アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    2021年12月


    松田聖子「やっぱり歌えない」紅白辞退 沙也加さん亡くしまだ1週間…悲しみ深く


    松田聖子「やっぱり歌えない」紅白辞退 沙也加さん亡くしまだ1週間…悲しみ深く
     娘の神田沙也加さん(享年35)を18日に亡くした歌手の松田聖子(59)が25日、大みそかに出場を予定していた「第72回NHK紅白歌合戦」(後7・3…
    (出典:スポニチアネックス)


    松田 聖子(まつだ せいこ、1962年3月10日 - )は、日本のアイドル・歌手・シンガーソングライター・女優。1980年にデビューした日本を代表する歌手・アイドルである。女優の神田沙也加は元夫である俳優・神田正輝との娘。福岡県久留米市荒木町出身。所属事務所はfelicia
    181キロバイト (20,254 語) - 2021年12月25日 (土) 10:47


     娘の神田沙也加さん(享年35)を18日に亡くした歌手の松田聖子(59)が25日、大みそかに出場を予定していた「第72回NHK紅白歌合戦」(後7・30)の出場を辞退した。NHK側と出演に向け話し合いを再開していたが、聖子は周囲に「やっぱり歌えない」と話したという。

    短い文章に、悲しみの深さがにじんだ。紅白の公式サイトは「紅組で出場予定の松田聖子さんは、このたび出場をご辞退されることになりました」とだけ記した。この結論は、聖子が悲しみの中から出した答えだった。

     最愛の娘を失い、年内のディナーショーを全て中止した。紅白についてはNHK側は「聖子さんの気持ちを最大限尊重したい」としていた。紅白は、2011年と14年に母娘で出場。その“特別な思い出がある舞台”へ、葬儀が行われた北海道から帰京した翌日の22日、マネジャーとNHK担当者との間で話し合いが始まった。

     悲しみの底に沈んでいた聖子。NHKは演出面などを含め出演にこぎつける可能性を模索し、25日に正式に出場を打診。聖子はレコード会社を通じ、辞退の意向を伝えた。レコード会社幹部によると、この日、聖子の担当者から「“やっぱり歌えない”と本人が言っている。辞退することになります」と連絡が入ったという。

     辞退したのには3つの理由がある。一つは、最愛の娘を失ってからわずか1週間しかたっておらず、深い悲しみの底にあること。とてもスポットライトを浴びる舞台で歌える状態ではない。2つ目は、昨年まで8年連続で通算24回出場している紅白歌合戦であること。聖子は、紅白がどのような場であるかよく分かっている。出場者が一体となって盛り上げるお祭りであり、歌い納めの音楽の祭典。「悲しみの中にいる自分がその舞台に立つと、ほかの出演者に迷惑を掛けるのではないかという思いがある」(関係者)という。

     3つ目は、そもそも四十九日の法要を終えるまでは華やかな場は控えたいという素直な思い。聖子にとっては、考えた末の答えだった。

     21日に斎場で正輝と行った会見では、報道陣の前で涙を見せなかった。NHK関係者は「子に先立たれる悲しみは計り知れない。無理をすることは誰も望んでいない」と、傷心の聖子を思いやった。

     【出場発表後の主な辞退&取りやめ】

     ▼松島詩子 1952年の本番当日に交通事故に遭い、越路吹雪が急きょ代役で初出場。

     ▼雪村いづみ 56年の本番当日に胃けいれんを起こし欠場。親友の江利チエミが雪村の分と合わせて2つのバラを胸に付けて歌唱。

     ▼北島三郎&山本譲二&鳥羽一郎 86年12月28日に北島と山本が暴力団の新年会に参加したと報道され、翌29日午前にリハーサルに参加するも、同日午後に出場取りやめ。同6時、2人の代役として鳥羽と角川博が発表されるも、同9時に「自分も出席していた」と鳥羽が辞退。鳥羽の代役はシブがき隊。

