アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。


    橋本 環奈(はしもと かんな、1999年2月3日 - )は日本の女優。福岡県出身。ディスカバリー・ネクスト所属。 二卵性の双子として生まれ、双子の兄と7歳上の兄がいる。パイプオルガン奏者の諸岡亮子は伯母にあたる。 2007年(小学校三年生当時)、「テレビに出たい」と思い、母に頼み福岡の芸能事務所「
    188キロバイト (21,233 語) - 2020年10月18日 (日) 14:37



    (出典 kai-you.net)



    1 ひかり ★ :2020/10/29(木) 08:41:54.35 ID:CAP_USER9.net

     女優の橋本環奈の“ショートヘア”が反響を呼んでいる。公開中の映画『小説の神様 君としか描けない物語』の公式ツイッターに投稿されたもので、「素敵にも程がある」などと好評だ。

     EXILE/FANTASTICSの佐藤大樹と橋本がダブル主演を務める映画『小説の神様 君としか描けない物語』。その公式ツイッターが28日に新たな投稿をおこなった。

     同ツイッターは「皆さん昨日アップした一也先輩の書店シーンで気づきましたか?? 詩凪先輩のショートカット 作家姿の先輩ステキです…」とコメントし、一枚の写真をアップした。

     その画像は、眼鏡をかけて制服を着用した橋本のショット。黒髪ロングのヘアスタイルが定番の橋本だが、耳を出したショートヘア姿。このツイートを橋本本人がリツイートし、「ショートカットにしてみたい願望」とコメントを寄せた。

     このショートヘア姿の橋本への反響は大きく、「素敵にも程がある」「美しすぎる」「がちで天使だわ」「ショート似合うと思います!」「環奈ちゃんのショートカットは流石にガチ恋してしまいます…」などと称賛の声が相次いで投稿された。

     橋本はさらに、「黒髪ロングが好きなんだけどさ、私」ともツイート。「けどさ 若月さんて人いるじゃん 若月佑美さんて人 今の長いのももちのろん好きなんだけどさ 唯一ショートカット最高って思ったの若様のショートカットなのよ ふふ」とし、仲が良いことでも知られる女優の若月佑美に言及。

     この橋本の投稿に反応した若月は、「今すぐ髪切ってきます。私は多分アフロだろうモヒカンだろうと貴方を可愛いと言ってしまう自信しかないです」と橋本を持ち上げた。

     すると橋本は「わかりました。私は今からアフロモヒカンにしてきます。若月さんは長いのも好きなので切らないで下さい。すみません、結局あなたの存在が好きなだけでした」と若月を大絶賛し、若月は「アフロモヒカンは目立つど。鬼滅にもいないくらい…あ、私も好きです」と“両想い”なところを見せた。

     この2人のやりとりにも大きな反響が見られ、「若様とかんかんの会話好きすぎる」「この絡みが尊い」などと感激のコメントが挙がっている。

    ミュージックヴォイス

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b3876d3d2c2a728464863d99a870c51adae46ae0

    (出典 pbs.twimg.com)


    【橋本環奈、ショートヘア姿に反響「美しい」 #橋本環奈】の続きを読む


    のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、歌手、芸術家。株式会社non代表取締役。本名および旧芸名は能年 玲奈(うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈(うねん
    108キロバイト (14,007 語) - 2020年10月18日 (日) 09:40



    (出典 www.mark-styler.co.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/10/27(火) 18:43:51.75 ID:CAP_USER9.net

     女優で創作あーちすとののん(本名・能年玲奈=27)と俳優の林遣都(29)が共演する12月18日公開の映画『私をくいとめて』に、橋本愛(24)が出演することが明らかになった。2人が共演を果たすのは、2013年放送のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』以来、7年ぶり。

     のんは橋本と共演することに対し、「かなり久しぶりに共演させていただいたので、とてつもなく照れました。最初は、目を合わせただけでドキドキしちゃうくらい恥ずかしかった!」とコメント。

