アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。


    「もういいかげんにしろよ!」 中川翔子、Twitterでの“ウソつき”呼ばわりに憤激「一生言われるから腹立つ


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント。所属事務所はワタナベエンターテインメント。所属レーベルはSony Records。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に
    141キロバイト (15,103 語) - 2021年7月26日 (月) 20:56


    タレントの中川翔子さんが7月28日にYouTubeチャンネル「中川翔子の『ヲ』」を更新。自身を“嘘つき”呼ばわりする一部ネットユーザーに「ホント風評被害だよね!」と怒りをぶつけています。

     カップヌードルチャーハンを食べながら、明るい調子でエゴサ企画に挑戦していた中川さん。検索で引っ掛かったまとめ記事の画像にツッコミを入れたり、人気格闘家YouTuberの朝倉海さんとコラボした動画への感想に喜んだりするなど楽しいひとときを楽しんだ後、いきなり顔をしかめて「コレ、多いんですよね~」と1つのツイートを紹介します。

     ピックアップされたツイートには「明らかな嘘をやたらめったらつく」などと書かれており、中川さんは「……アナタ何を仰ってるの?」「誰のことを言ってるんですか? って」と憤まんやるかたない様子でコメント。“根強いアンチのすごいウソ”として、ファンクラブの麻雀イベントで香港に行った際のエピソードを取り上げます。

     中川さんが訪問した先では、牌が卓に役満の形で並べてあり、ファンサービスも兼ねてツモったフリをしてみせたとのこと。そのときの画像をユーモアのつもりでTwitterに載せたところ、「ウソをついて役満上がってる」と言われて大炎上したそうです。

     当時の出来事を「説明が足りなかったのも悪いかもしれない」と反省する一方で、これまでの不快な過去まで思い出してしまったのか「一生言われるから腹立って」「一生懸命お仕事してもカバーしきれない」「ずっと真実と違うことで傷をえぐられたまま生きてるから、ホントたまにイヤになる……」とヒートアップ。

     自身を嘘つきだとしたツイートに「この人だって拡散されたウソのネットニュース見て、『そうなんだ』って思って生きてるわけじゃないですか!?」とコメントし、カメラに向かって「もういいかげんにしろよ!」と怒りをぶちまけていました。

     動画が終盤に入ったところで、気持ちを何とか落ち着かせた中川さん。「結構エゴサはしてるんで、皆さん悪口より、『楽しかった♪』を書いてくれたらすっごいうれしいです!」「お互いにハッピーをいっぱい書き残しておこうね!」と明るい口調でお願いしていました。

    ねとらぼ

    【「もういいかげんにしろよ!」 中川翔子、Twitterでの“ウソつき”呼ばわりに憤激「一生言われるから腹立つ #中川翔子】の続きを読む


    竹中直人「五輪開会式辞退」に芸能人は戦々恐々…過去の〝不謹慎ネタ狩り〟の動きが加速


    竹中直人「五輪開会式辞退」に芸能人は戦々恐々…過去の〝不謹慎ネタ狩り〟の動きが加速
     東京五輪開会式余波に、芸能界が震えあがっている。俳優・竹中直人(65)が開会式前日に、出演を辞退していたと週刊文春が報じた。理由は過去、障がい者を…
    (出典:東スポWeb)


    竹中 直人(たけなか なおと、1956年〈昭和31年〉3月20日 - )は、日本の俳優、声優、映画監督、タレント、コメディアン、歌手。 神奈川県横浜市金沢区出身。多摩美術大学美術学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。レディバード所属。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授。妻は
    90キロバイト (10,566 語) - 2021年7月18日 (日) 02:09


    東京五輪開会式余波に、芸能界が震えあがっている。俳優・竹中直人(65)が開会式前日に、出演を辞退していたと週刊文春が報じた。理由は過去、障がい者を揶揄するようなコントに出演していたためだ。いじめ自慢で音楽担当を辞任した小山田圭吾(52)、ユダヤ人大虐殺をネタにしたコントで演出担当を解任された小林賢太郎氏(48)に続いた形だ。〝過去の清算〟を求める圧力は強く、大物芸人たちも瀬戸際に追い込まれるかもしれない。

     23日の開会式が始まるまで、竹中は国歌を歌ったMISIA、歌舞伎を披露した市川海老蔵と並んで出演に〝当確〟が付いていた。ところがふたを開けると、どこにも姿はなかった。

