アラフィフ生活のblog

今、話題のニュースや芸能、旅行、海外情報
今からでもできるボディメイク、美容、など
まとめています。


    春ドラマ「見るのをやめた作品」2位は『金田一』、1位の理由は「先が読める」


    春ドラマ「見るのをやめた作品」2位は『金田一』、1位の理由は「先が読める」
    …新年度の幕開けと同時に始まった2022年の春ドラマもいよいよクライマックス。豪華俳優陣が共演する今期の作品には期待の声も多かったが、複数話を経て視聴…
    (出典:女性自身)


    新年度の幕開けと同時に始まった2022年の春ドラマもいよいよクライマックス。豪華俳優陣が共演する今期の作品には期待の声も多かったが、複数話を経て視聴者離れが激しい作品も…。


    そこで本誌は、春ドラマで「見るのをやめた作品」についてアンケートを行った(5月17日~5月24日)。

    不名誉にも「見るのをやめた作品」上位にランクインしてしまった作品は…?

    ■現実離れした作品に「無理がある」

    同率で3位となったのは『やんごとなき一族』(フジテレビ系)と『インビジブル』(TBS系)。

    『やんごとなき一族』は、庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった主人公を土屋太鳳(27)、その夫を松下洸平(35)が演じるアフター・シンデレラ・ストーリー。
    理不尽なしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄されながらも、夫とともに立ち向かっていく姿を描いている。

    庶民が上流社会に…という非現実的な世界観に《設定が現実離れでまどろっこしい》(50代女性/パート)という声が。また、《いじめがひどすぎて精神的苦痛で見れなかった》(40代女性/会社員)《イビリが怖かったので》(50代女性/無職)など、作品内で主人公が理不尽な仕打ちを受ける様子に不快感を覚えたという人も多かった。上流社会で強くたくましく生きるという展開よりも、いじめのような描写のほうが多くの視聴者の印象に残ってしまったようだ。

    同じく3位となってしまった『インビジブル』は、高橋一生(41)演じる刑事と、柴咲コウ(40)演じる犯罪コーディネーター“インビジブル”が世に知られていない凶悪犯罪を解決する犯罪エンターテインメントである。

    仲間を殺された過去を持ち、事件解決のためにはどんな手でも使う刑事と、犯罪コーディネーターがタッグを組み、警察すら存在を知らない凶悪犯を捕まえるという舞台設定に、《設定や話の展開に少し無理があるし性急すぎる》(50代男性/会社員)という意見も。《内容がアニメみたいで現実味がなく入り込めない》(40代女性/無職)など、脚本と演出に置いていかれている視聴者が多いのかもしれない。

    続いて2位となったのは、ジャニーズメンバーが歴代の主演を務めている謎解きミステリー『金田一少年の事件簿』の新シリーズ。今期は5代目となる金田一一を、なにわ男子の道枝駿佑(19)が演じている。

    5作品目となる今期の『金田一少年の事件簿』だからこそ、《道枝くん目当てで見始めたがやっぱり初代の堂本剛を超えられなくて…》(40代女性/会社員)《金田一少年があまりにもスマート過ぎて面白くない》(50代男性/会社員)など、先輩ジャニーズと比較する声も。《規制があるのは仕方ないが迫力に欠けており面白くなかった》(30代男性/アルバイト)と、演出についても物足りなさを感じている視聴者がいるようだ。

    ■豪華キャストに期待していたのに…

    そして、残念ながら第1位となってしまったのは『元彼の遺言状』だ。原作は2021年の「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞している同名小説。綾瀬はるか(37)演じるお金と勝ちにこだわる敏腕弁護士が、大泉洋(49)演じる作家志望の謎の男とともに謎に挑む痛快リーガルミステリーだ。

    主演級2人がバディを組むということで期待する声も多かったが、《綾瀬はるか×大泉洋で期待していたが、内容が面白くない》(40代女性/会社員)《綾瀬さんの役がちょっと不快》(40代女性/アルバイト)など、キャストに期待していたからこその指摘が。《先が読める》(40代男性/自営業・自由業)《なんとなく盛り上がらない感じがする。》(30代女性/会社員)など、展開への期待も下回ってしまったことで多くの視聴者が作品から離脱してしまったようだ。

    最終結果はこちら。

    【春ドラマの中で、途中で見るのをやめた作品は?(複数回答可)】

    1位『元彼の遺言状』:18.5%
    2位『金田一少年の事件簿』:16.9%
    3位『やんごとなき一族』:12.1%
    3位『インビジブル』:12.1%
    5位『ナンバMG5』:11.3%
    5位『未来への10カウント』11.3%