     ▼田原俊彦 88年、出場者発表の1週間後に「紅白は卒業」と辞退表明。前年落選の遺恨か。代役は事務所後輩の男闘呼組。

     ▼HOUND DOG 91年、歌唱曲の選曲を巡って番組側ともめて辞退。バブルガム・ブラザーズが代役で初出場し、歌唱した「WON’T BE LONG」がロングヒット。

     ▼Snow Man 20年、宮舘涼太が新型コロナに感染し、メンバー全員が濃厚接触者に該当したため辞退。

    【松田聖子「やっぱり歌えない」紅白辞退 沙也加さん亡くしまだ1週間…悲しみ深く #松田聖子】の続きを読む


    松田聖子がNHK紅白出場へ「娘に恥じないよう」沙也加さんとの思い出の場


    松田聖子がNHK紅白出場へ「娘に恥じないよう」沙也加さんとの思い出の場
    …18日に札幌市内のホテルで急逝した神田沙也加さん(享年35)の母で歌手の松田聖子(59)が、大みそかの「第72回紅白歌合戦」に予定通りに出場する可能…
    (出典:日刊スポーツ)


    松田 聖子(まつだ せいこ、1962年3月10日 - )は、日本のアイドル・歌手・シンガーソングライター・女優。1980年にデビューした日本を代表する歌手・アイドルである。女優の神田沙也加は元夫である俳優・神田正輝との娘。福岡県久留米市荒木町出身。所属事務所はfelicia
    180キロバイト (20,163 語) - 2021年12月23日 (木) 07:20


    18日に札幌市内のホテルで急逝した神田沙也加さん(享年35)の母で歌手の松田聖子(59)が、大みそかの「第72回紅白歌合戦」に予定通りに出場する可能性の高いことが23日、分かった。

    関係者によると、沙也加さんの死を知った際には、周囲が心配するほど憔悴(しょうすい)し悲嘆に暮れていた。だが、1人娘を荼毘(だび)に付し、最後の別れをしっかりとすることができたことで、現在は「娘のためにもしっかりと歌わないと。娘に恥じないようにしないといけない」と、仕事に前向きな思いを口にしているという。

    紅白のステージには沙也加さんとの思い出がつまっている。11年にはテレビでの親子初共演として「上を向いて歩こう」をデュエットし、肩を抱きあい、手を握りあいながら歌唱した。最後にほおを寄せあったほほえましいシーンは多くのファンの記憶に残っている。

    22日に行われたNHK放送総局長の定例会見では、担当者が「(聖子さんには)引き続き状況を確認させていただいている」と説明。出場について「聖子さんサイドのお気持ちを最大限尊重していく」と話していた。

    ファンの間にも「聖子さんが再び元気に歌う姿をみたい」「今は無理をしないで」との声があるが、沙也加さんのためにも聖子は前を向くことを決めた。

    ◆主な相談窓口

    ・いのちの電話

    ナビダイヤル=0570・783・556(午前10時~午後10時)

    フリーダイヤル=0120・783・556(午後4時~同9時。毎月10日は午前8時~11日午前8時)・日本いのちの電話連盟

    https://www.inochinodenwa.org/

    【松田聖子がNHK紅白出場へ「娘に恥じないよう」沙也加さんとの思い出の場 #松田聖子】の続きを読む


    三浦瑠麗氏 オミクロン株の市中感染確認に「で、いつ意味のない外国人入国禁止措置をやめるんですか」


    三浦瑠麗氏 オミクロン株の市中感染確認に「で、いつ意味のない外国人入国禁止措置をやめるんですか」
     国際政治学者の三浦瑠麗氏(41)が23日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスのオミクロン株の市中感染に言及した。  厚生労働省と大阪府は2…
    (出典:スポニチアネックス)