     一方の橋本も「お互いが目を合わせたときの、電気が走るような、心が通じる感覚。鮮烈でした。声を発して会話しづらい中、心の会話の気持ちよさを強く感じました。超超楽しかったです」と喜びを露わにしている。

     映画『私をくいとめて』は、『蹴りたい背中』で芥川賞を受賞した綿矢りさ氏(36)の同名小説が原作。のんは独身生活が板についてきた31歳のおひとりさまのヒロイン・みつ子を、橋本はみつ子の親友を演じることになるという。

    ■テレビ業界の忖度に疑問の声も

     のんと橋本の久々の共演に「これはあまちゃんファンからしても嬉しい共演であり、ニュースですね! しかも、また親友同士の役柄なので、あまちゃんのときみたいな息の合った、お2人の演技が本当に楽しみです」「久しぶりの共演でも、心の会話にて演技ができる安心感。言葉はいらない。12月18日見に行きたいと思います」といった、期待の声が多数寄せられている。

     一方で、「もう7年か……。のんのこと、いい加減忖度せず地上波でも起用してあげなよ。地上波ドラマに出てないのにこれだけ需要があるってやっぱりすごい女優なんだよ」「前の事務所で揉めた後、テレビ番組に一切出られなくなった。一方、本人はCMやAmazonの番組、映画などで大活躍。テレビ業界って事務所の圧力や忖度多過ぎて腐りかけてないか……」と、のんが地上波の番組に出られていないことに疑問の声も上がっているのだ。

    『あまちゃん』のヒロインを務め、一躍国民的女優となったのん。当時は、本名の能年玲奈で活動していたが、2015年1月に所属事務所に無断で個人事務所を設立したことで、事務所独立騒動が巻き起こった。

    (中略)

    ■地上波メディアでの宣伝はゼロ!?

     芸能プロ関係者は、

    「『あまちゃん』で共演した橋本も出演するとあって、映画の話題性は抜群。にもかかわらず、映画の宣伝のために、テレビに出演することが難しそうなんです。映画自体は各界のクリエイターからの評価も高く、のんと橋本、そして林のファンも多いだけに、地上波でのプロモーションができれば大ヒットする可能性は高そうなんですが……。それでも、現時点では地上波メディアでのプロモーションは決まっていないといいます。

     この状況に、いくら、のんと以前の所属事務所との間にトラブルがあったにしても、“さすがにここまで徹底的に無視するのはおかしいのではないか”といった声が、芸能界の関係者の間からも上がっていますね」

     と話し、こう続ける。

    「のんの出演作に地上波テレビの取材が入らないのは、テレビ局サイドの“少しでも面倒なことはさけたい”という忖度でしょうね。

     ただ、2016年にジャニーズ事務所を辞め、その後、地上波での活躍がめっきりなくなった新しい地図の3人、稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(46)、香取慎吾(43)の3人も徐々にですが、ドラマなど地上波出演が増えつつあります。NHK朝ドラ『あまちゃん』で一躍国民的ヒロインになったのん。彼女が、誰もが見られる地上波テレビで躍動する姿を、早く見たいですね」

     地上波ドラマに出演するのんの姿を見たい。そんな願いが叶う日は来るのか――。

    (全文はソースでご確認下さい)

    2020.10.27 11:00 公開
    https://taishu.jp/articles/-/90006?page=1

    (出典 taishu.jp)


    【のん、東京国際映画祭でも“地上波TVスルー”に芸能界でも異論噴出! #のん】の続きを読む


    『白石麻衣卒業コンサート』についてTwitterの反応


    白石 麻衣(しらいし まい、1992年8月20日 - )は、日本のアイドル、女優、ファッションモデル、YouTuberであり、女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバー、『LARME』の元レギュラーモデル、『Ray』の元専属モデルである。群馬県出身。身長162 cm。血液型はA型。愛称は、まいやん。
    99キロバイト (13,340 語) - 2020年10月26日 (月) 12:09



    (出典 pbs.twimg.com)



    【乃木坂46白石麻衣、卒コンで「いっぱい泣きたい」 ステージへの思い語る  #白石麻衣】の続きを読む

    このページのトップヘ