    期待を寄せられるが故に視聴者のハードルも高くなってしまうのは豪華ドラマの性。来月迎える最終回まで、視聴者を引き付けるのはどの作品だろうか。




    【春ドラマ「見るのをやめた作品」2位は『金田一』、1位の理由は「先が読める」】の続きを読む


    柏木由紀「お風呂も入らないんで」 衝撃の私生活を告白、洗濯掃除も「とにかくめんどくさい」


    YouTubeチャンネル(2021年4月1日 - ) 柏木由紀 (yukirin_official) - note 柏木由紀 - 755 柏木由紀 - Vine AKB48_柏木由纪 - 新浪微博(簡体字中国語) 柏木 由紀(AKB48 チームB) - SHOWROOM 柏木由紀 - AKB48 Google+ アーカイブブログ
    146キロバイト (17,304 語) - 2022年5月22日 (日) 00:20


    AKB48の柏木由紀(30)が27日放送のフジテレビ「人志松本の酒のツマミになる話」(金曜後9・58)に出演。1週間入浴しないことがあるなど、私生活を語り共演者を驚かせた。

    柏木は自らの日常に触れ、「人が普通に生活でしていることが、とにかくめんどくさくて苦手」と切り出した。「お風呂とか掃除とか洗濯」と挙げ、「お風呂は人に会わないならできれば入りたくないというか、入っていない。最長は1週間入っていない」と、ぶっちゃけ。入浴しない期間は「3日以降になると、あんまり変わらないんですよ」と力説した。風邪を引いたりして入らない「理由付け」ができると、「ラッキー」と思うそうだ。正月休みはラッキータイム。「クリスマスから正月まで、1週間(風呂に)入らなかった」と振り返った。

     ゴミ捨ても面倒なため「ウーバーイーツのゴミを(自宅内)4日間置きっぱなしにしちゃうくらい」。続けて「ゴミ置き場を部屋の中に作って、そこにどんどん置いて。生ゴミとかもスイカの種を1カ月放置したら種から芽が出た」と打ち明けた。スタジオには「嘘!?」「アカンわ」「マイナスポイントしか喋っていない」などの声が響いた。

     洗濯物をたたむこともおっくうといい、「洗濯機で乾燥した後、直接着ます」とした。自宅で精力的に動くときはいつ?の問いには、「ずっとベッドにいます。ごはんとトイレとベッド、お風呂も入らないんで」と返答。パートナーは「同じ気持ちの人」が良いと希望し、「“最高だね”って言ってくれる人と結婚したい」と話していた。

    【柏木由紀「お風呂も入らないんで」 衝撃の私生活を告白、洗濯掃除も「とにかくめんどくさい」 #柏木由紀】の続きを読む


    松田翔太と秋元梢に“別居”報道、妹・ゆう姫は「歩きタバコ注意されて逆ギレ」の俺様気質に不安


    松田翔太と秋元梢に“別居”報道、妹・ゆう姫は「歩きタバコ注意されて逆ギレ」の俺様気質に不安
     5月26日、『NEWSポストセブン』が【松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に“俺様気質”と“松田家の強い結束力”】との見出しで、松田翔太と秋元梢…
    (出典:週刊女性PRIME)


    松田 翔太(まつだ しょうた、1985年9月10日 - )は、日本の俳優。東京都杉並区出身。オフィス作所属。 1985年9月10日、俳優の松田優作と女優の松田美由紀の次男として生まれる。4歳の時に父・松田優作を亡くす。兄の松田龍平も俳優、妹のゆう姫(ユウキ)はエレクトロニックユニット「Young Juvenile
    24キロバイト (2,767 語) - 2022年5月17日 (火) 15:33


    5月26日、『NEWSポストセブン』が【松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に“俺様気質”と“松田家の強い結束力”】との見出しで、松田翔太と秋元梢夫婦の“別居”疑惑を報じた。梢は言わずとしれた大横綱・千代の富士関の長女だ。

    「何でも4月半ばに松田龍平とモーガン茉愛羅の結婚披露宴が行われたそうですが、そこに親族として出席するはずの義妹・梢の姿がなかった。また仕事関係者の証言として、翔太が“けんかが絶えず、別々に暮らしている”とこぼしていたとあります。

     同誌がキャッチした梢の行動はというと、夫婦の自宅ではなく実家の九重部屋に帰り、翔太もまた戻らない日も多いそう。ただ、今のところは完全に別居しているというわけではなさそうですね」

     と、スポーツ紙芸能デスクが解説するように、あくまでも別居疑惑どまりであって、夫婦はすれ違い生活を送っているというわけか。

     2018年に結婚、帝国ホテルで盛大な披露宴を開いた美男美女カップル。今のところ子どもを授かってはいないものの、俳優業にモデル業と互いに仕事をバリバリこなしている様子。



