アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。

    2021年01月


    元AAA・浦田直也が復帰発表 女性暴行事件から約2年ぶり「人を悲しませることは絶対にしない」


    浦田 直也(うらた なおや、1982年11月10日 - )は、日本の男性歌手、ダンサー、タレント。元AAAのリーダー兼メインボーカル(2005年 - 2019年)。東京都出身。身長178cm。血液型B型。エイベックス所属。 2002年、浜崎あゆみのバックダンサーとして活動を開始していた。2009年1月18日、「URATA
    19キロバイト (1,158 語) - 2020年11月10日 (火) 13:04



    (出典 i.pinimg.com)


    ダンスボーカルグループ「AAA」の元リーダー、浦田直也(38)が近日中に復帰することが決まった。28日午前0時に公式サイトやSNSで発表した。一昨年4月、酒に酔った末に女性に暴行した容疑で逮捕(不起訴)され、同年末にAAAを脱退。昨年も事実上、活動休止状態だった。

     1月28日はファーストソロアルバムをリリースした、浦田にとっては記念の日。そこで重大な報告をした。まずは「応援してくださっているファンの皆様をはじめ、関係者の皆様には、ご迷惑とご心配をおかけしたこと、改めて心よりお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。

    「多くの方に悲しい思いをさせてしまった以上、歌を辞めるべきではないか、『浦田直也』としてのアーティスト活動はもう終わらせるべきなのではないか、とも考えました」と引退も頭をよぎったことを告白した。

     その時に所属のエイベックス松浦勝人会長から、ほかのアーティストのために「仮歌を入れてくれる人を探している」と打診を受け、浦田も受諾。日々歌っている中で「やっぱり歌が好き」「いつか自分の歌を歌いたい」という気持ちが日に日に強くなったという。

     事件から2年近くがたち、再び「浦田直也」として自分の楽曲制作をすることが認められた。時期は未定だが、近いうちに何らかの発表がある見込みだ。

    「反省も後悔も苦しむ事も、まだ足りないと言われてしまうかもしれません。でも、待ってくださる方が一人でもいるなら、もう人を悲しませることは絶対にしないと強く決意した自分の声を、歌修行を経た自分の声を、皆様に届け、気持ちを伝えていくことができるよう、一から努力していきたいと思っています。そして、これから出会い、歌わせていただく曲たちが、皆様から愛していただけるように頑張ります」と誓った。

    【元AAA・浦田直也が復帰発表 女性暴行事件から約2年ぶり「人を悲しませることは絶対にしない」 #浦田直也】の続きを読む


    元E―girlsの藤井萩花が結婚 お相手はミュージシャンの今村怜央 「家族が泣いて喜んでくれて…」


    藤井 萩花(ふじい しゅうか、1994年10月14日 - )は、日本の元ダンサー、元ファッションモデル。Flower、E-girls、ShuuKaRenの元メンバー。夫は歌手の今村怜央。 3歳からダンスをはじめる[要出典]。 2007年、EXPG大阪校に通いはじめる。 2010年4月1日、Flowerとして始動[要出典]。
    13キロバイト (1,507 語) - 2021年1月27日 (水) 14:02



    (出典 www.tokyoheadline.com)


    ガールズグループ「E―girls」の元メンバーでタレントの藤井萩花(26)と、「The John‘s Guerrilla」や「ALI」など複数のバンドでボーカルを担当する今村怜央(34)が27日、それぞれのインスタグラムで結婚を発表した。
    藤井は「入籍致しました。祖母、母親の着物で大好きな方々に素敵な写真を撮っていただきました。なにより家族が泣いて喜んでくれてしあわせです。怜央さん、これからもよろしくお願いいたします」と記した。妹は「Happiness」の藤井夏恋(24)。

     今村も、タキシード姿で藤井と一緒のツーショット写真に「一生懸命、一緒に生きていきたいと思います。またこれからも、皆様と末永いお付き合いをお願いできればと存じます」とのメッセージを添えた。

    【元E―girlsの藤井萩花が結婚 お相手はミュージシャンの今村怜央 「家族が泣いて喜んでくれて…」 #藤井萩花 #今村怜央】の続きを読む


    AKB立仙愛理が卒業発表、芸能活動継続を示唆



    (出典 pbs.twimg.com)


