<最愛>井浦新“加瀬”「本当に君がやったの?」吉高由里子“梨央”を守るべく真田グループの“番犬”が動き出す


吉高 由里子(よしたか ゆりこ、1988年7月22日 - )は、日本の女優。本名は非公開。東京都出身。アミューズ所属。 高校1年生の時に原宿で買い物をしていた時に芸能事務所のウィルコーポレーションにスカウトされ芸能界に入る。スカウトしてきたのが女性であったため、気を許して連絡先を教えたという。女優に
41キロバイト (4,992 語) - 2021年10月24日 (日) 11:02


吉高由里子が主演を務める金曜ドラマ「最愛」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第6話が、11月19日(金)に放送される。

同作は、金曜ドラマ「アンナチュラル」(2018年、TBS系)や「MIU404」(2020年、TBS系)を生み出してきたプロデューサー・新井順子氏と演出・塚原あゆ子氏、そして2人とは金曜ドラマ「夜行観覧車」(2013年、TBS系)、「リバース」(2017年、TBS系)でタッグを組んだ脚本家の奥寺佐渡子氏と清水友佳子氏が手掛ける完全オリジナルドラマ。

殺人事件の重要参考人となった実業家・梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬(井浦新)の3人を中心に15年前の失踪事件から現在の連続殺人事件へとつながる謎に迫る、サスペンスラブストーリーだ。

同ドラマには、梨央が代表取締役を務める「真田ウェルネス」の専務で、梨央とは対立関係にある後藤信介を演じる及川光博や、“情報屋”として素性を隠して生きてきた梨央の弟・朝宮優を演じる高橋文哉、大輝とコンビを組み、殺人事件を追う刑事・桑田仁美を演じる佐久間由衣らも出演している。

また、梨央の父・朝宮達雄を光石研が演じる他、薬師丸ひろ子、津田健次郎、田中みな実など個性豊かな面々がストーリーを盛り上げる。

11月12日に放送された第5話は涙なしでは見られない衝撃のラストだった。梨央と優の父で15年前に病気で亡くなった達雄(光石)が残した動画には、深い愛が引き起こした残酷過ぎる現実が映し出されていた。

それぞれが抱える複雑な思いが交錯し大きな反響を呼んだ第5話だったが、SNS上では“新たな説”が浮上し、視聴者の考察がさらに盛り上がりを見せている。

■明かされた“真実”と、浮上した“疑惑”

故郷の白川郷に帰った梨央と優は、父・達雄の最期の思いを知るべく古いパソコンを立ち上げる。そこに映し出されたのは「渡辺康介さんを殺しました」と自供する、達雄の姿だった。

梨央を守ろうと、とっさに康介(朝井大智)の腹をペグで刺した優。そして、事件の全てを察した達雄は子どもたちを守るべく遺体を山に埋めたのだった。それぞれの深い愛によって15年間閉ざされてきた真相が明らかになった。

そんな中、視聴者の間では映像に映り込んだ“影”に注目が集まっている。第5話で達雄の告白を受けて、動揺する優。その後ブラックボックスがゆっくりと開き、15年前の事件当夜の映像が映る。車で寮に戻った達雄の視界には倒れ込んだ梨央と、その上に覆いかぶさっている血だらけの康介の姿が。その後、叫び声を上げながら優を強く抱き締める達雄の背後から何者かが近づく影がわずかに映り込む。

SNS上では「康介を山に運んだのは本当に達雄さん一人?」「大輝は結婚式だったからいないよね…」「達雄のほかに15年前の真実を知る協力者がいるのでは?」と予想する声が上がっている。

■事件現場に池が2つ…事件の真相を知る者は誰?

また、加瀬は優の無実を証明するために昭(酒向芳)の遺体が発見された現場に訪れる。最後に映し出されたのは2つの並んだ池。昭の遺体が発見された池と、優が突き落とした池は別の池である可能性が浮上してきた。

さらに、警察の捜査から昭の遺体には擦り傷があったことが明らかになっている。優の映像に遺体を引きずるシーンがなかったことから、SNS上では「優は犯人ではない説」が多く見られる。

少しずつ明らかになっていく真相と残酷過ぎる現実。登場人物たちが抱える“秘密”が今後の展開を左右しそうだ。

■新証言で進展が…!第6話あらすじ

第6話は――

加瀬(井浦)は警察に連行された優(高橋)と面会。15年前の事件だけでなく昭(酒向)の殺害も自らがやったことだと告げられる。さらに、公園で昭と争った時の様子がイヤホン型カメラに記録されていることを聞き出し、その動画データを解析することに。

そんな中、梨央(吉高)は優の処遇を心配し不安におびえる。梨央を心配して訪れた加瀬から優が置かれている状況を聞き、優しく励まされながら何とか眠りにつく。

梨央が優のことで後藤(及川)や兄・政信(奥野瑛太)から社長としての責任を追及される一方で、加瀬が民間の科捜研に依頼していた動画データの解析が完了し、加瀬は疑問を抱く。また大輝(松下)ら警察も、優の証言による裏取りをもとに現場周辺で聞き込みを進める。

――という物語が描かれる。

公式ホームページなどで見ることができる予告動画は、真田グループの“番犬”加瀬の「本当に君がやったの?」という優しい声でスタートする。その後、“あきらめられない想い”というテロップとともに、「間違いない、あんたや!」と言いながら優に近づく昭の姿が。

また、“新証言で進展!?”の文字とともに、「どちらが先に手を出したかは明白ですよね?」と話しながら加瀬が大輝に資料を渡すシーンが映る。その後、山尾(津田)が「丸め込まれてるんじゃねえよ!」と怒りをあらわにする場面も。

さらに、“浮かび上がる人物とは”というテロップとともに、険しい表情の藤井(岡山天音)が映り、その後に桑田の「藤井さんって人が訪ねてきたみたいですよ」と話す声が。

予告動画を見たファンからは「優は犯人じゃないって信じてる」「いろんな人が怪しく見えてくる」「ついに藤井さんが動く…!」「最後はハッピーエンドでありますように」などといった声が上がっている。

「最愛」第6話は、11月19日(金)夜10時放送。