態などについて、報じている。

    https://bunshun.jp/articles/-/51026
    https://bunshun.jp/articles/-/51026?page=2


    ここから読める(有料)
    https://bunshun.jp/denshiban/articles/b2158

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1640204254/










    【週刊文春、神田沙也加さんの「遺書」の中身を発表へ  死の直前、交際相手の前山剛久とトラブル  #神田沙也加 #前山剛久】の続きを読む


    ジャニーズから人が逃げていく…「次に辞める」と噂される「意外な大物」の名前


    ジャニーズから人が逃げていく…「次に辞める」と噂される「意外な大物」の名前
    …一体、誰なのか? ジャニーズ事務所から独立するタレントが後を絶たない。'21年も「TOKIO」の長瀬智也(43歳)や元「V6」の森田剛(42歳)が退…
    (出典:現代ビジネス)


    株式会社ジャニーズ事務所(Johnny & Associates, Inc.)は、日本の芸能プロダクション。創業者はジャニー喜多川。 創設者のジャニー喜多川は、その前半生を第二次世界大戦中の一時期を除いてアメリカ合衆国のカリフォルニア州ロサンゼルスで過ごし、その間アメリカ西海岸のエンターテインメン
    88キロバイト (9,116 語) - 2021年12月17日 (金) 09:33


    一体、誰なのか?
    Photo by iStock

     ジャニーズ事務所から独立するタレントが後を絶たない。'21年も「TOKIO」の長瀬智也(43歳)や元「V6」の森田剛(42歳)が退所。'22年もこの流れは止まらない。民放テレビ局局員が明かす。

    「その可能性が一番高いと業界で言われているのが、『KinKiKids』の二人です。11月に堂本光一(42歳)が有料ブログに事務所へのクレームを書いて話題になりました。

     その光一よりも堂本剛(42歳)のほうが独立志向が強い。剛はテレビに出ることに固執せず、ソロの音楽プロジェクトや美術分野での仕事に力を入れており、事務所に頼っていません」

     『KinKiKids』は紅白歌合戦出場が1回だけ。事務所に不満はあるだろう。心酔していた故・ジャニー喜多川前社長もいない今、足枷はない。

     他にも「独立予備軍」はまだまだいる。

     「『嵐』の大野智(41歳)は今ではスタッフもまともに連絡が取れない状況だそうです。また本格俳優を志向する元『V6』の岡田准一(41歳)には、俳優事務所が声をかけているという話を耳にしますね。

     すでに2人が退所している『関ジャニ∞』のメンバーも危ない。『SMAP現象』と呼ばれるのですが、キラキラしたアイドルから脱却したいと思い始めたジャニーズタレントはより自由に活動したいと思うんです」(スポーツ紙デスク)

     そして、大穴はジャニー氏の後継者、滝沢秀明副社長(39歳)だという。

     「副社長とはいえ、自由にマネージメントできるのは、若手のグループ2組とデビュー前のジャニーズJr.だけ。にもかかわらず、不祥事があると矢面に立たされる。

     近藤真彦(57歳)に不倫が発覚した際、滝沢副社長が謹慎処分を下したと報じられましたが、実際はそんな権限はありません」(同前)

     滝沢副社長がいずれ若手を引き連れて一本立ちするのではという見方があるようだ。新年最初の離脱者は誰になるのか。

     『週刊現代』2021年12月25・2022年1月1日号より

    週刊現代(講談社)

    【ジャニーズから人が逃げていく…「次に辞める」と噂される「意外な大物」の名前 #ジャニーズ 退所】の続きを読む


    福原愛 騒動乗り越えイケメン商社マンと真剣交際スタート「再婚も視野に」


    福原愛 騒動乗り越えイケメン商社マンと真剣交際スタート「再婚も視野に」
    …ると、男性も優しい笑顔を返す。かつて卓球少女と呼ばれた元五輪メダリストの福原愛(33才)だ。その隣を歩く男性は、福原が「それでも一緒にいたいから」と誓…
    (出典:NEWSポストセブン)


    福原 (ふくはら あい、1988年〈昭和63年〉11月1日 - )は、1990年代から2010年代にかけて活躍した日本の元卓球選手。青森大学・客員准教授。Tリーグアンバサダー。 宮城県仙台市生まれ、身長155cm、血液型B型。全日本空輸(ANA)に所属。早稲田大学中退 。2016年から2021年まで江宏傑と結婚していた。
    104キロバイト (13,984 語) - 2021年12月4日 (土) 10:32