    三浦 瑠麗(みうら るり、英語:Lully Miura 、1980年〈昭和55年〉10月3日 - )は、日本の政治学者(国際政治学・比較政治学)。学位は博士(法学)(東京大学・2010年)。株式会社山猫総合研究所(独立系シンクタンク)代表。旧姓は濱村(はまむら)。
    103キロバイト (15,770 語) - 2021年12月12日 (日) 23:02


    国際政治学者の三浦瑠麗氏(41)が23日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスのオミクロン株の市中感染に言及した。

    厚生労働省と大阪府は22日、海外への渡航歴がない大阪府の教員とその家族、計3人が新型コロナウイルスのオミクロン株に感染したのを確認したと発表。国内で市中感染が報告されるのは初めてで、岸田文雄首相は「国として市中感染の事例として受け止め、対策を徹底する」と記者団に述べている。現在は、感染経路を特定し拡大のペースを遅らせるため、新型コロナの新規感染者全員を対象に、オミクロン株感染を確定するウイルスのゲノム(全遺伝情報)解析。また、濃厚接触者にも指定の施設で14日間の待機を要請するなどしている。

     三浦氏は「自然感染の広がりがわかりにくいってことは、ほとんど無症状ということですね。オミクロン株が軽症や無症状の人ばかりでよかったですね。ワクチン打ったあとできることは病床確保くらいしかないと思いますけどね」と持論を述べた上で「で、いつ意味のない外国人入国禁止措置をやめるんですか。せっかく海外ゲストを招いて自由にコンサートや演劇やスポーツなどができる国だったのに評判はダダ下がりです。WHOも日本はおかしいと言っていますよ。はやく元に戻しましょう。無症状か軽症で自然感染が広がる日本に極端な措置は合いません」と、外国人の入国制限措置を続ける政府の措置に疑問を呈した。

    【三浦瑠麗氏 オミクロン株の市中感染確認に「で、いつ意味のない外国人入国禁止措置をやめるんですか」 #三浦瑠麗】の続きを読む


    熊田曜子暴行の夫に有罪判決 夫は熊田の不倫主張も所属事務所は「捏造されたもの」


    熊田曜子暴行の夫に有罪判決 夫は熊田の不倫主張も所属事務所は「捏造されたもの」
     妻でタレントの熊田曜子(39)の顔を平手で殴ったとして暴行罪に問われた会社経営者の夫(38)の判決公判が23日、東京地裁で開かれた。深野英一裁判長…
    (出典:スポニチアネックス)


    熊田 曜子(くまだ ようこ、1982年5月13日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル、YouTuber。 関市立関商工高等学校商業科に在学中の高校3年生当時、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。最終選考まで残ったものの、母親の猛烈な反対により辞退させられた。その後看護学校
    37キロバイト (5,393 語) - 2021年12月23日 (木) 13:12


    妻でタレントの熊田曜子(39)の顔を平手で殴ったとして暴行罪に問われた会社経営者の夫(38)の判決公判が23日、東京地裁で開かれた。深野英一裁判長は求刑通り罰金20万円の有罪判決を言い渡した。
     裁判長は証人の熊田や警察官の証言が具体的かつ不自然な様子がなく信用できるとした一方で、夫の証言は信用できないとし「一方的で粗暴な犯行」と断じた。

     起訴状などによると、夫は5月18日未明、都内の自宅マンションで熊田の顔面を平手で殴った罪に問われていた。熊田は第2回公判に証人出廷。殴られた時の様子を「脳が揺れるくらいの痛みを感じた」と生々しく語った。検察側は熊田が事件時に録音した音声データを証拠として提出。「パチン」という衝撃音の後に、熊田が「痛い」と泣き叫ぶ音が入っていた。

     一方、夫は一貫して無罪を主張。「パチン」という音については自身の足と床が触れた時の音と説明。判決理由を聞く際には首をかしげるようなしぐさを見せており、控訴する可能性もある。

