アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。


    モデルの出岡美咲、離婚 「今も関係は良好」 19年に一般男性と結婚


    モデルの出岡美咲、離婚 「今も関係は良好」 19年に一般男性と結婚
     モデルの出岡美咲(30)が12日、インスタグラムで2019年11月に結婚した一般男性との離婚を発表した。  「このお話をみんなにするのは迷いました…
    (出典:スポーツ報知)


    出岡 美咲(いずおか みさき、1990年9月24日 - )は、日本の女性ファッションモデル、ポップ歌手。 生島企画室所属。以前はG STYLE ENTERTAINMENT、レプロエンタテインメントに所属していた。 2014年以降、出岡美咲から芸名を変更し、izu(イズ)名義で活動していたが、生島企
    17キロバイト (1,736 語) - 2021年4月12日 (月) 12:08


    モデルの出岡美咲(30)が12日、インスタグラムで2019年11月に結婚した一般男性との離婚を発表した。

     「このお話をみんなにするのは迷いましたが」とした上で「昨年、わたし 離婚致しました。結婚生活こそ短いものでしたが、彼と過ごした真っ直ぐな5年間はわたしに大きな学びと経験をくれました。今となっては、わたしに大きな経験と決断をくれたことそして共に過ごした時間 そしてココ(愛犬)と出逢わせてもらえたことにとてもとても 感謝しています」と報告。「お互いに納得した上で決断した答えだったので今も、関係は良好です」と円満離婚を強調した。

     インスタでは、結婚生活のスピード破綻と離婚ショックが原因で服はブカブカになり、肌は荒れ果て、クタクタになっていたことも告白。今後は「日本化粧品検定1級」の資格を持っていることもあり、美容液の販売など自身にできることに力を注ぐ。「今、自分がやるべきこと、やりたいことに向き合えている時間があることに日々ありがたく思っています」と離婚をバネにしている。


    報知新聞社

    【モデルの出岡美咲、離婚 「今も関係は良好」 19年に一般男性と結婚 #出岡美咲】の続きを読む


    【速報中】松山 ついに悲願のメジャー初制覇! マスターズ最終日

     ◇米男子ゴルフツアー マスターズ最終日(2021年4月11日 ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72)  今年初の海外メ…
    (出典:スポニチアネックス)


    松山 英樹(まつやま ひでき1992年2月25日 - )は、日本のプロゴルファー。愛媛県松山市出身。明徳義塾中学校・高等学校・東北福祉大学卒業。レクサス(トヨタ自動車)所属。日本人男子選手、またアジア出身男子選手として初めてマスターズ・トーナメントを制し、2009年の全米プロゴルフ選手権を制した梁容
    30キロバイト (2,756 語) - 2021年4月12日 (月) 00:11


    ◇米男子ゴルフツアー マスターズ最終日(2021年4月11日 ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72)

     今年初の海外メジャーとなるマスターズの最終日。日本人男子初のメジャー制覇を目指す松山英樹(29=LEXUS)は日本時間午前3時40分に最終組でスタートした。偉業に挑戦する松山のプレーの模様を1ホールごとに速報する。

    【1番パー4/445ヤード=ボギー】

     青空が広がる中、紺色のパンツに黄色の半袖シャツ姿でスタート。3Wで放ったティーショットは右の林に曲がる。第2打は木の間を抜いて、フェアウエーにレイアップ。アプローチをピン左手前10メートルと寄せきれず、パーパットがカップをなめて悔しがる。通算9アンダーに伸ばしている2位のザラトリスと1打差に。

    【2番パー5/575ヤード=バーディー】

     第1打は1Wでフェアウェーを捉える。残り253ヤードからの第2打はグリーン手前のバンカーに入ったが、ピン奥1・2メートルにつけて初バーディーを奪い、バウンスバックに成功。通算11アンダーとし、3番ボギーのザラトリスら2位とは3打差に。

    【3番パー4/350ヤード=パー】

     アイアンで放った第1打はフェアウエーを捉えるも、2打目は風の影響もあったのかグリーン左奥にオーバー。アプローチでピンそば60センチに寄せてパーをセーブ。

    【4番パー3/240ヤード=パー】

     4Iでピン奥18メートルにオン。バーディーパットは90センチオーバー。パーパットを沈めて通算11アンダーで3打リードをキープ。同組の2位シャウフェレはボギーで3位に後退。

    【5番パー4/495ヤード=パー】

     1Wでの第1打をバンカーに入れ、第2打はレイアップ。残り96ヤードの第3打はピン左奥5メートルと長いパーパットを残すも、これを沈めてナイスパーセーブ。パトロンからの歓声に右手を上げて応える。

    【6番パー3/180ヤード=パー】

     8Iで右奥の難しいピンを攻めて手前5・5メートルにつける。バーディーパットはわずかに右に外れてパー。3打差リードのまま。

    【7番パー4/450ヤード=パー】

     フェアウエーからの残り114ヤードの第2打をピン右1・2メートルのチャンスに寄せたが、バーディーパットは左に外れる。バーディーを逃したが表情は穏やか。2位のザラトリスが通算9アンダーに伸ばし、2打差。