    年の瀬、都内の閑静な住宅街を仲睦まじく歩くカップル。身長差は20cmほどあろうか。女性が見上げるようにして男性に微笑みかけると、男性も優しい笑顔を返す。かつて卓球少女と呼ばれた元五輪メダリストの福原愛(33才)だ。その隣を歩く男性は、福原が「それでも一緒にいたいから」と誓う、紆余曲折を経て新たに人生をともに歩もうと決めた、新恋人──。

     福原にとって、今年はまさに激動の一年だった。

     2016年に結婚した台湾出身の卓球選手・江宏傑(32才)と、2人の子供と共に台湾で幸せな生活を送っていた福原は、今年の元日、日本に帰国。この頃、彼女は身も心もボロボロだった。

    「江さんからのモラハラに苦しんでいた愛ちゃんは、離婚を決意。離婚協議も始まっていたといいます。日本で会社を設立し、生活の基盤を台湾から移す覚悟でした。その会社設立について相談した相手が、当時大手商社に勤めていた5才年下のAさんでした」(福原の知人)

     大谷翔平似で長身にパッチリ二重、早稲田大学から一流商社に就職したハイスペックなAさんと福原が知り合ったのは、彼がまだ大学生だった頃。共通の知人を介した食事会で2人は出会った。この頃は互いに連絡先を交換した程度だったが、会社設立に際して、知識も人脈も豊富なAさんのことを思い出した福原が久しぶりに彼に連絡。再会を果たした2人は、“横浜デート”を楽しんだ。これが今年2月下旬のこと。

     当時、2人の逢瀬は女性セブンに「里帰り不倫」と報じられた。同時に江と離婚協議中であることも明るみに出て、日本と台湾を巻き込む大騒動となった。さらに事態は意外な展開を見せる。週刊文春がAさんが既婚者だったと報じ、“W不倫疑惑”として炎上したのだ。だが、前出の福原の知人はこう代弁する。

    「愛ちゃんは男女の関係を否定しています。お互い悩みを相談し合う相手だったと聞いています。Aさんも学生時代から交際をしていた女性と結婚はしていましたが、あの頃は別居中で夫婦関係は破綻していたとか。お互いに“離婚へ向かっていた”という共通点もあり、あくまで友人として関係が深くなっていきました。ただ“疑惑”と報じられたため、2人で会うのは難しい空気に。連絡も一時絶っていたそうです」

     そして7月、福原と江の離婚が成立。二児の親権は江にわたったが、福原が子供の母親であることには変わらず、今でも頻繁にテレビ電話をする仲だという。そんな中、Aさんも11月初旬に正式に離婚が成立していた。

    「その頃、“離婚が成立したんだよ”という連絡がAさんから愛ちゃんに入ったんです。そこからまた一気に距離が縮まりました。でも、すぐに交際とはならず、2人は今後についてかなり話し合いを重ねたようです。愛ちゃんの子供のこと、未来のこと、とにかく遠慮せずに話し合った。最後は“やっぱり一緒にいたい”という思いが勝り、晴れて真剣な交際を始めたそうです」(前出・福原の知人)

     実際に交際がスタートしたのは11月下旬だったという。再び冒頭の散歩シーンに戻ろう。2人は、自動販売機で温かい飲み物を買うと、手を温めあいながら公園へ。紅葉した銀杏の木を眺め、ベンチで談笑を始めた。ときおり目線をあわせてはにかむ様子は初々しさを感じさせる。その後、寄り添って福原の自宅マンションへと帰っていった。

    「いまはお互いの家を行き来する“半同棲”。一緒にいられる時間はとにかく2人で過ごしたい、という思いが日に日に強まった結果だそうです。最近、Aさんは家業を継ぐため大手商社を辞めました。愛ちゃんにとって、決断力があり、バイタリティあふれるAさんは年下という感じがしない。小さなことには動じず、堂々としているし、男子校出身の彼は細かいことを気にしない大らかな人なんだとか。愛ちゃんは“Aくんの家にいるとホッとできるんだよね”と話していました。

     離婚したとはいえ、愛ちゃんにとって何より気になるのは台湾で暮らす2人の子供のこと。そこへの理解がないと一緒にいられないとAさんに伝えたそうです。Aさんとしても離婚後も変わらず子供に愛情を注ぐ愛ちゃんを見て、彼女の母性をしっかりと感じたそう。紆余曲折を乗り越えた2人は、そう遠くない将来の再婚も視野に入れているそうですよ」(前出・福原の知人)

     散歩から自宅に戻る福原とAさんに声をかけた。一瞬、驚いたような表情を見せた福原だが、隣のAさんと顔を見合わせるとこちらに向き直し、「すみません。事務所を通してもらえますか」と言葉少なに語った。その表情はどこか晴れやかだった。


    【福原愛 騒動乗り越えイケメン商社マンと真剣交際スタート「再婚も視野に」 #福原愛】の続きを読む

    このページのトップヘ