     今後、世間が注目する泥沼の夫婦バトルは第2ラウンドに突入する。弁護士間で離婚協議が進められているほか、夫が熊田に不貞行為があったと主張。精神的被害を受けたことに加え、名誉毀損(きそん)、プライバシー侵害などがあったと訴え、熊田らに計880万円の支払いを求める民事訴訟を起こし、先月22日には第1回口頭弁論が開かれている。

     暴行事件に至った契機も、夫が2月に熊田の不倫を疑い始めたことからだった。4月から夫婦間で話し合いを持ったが、事件当日も口論となっていた。先月16日の被告人質問でも、夫は暴行の有無とは直接関わりのない熊田の不貞行為に関する主張を繰り返していた。

     夫側は不貞行為を裏付ける証拠として、熊田が所持していたとされる女性器を吸引する性玩具「ウーマナイザー」に付着した成分が、熊田と不倫相手とされる男性のDNA型と一致したことを週刊誌などで主張していた。

     これに対して熊田は不倫疑惑を全面否定。所属事務所はこの日、「DNA鑑定書は捏造(ねつぞう)されたもの。刑事事件でも証拠として却下されており、民事訴訟においては提出すらされていない」とコメント。SNSなどでの誹謗(ひぼう)中傷についても法的措置を検討しているとした。

     一連の裁判の判決は、離婚協議における3人の子供の親権の行方にも影響する可能性がある。民事訴訟は来年1月に第2回口頭弁論を予定している。

    【熊田曜子暴行の夫に有罪判決 夫は熊田の不倫主張も所属事務所は「捏造されたもの」 #熊田曜子】の続きを読む


    BiSHが解散 今日24日表明へ 「大切な発表をします」


    BiSHが解散 あす24日表明へ 「大切な発表をします」
     女性6人組グループ「BiSH」のセントチヒロ・チッチとモモコグミカンパニーが23日、12月のMCを務める日本テレビ「スッキリ」に生出演。あす24日…
    (出典:スポニチアネックス)


    BiSH(ビッシュ)は、日本の6人組ガール・グループ。キャッチコピーは「楽器を持たないパンクバンド」。媒体によって、アイドルグループやアーティストグループにも分類される。 所属事務所はWACK。所属音楽レーベルはavex trax。 メンバーは、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカ
    174キロバイト (14,486 語) - 2021年12月23日 (木) 14:34


    女性6人組グループ「BiSH」のセントチヒロ・チッチとモモコグミカンパニーが23日、12月のMCを務める日本テレビ「スッキリ」に生出演。あす24日に「重大発表をする」ことを告知した。
     あす24日に朝8時から、緊急生配信ライブ「THiS is FOR BiSH」開催する「BiSH」。この日、チッチが「そこで私たちから大切な発表をします」と告知。あすの配信ライブの模様は、公式YouTubeチャンネルで生配信され、同番組でも一部生中継される予定となっている。

     スポニチ本紙の取材では、解散を生発表するという。解散時期は未定だが、公式ホームページによると来年の3月末には、対バン型ミュージックリアリティショー「COREMANIA」への出演を予定している。

     BiSHは2015年に結成したアイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの6人。メンバーは2度の脱退と2度の加入を経て2016年8月から現在の6人体制となる。“楽器を持たないパンクバンド”として2016年5月に「DEADMAN」でメジャーデビュー。ライブに重きを置き、ワンマンライブのほかにも数多くの音楽フェスやイベントに参加し、そのパフォーマンスが高く評価されている。ファンを公言する著名人も多い。

     今年の大みそかの「第72回紅白歌合戦」への初出場が決定。11月19日に行われた出場歌手発表会にも6人で赤と白の衣装をまとって参加し、「ずっと私たちの夢だった紅白が決まってとてもうれしい。BiSHらしく、ありのままのステージを届けたい」(チッチ)とコメントし、“豪快な掛け声”で円陣を披露。今月21日に発表された歌唱曲は2ndシングル「プロミスザスター」と決まっている。

    【BiSHが解散 今日24日表明へ 「大切な発表をします」 #BiSH解散】の続きを読む

    このページのトップヘ