    妻に「敬語を使ってほしい」と要求
     ポストセブンによると、その結婚直後から夫婦関係は微妙に揺れ始めていたようだ。

    「どうも翔太に“俺様気質”のようなところがあって、モラハラではないのでしょうが、彼女に対して“夫には敬語を使ってほしい”などと要求していたというのです。親方に溺愛されて不自由なく育った梢だけに、そんな“亭主関白”ぶる夫に不満を募らせていたとしても不思議ではない」(同・芸能デスク)

    『週刊女性』は2013年、梢と一般男性との大胆路チュー現場を抑えている。そんな情熱的な愛娘の交際を九重親方に問うと、よほどショックだったのか、「知らねえよ!」とものすごい剣幕で怒り出したものだった。

     大横綱・千代の富士関と名優・松田優作さんと、ともにカリスマ性ある父親を持つ2人だけに、どこか共感するところ、一方で反目し合うところもあったのだろうか。

    そして兄の報道前日、『5時に夢中!』(TOKYO MX)にて場をザワつかせた妹の姿があった。水曜コメンテーターとして出演する松田ゆう姫が、「最近、人に怒られたこと」という話題に「だいぶ前の話」としつつトークを展開。

     ゆう姫によると、一緒に歩いていた友人が歩きタバコをしてしまったようで、これを見かけた70代くらいの男性に、後ろから「路上でタバコ!」と怒鳴るように注意をされた。すると彼女は突然の出来事に驚くも、《怒鳴り声の恐怖がすごく嫌で、そのおじさんのところに行って“その怒り方はないんじゃないですか?”って怒り返したの》と、男性に詰め寄って言い返したのだという。



    ウーマン村本と交際中のゆう姫
     このエピソードに《えっ? 怒り返したの?》と、唖然とする共演者のヒコロヒー。MCを務める垣花正も《悪いのは松田さんのお友だちかもしれないけど……、(男性に)驚かされたというか、まあ言い方がショックというか……》と、場を収めるようにフォローするしかなかった。

     それでも《MAXの怒鳴り声で、あれはもはや暴力》と、思い出して怒りが込み上げていたのか、納得いかない様子のゆう姫だった。

    「大物2世タレントとしてバラエティー番組に進出した当初は、物怖じしない“タメ口”トークを繰り広げてはたびたびネットを炎上させることも。ウーマン村本との交際も周囲に反対されたと聞きますが、反発されると逆に燃え上がってしまうタイプだったみたいで(苦笑)」(芸能プロマネージャー

     社会風刺ネタを得意として、時に毒舌トークが炎上する『ウーマンラッシュアワー』村本大輔との熱愛が発覚したのが2020年末。『週刊女性』が都内の高級天ぷら店での熱々デートを目撃したのが、昨年5月のことだった。

     アメリカ・ニューヨーク進出を目論む村本と破局したとは聞かないが、『5時に夢中!』の“逆ギレ”話を聞いてしまうと、それこそ反発しあって喧嘩ばかりになりそうなもの。松田兄妹の“俺様気質”に、余計なお世話ながらそれぞれのパートナーとの関係に不安を覚えるがーー。

    “すれ違い”は“モラハラ”なのか
     芸能ジャーナリストの佐々木博之氏は「翔太さんがそうだとは言いませんが」と前置きしつつ、

    「芸能人夫婦の離婚原因として、よく“すれ違い”という曖昧な言葉が用いられてきましたが、高橋ジョージさんと三船美佳さんの離婚劇でも取り沙汰されたように、近年はそれが“モラハラだった”と明確にされることも多くなりました。逆に言うと、モラハラ表現が定着したことで、ちょっとした痴話喧嘩であっても大袈裟に捉えられかねないということ」

     どうやら翔太と梢の“すれ違い生活”を、“別居”や“不仲”と断じるのはまだ時期尚早のようだ。では、妹のゆう姫の言動に関してはどうか。

    「松田美由紀さんも気が強いとは聞きますし、そこはお母さん似の性格なのかも。3兄妹の末っ子でしかも女の子と、周りに甘やかされて育ったとも考えられますし、ちょっと幼い印象を受けますね。ただ、それがウケてコメンテーターにも起用されているわけですから、彼女の個性で強みとも言えます」

     ウーマン村本との関係はうまくいっている?

    「何かと過激発言で批判されては炎上する村本さんですが、それはあくまでも彼の芸。しっかりと物事を勉強していますし、対面して話をすると意外にも“ちゃんとした人”なんです(笑)。2人がうまく付き合えているのならば、ゆう姫さんの強気な性格も受け入れているでしょうし、むしろうまく手綱を握っていると思いますよ」

     どうしても世間を騒がせてしまうカリスマ性は父親譲りのようで。





    【松田翔太と秋元梢に“別居”報道、妹・ゆう姫は「歩きタバコ注意されて逆ギレ」の俺様気質に不安 #松田翔太  #秋元梢】の続きを読む

    このページのトップヘ