    【8番パー5/570ヤード=バーディー】

     第1打は1Wで310ヤード飛ばし右ラフへ。残り261ヤードからフェアウェーウッドで打った第2打はグリーン奥にこぼれる。アプローチを90センチにつけてバーディー。通算12アンダーに伸ばす。リードは3打。

    【9番パー4/460ヤード=バーディー】

     フェアウエーからの残り95ヤードの第2打をピン奥から傾斜で戻して手前90センチにピタリ。2連続バーディーを奪って通算13アンダーに伸ばし、2位に5打差をつけてサンデーバックナインへと向かった。

    【10番パー4/495ヤード=パー】

     フェアウエーからの残り179ヤードの第2打をピン手前8メートルに乗せる。バーディーパットは惜しくもカップのふちで止まった。

    【11番パー4/505ヤード=パー】

     「アーメンコーナー」と呼ばれる難関3ホールの1ホール目。第2打をグリーン右にこぼしたが、パターでピンそば60センチに寄せてしっかりとパーをセーブした。ザラトリスがスコアを落とし、2位との差が6打に広がる。

    【12番パー3/155ヤード=ボギー】

     ティーショットをグリーン奥のバンカーに入れ、第2打は5メートル強と寄らず。パーパットは左を抜けてこの日2つ目のボギー。ザラトリスら2位とは5打差。

    【13番パー5/510ヤード=バーディー】

     右に曲げたティーショットが木に当たってラフに出てくる。2打目をグリーン奥にこぼすも、3打目のアプローチをウエッジで90センチに寄せてバーディー。この日2度目のバウンスバックに成功する。

    【14番パー4/490ヤード=パー】

     フェアウエーからの2打目をピン手前4メートルのチャンスにつけたが、バーディーパットは一筋左に抜ける。2位の同組、シャウフェレが通算9アンダーに伸ばして4打差。

    【15番パー5/530ヤード=ボギー】

     フェアウエーからの残り236ヤードの第2打が大きくグリーンをオーバーして左奥の池へ。4打目のアプローチはグリーンエッジに6ヤードショートし、パターでの第5打もショート。このホールをボギーとして通算12アンダーに後退。2位のシャウフェレが通算10アンダーに伸ばし、2打差となる。

    【16番パー3/170ヤード=ボギー】

     ティーショットをピン右12メートルに乗せたが、ここから3パットで2ホール連続のボギー。通算11アンダーとし、すでにホールアウトした通算9アンダーの2位のザラトリスとは2打差。

    【17番パー4/440ヤード=パー】

     フェアウエーからの第2打をピン右手前6メートルに乗せるも2パットのパー。2位と2打差で最終18番へと向かう。

    【18番パー4/465ヤード=ボギー】

     ティーショットの前にドリンクを口にする。1Wで放ったティーショットはフェアウエーを捉える。第2打はグリーン右バンカーにつかまり、第3打はピン横1・5メートルへ。パーパットは外したが通算10アンダーで日本人初のメジャー制覇。パトロンからスタンディングオベーションで祝福される。

    【松山 ついに悲願のメジャー初制覇! マスターズ最終日  #松山英樹】の続きを読む


    マリエ、新たなメッセージ投稿「打ち上げでの出来事」「私は嘘をつきません」


    マリエ(1987年6月20日 - )は、日本のファッションモデル、タレント。 身長170cm、スリーサイズ84・60・86cm。 父がフランス系カナダ人で母が日本人のハーフ。国籍はカナダ。 1987年6月20日 - 3人姉妹の末っ子として生まれる。父はフランスの自動車用オイル輸入代理店の元社長とし
    19キロバイト (1,971 語) - 2021年4月11日 (日) 05:42


    モデルのマリエが11日、インスタグラムを更新し、「私は嘘をつきません」とメッセージを発信した。

    「Yes it’s happened in that day. Thank u for your memory.」の英文に加え、日本語でも「そうですその日の打ち上げでの出来事でした。私は嘘をつきません。」と投稿。歌手・マドンナが2016年の「ビルボード・ウーマン・イン・ミュージック・アワード」で「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した際のスピーチ動画も添えた。

    マリエは4日、インスタグラムのライブ配信で、タレント時代の島田紳助さんから18歳の頃に枕営業を求められたと告発。同席した出川哲朗、お笑いコンビ・やるせなすらが島田さんを制止しなかったなどと主張した。

    これを受け、出川が所属するマセキ芸能社は9日、公式サイトを通じて「先日SNSの生配信で女性タレントが発言された内容について出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております」と釈明。

    やるせなすの所属事務所・ワタナベエンターテインメントも同日、公式サイトに声明文をアップし、「先日女性タレントの方がSNSにて生配信された内容についてやるせなすに事実確認を行いましたところ、番組収録後の打ち上げで複数の出演者、番組スタッフらと1度だけ当該の女性タレントの方と同席したことはございますが、配信の中で話されているような事実はなかったことを確認いたしました」とマリエの告発内容を否定していた。

    【マリエ、新たなメッセージ投稿「打ち上げでの出来事」「私は嘘をつきません」 #マリエ】の続きを読む

    このページのトップヘ