     文春によると、竹中は真矢ミキとともに大工の棟梁役を務めるはずだった。21日の通しリハーサルにも出たが、前日22日になって辞退を申し出たのだという。

     問題となったのは1985年に発売したオリジナルビデオ「竹中直人の放送禁止テレビ」。そこで視覚障がい者が白杖を持って横断歩道を渡る様子を揶揄するコントなどに出演していたのだ。同日朝、小林氏が過去のコントで解任されたことを受けて、竹中も辞退を申し出たという。

     大会組織委員会の身辺調査の甘さばかりが目立つが、これにより芸能界の〝パンドラの箱〟を開けてしまった。「一番の問題はどれだけ昔の話だろうが、それがコントだろうが、許さないという風潮になってしまったということ。これが東京五輪だけで終わるわけはなく、今後はテレビにも波及するだろう。番組スポンサーが許すわけはないから」(広告代理店関係者)

     問題のビデオは版元が自主回収したと言われているが、ネット上には一部、映像が残っている。障がい者揶揄だけではなく、「お葬式クイズ」なるコントが行われるなど、とても今の時代に流せるものではない。いや30年以上前の当時でもアウトだ。

    「まず真っ先にピンチに陥っているのは、このビデオに出演していた久本雅美らでしょう。今回の騒動により、この封印されたはずの動画が拡散されている。当然、スポンサー企業の目にも入るはず。今後のテレビ出演に影響が出かねない」(テレビ関係者)

     他のビデオ出演者からすれば、竹中に開会式のオファーがあったばかりに過去が掘り起こされてしまった形だが、もはやこの流れは止められない。過去の不謹慎ネタが発覚するたびに、謝罪、降板などに追い込まれるだろう。

    「それこそ超大物芸人たちを筆頭に、多くの芸人たちが現在の価値観だと大問題な不謹慎ネタを過去に披露してきた。それが発掘されるたびに炎上し、責任問題に発展する可能性は大。そして誰もいなくなった…なんてことになってしまう」(前同)

     くしくも土田晃之はフジテレビ系「バイキングMORE」で小林氏解任ニュースを取り上げた時、小林氏のコントを否定しつつも「若手の時のネタなんて出されたら、今こんなテレビでしゃべってる場合じゃないよって話になる」と危惧していた。

     竹中の辞退発覚により、その流れは一気に加速。過去は変えられないだけに、隠したい経歴がある芸能人はバレないか、戦々恐々だ。

    東京スポーツ

    【竹中直人「五輪開会式辞退」に芸能人は戦々恐々…過去の〝不謹慎ネタ狩り〟の動きが加速 #竹中直人】の続きを読む


    歌舞伎俳優・坂東竹之助容疑者を逮捕 17歳少年にトイレ内でわいせつ行為


    歌舞伎俳優・坂東竹之助容疑者を逮捕 17歳少年にトイレ内でわいせつ行為
     神奈川県警は28日、歌舞伎俳優の坂東竹之助こと柴原永太朗容疑者(35)を、東京都青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕した。  神奈川県警によると、柴…
    (出典:よろず~ニュース)


    神奈川県警は28日、歌舞伎俳優の坂東竹之助こと柴原永太朗容疑者(35)を、東京都青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕した。

     神奈川県警によると、柴原容疑者は昨年3月13日、東京都墨田区の商業施設内のトイレで、当時17歳だった都内在住の高等専門学校に通う男子学生にわいせつな行為をしたという。柴原容疑者はこの日午前、大阪府東大阪市内の自宅で逮捕された。

     柴原容疑者は女形の歌舞伎俳優で、上方歌舞伎塾第3期修了後、2003年大阪松竹座で初舞台。同年10月に五代目坂東竹三郎の門下に入門。15年に竹之助を襲名した。昨年12月に京都・南座で上演された吉例顔見世興行の「一谷嫩軍記」では、今年5月に死去した故・片岡秀太郎さんが体調不良で休演したため、代演を務めていた。

    (よろず~ニュース編集部)

    よろず~ニュース

    【歌舞伎俳優・坂東竹之助容疑者を逮捕 17歳少年にトイレ内でわいせつ行為 #坂東竹之助】の続きを読む

    このページのトップヘ