村上茉愛、母の前で金メダル 徹夜で作ってくれた横断幕を力に恩返し 17年以来の女王で有終の美


村上茉愛、母の前で金メダル 徹夜で作ってくれた横断幕を力に恩返し 17年以来の女王で有終の美
…◆体操 ▽世界選手権 最終日(24日、北九州市立総合体育館)  東京五輪銅メダルの村上茉愛(まい、25)=日体ク=が現役引退を表明した。種目別決勝の…
(出典:スポーツ報知)


村上 茉愛(むらかみ まい、1996年8月5日 - )は、日本の体操競技選手。 神奈川県相模原市生まれ。血液型O型。 3歳の時に母親に勧められて体操を始める。 池谷幸雄が主宰する池谷幸雄体操倶楽部に小学校時代から所属し、数々のジュニア競技会に出場した。同倶楽部で練習に取り組む様子が、テレビ番組『ももクロ式見学ガイド
14キロバイト (1,547 語) - 2021年9月15日 (水) 23:44


◆体操 ▽世界選手権 最終日(24日、北九州市立総合体育館)

 東京五輪銅メダルの村上茉愛(まい、25)=日体ク=が現役引退を表明した。種目別決勝の女子床運動で14・066点をマークし、17年大会以来の金メダルを獲得。「引退します。良い形で終えることができた」と有終の美を飾った。女子平均台では芦川うらら(18)=静岡新聞SBS=が金メダル、村上も銅をつかんだ。

 苦しいことの方が多かった体操人生。戦い抜いた村上に待っていたのは最高の景色だった。「最後」と覚悟を決めて臨んだ舞台で、17年モントリオール大会以来の世界女王に返り咲き。光り輝く金メダルを胸に、表彰台の真ん中に立った。「すごくいい形で競技を終えることができた。金メダルがついてきてくれたのは自分への最高のご褒美」と晴れやかに終止符を打った。

 ラスト90秒間に全てをぶつけた。代名詞「シリバス」を成功し、観客の手拍子に合わせキレキレのダンス。着地までまとめ、大きな拍手が村上の全身を包んだ。深々とフロアに一礼。瀬尾京子監督の目にも涙が浮かび、ハグをした。演技後は13・966点で2位だったが、採点の問い合わせでDスコア(難度点)が0・1点アップし“逆転”。「やってきたことは間違いなかった。もう一度演技したいとは思わないが、すごくいい時間だった」

 どうしても最後の姿を見てほしい人がいた。母・英子さんだ。五輪を本気で目指す村上を支えるため、働きながら通信教育で資格を取り、美容室を経営。思う存分競技ができるよう支援してくれた。体操をやめたくなった時には寄り添ってくれ、試合前のルーチンとする髪のカットもしてくれていた。最後の舞台も弾丸で北九州へ。「茉愛」の横断幕を徹夜で作り、掲げてくれた。大好きな母に最高の形で恩返しした。

 小6でH難度「シリバス」を決め「天才少女」と注目を浴びたが、その後は試練の連続。19年NHK杯は腰痛で棄権し、世界選手権代表入りはならず「みんなの体操を見たくない」とまで思った。五輪でも肘を負傷し、激痛に涙した。今大会前にも左足首を負傷したが、持てる力の全てをフロアに置いてきた。世界体操と五輪でメダル6個。ただ、団体でメダルがなかったことが心残りで「お手伝いできたら」と今後は後輩の指導にあたる方針。日本女子体操界に数々の歴史を刻んだエースは、戦いの舞台に終わりを告げた。(小林 玲花)

報知新聞社