    AKB48チーム8高知代表の立仙愛理(21)が27日、配信アプリ「SHOWROOM」でグループ卒業を発表した。活動は2月末まで。

    グループの公式ホームページでも発表され、立仙は「このたび、AKB48を卒業いたします」を報告。「小学生の頃から、芸能界への強い憧れを持ちつつ、何者にもなれないまま約10年間を過ごし、毎日ステージに立つことを夢に見ていました。19歳でやっと、夢をつかむことができ、お披露目のガイシホールで見た景色が自分のずっと求めていたものだと感動しました。舞台やコンサート、たくさんの経験をしても自分がAKB48の一員になれていることが夢のようで、卒業する今でも本当に自分がAKB48だったのか、と思います」。

    また「活動期間は約3年未満ですが、新型コロナウイルスまん延の影響もありステージパフォーマンスができた時期は1年10カ月程でした。今でもステージへの憧れ、歌やダンスをして生きていきたいこと、何も変わらず気持ちが増すばかりです。AKB48として過ごす中で、私は自分の無力さと実力の無さを痛感する日々でしたが、これからは、きちんと自立をし、また新たに夢を追う日々に戻ります」とつづった。

    「よく自信をなくし落ち込んでしまう私を皆さんが優しく応援してくださったおかげで、毎日楽しく過ごすことができました。本当にありがとうございました。夢を追うことは得意なので、これからもステージに立ちたいという執着心をエネルギーにして頑張りたいと思います。そんな私を良かったらこれからも見守ってください。本当にありがとうございました」と今後も、芸能活動を続けることを示唆した。

    立仙は18年4月に加入。実妹の百佳は、STU48の2期生。

    【AKB立仙愛理が卒業発表、芸能活動継続を示唆 #立仙愛理】の続きを読む


    キンコン・西野が吉本をガン詰め! 吉本興業広報は「公表しません」


    西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、絵本作家、著作家。漫才コンビ・キングコングのツッコミ担当。相方は梶原雄太。絵本作家としてのペンネームはにしの あきひろ。 名前の「亮廣」は、『三国志』の「諸葛亮(しょかつりょう)」から「
    42キロバイト (5,653 語) - 2021年1月23日 (土) 00:08



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(40)が会社を〝ガン詰め〟したことを明かした。
    27日、自身のツイッターを更新。この日吉本興業を退社する可能性を示唆した西野は「とりあえず吉本興業には『今の形を改めないと辞めます』という話をさせていただきました」と改めて投稿。そのうえで「安心してください。オラオラした感じではなくて、『この状態だとお互い得をしないよね』という、ものすごく落ち着いた話し合いです」としている。

     ただ、次の投稿には「連日走り回ってくださっている吉本興業外部のスタッフさんに対しての吉本興業の対応がナメ腐っていたので、会社ごとガン詰めしました。しっかりしろ!」と相当イラついている心情を吐露。続けて「なんか朝からカリカリしちゃって、ごめんね!! 引き続き頑張ります!!」と連投した。

     本紙が吉本興業に問い合わせると「内容はもとより、そもそも打ち合わせなので公表しておりません」と答えた。

    【キンコン・西野が吉本をガン詰め! 吉本興業広報は「公表しません」 #西野亮廣】の続きを読む


    元ギャルのカリスマ・安西ひろこ、41歳の最新ショット「可愛すぎ」「綺麗でいい女」


    安西 ひろこ(あんざい ひろこ、1979年2月9日 - )は、日本の女優、タレント、モデル。株式会社エイジアプロモーション所属。神奈川県相模原市出身。最終学歴は、北豊島高等学校(通信制)卒業。1998年度のフジテレビビジュアルクイーン。 特技は柔道(初段)と水泳。柔道は中学時代、神奈川県大会ベスト8まで進んだ実力の持ち主[要出典]。 
    17キロバイト (2,084 語) - 2020年7月1日 (水) 21:37



    (出典 hochi.news)


    タレントの安西ひろこ(41)が26日、自身のインスタグラムを更新。アップヘアにした最新ショットを公開した。

     安西は「気分転換に久しぶりに、アップヘアに 毎日、マスクだからアイシャドウ、アイメイクと髪型を楽しむのが日課!!」と明かし、顔のアップ写真を投稿。「そろそろカラーしないとだw」とし、ハッシュタグには「#久しぶりのアップヘアー」「#緊急事態宣言中でも」「#毎日」「#楽しみを見つけよう」「#コロナに負けるな」と記した。

     コメント欄には「可愛すぎ」「永遠に美です」「天才的美貌!」「いつまでもかわいい美人」「ずっと綺麗でいい女」などの声が上がっている。

     安西は1996年にグラビアアイドルとしてデビューし、ギャルのカリスマモデルとしても人気を博した。

    【元ギャルのカリスマ・安西ひろこ、41歳の最新ショット「可愛すぎ」「綺麗でいい女」 #安西ひろこ】の続きを読む

    このページのトップヘ